御油の松並木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御油の松並木

御油の松並木(ごゆのまつなみき)は、愛知県豊川市御油町東海道御油宿と同県同市赤坂町赤坂宿の間にある松並木。松並木はかつて五街道の各所に存在したが、様々な理由で伐採されたりして現存している松並木は少ない。御油の松並木は、現存している数少ない松並木の一つである。

概要[編集]

歩道が設置された松並木

御油宿の西端から赤坂宿の東端までの約600メートルにわたって271本(2003年の調査による)のの木が立ち並ぶ。

は日差しを避け、は防風・防雪の役目を果たしていた。また江戸時代滑稽本東海道中膝栗毛』のなかで、弥次郎兵衛と喜多八がここでキツネに化かされた話が描かれている。

現在では生活道路が通り、松並木をひっきりなしにが通るようになったため、松並木を歩く際には注意が必要であったが、2009年に車道部分を狭くして歩道が整備されたため、以前より安全に歩行者が通行できるようになった。

歴史[編集]

御油松並木公園
御油松並木公園
  • 1604年慶長9年) 江戸幕府国奉行・大久保長安徳川家康の命を受けて五街道に並木を整備させた。
  • 1944年昭和19年) 御油町民の働きかけで国の天然記念物に指定された(「御油のマツ並木」)。
    • このため、軍需用の伐採などを免れることができた。
  • 1972年昭和47年) 御油松並木愛護会が結成される。
  • 1988年(昭和63年) 御油の松並木資料館が開館。
  • 2004年平成16年) 御油の町いきいきフェスタ in 松並木が開催される。
    • 松並木誕生400年、天然記念物指定60周年記念
  • 2009年(平成21年) 松並木を貫く道路に歩道が設置される。
  • 2013年(平成25年)4月1日 豊川市制70周年記念事業の一つとして松並木と音羽川の間に御油松並木公園が開園
  • 2014年(平成26年)11月16日 Let's Go You 70 松並木 2014が開催される。
    • 松並木誕生410年、天然記念物指定70周年記念

交通手段[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度51分4.05秒 東経137度18分45.4秒 / 北緯34.8511250度 東経137.312611度 / 34.8511250; 137.312611