彼方の閃光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

彼方の閃光』(かなたのせんこう、仏語Eclairs sur L'Au-dela...)はオリヴィエ・メシアンが最後に完成した管弦楽作品。本作品に続く「四重奏と管弦楽のためのコンセール(Concert à quatre pour 4 soli: flûte, piano, hautbois, violoncelle et orchestre)」が絶筆であるとされているが、実際のところは未完で遺され、作曲家のジョージ・ベンジャミンハインツ・ホリガー、そして未亡人イヴォンヌ・ロリオ=メシアンによって補筆されたため、真に絶筆であるとはいえない。

この作品はニューヨーク・フィルハーモニックから1992年の創立150周年を記念して委嘱され、同年に作曲された。初演はメシアンの死の6ヵ月後、同年11月5日に、ズービン・メータの指揮によって行なわれた。

演奏には総勢128人の演奏者が必要で、演奏時間も1時間以上を要する大作である。オーケストラ・スコアは総ページ数300を超える。

楽器編成[編集]

メシアンの全作品のうちでも最大の編成である。

演奏時間[編集]

約70分

楽曲構成[編集]

  1. 栄光あるキリストの出現 - Apparition du Christ glorieux
  2. 射手座 - La Constellation du Sagittaire
  3. コトドリと結婚の街 - L'Oiseau-lyre et la Ville-fiancée
  4. 刻印された選ばれし者 - Les Élus marqués du sceau
  5. 愛にとどまる - Demeurer dans l'Amour ...
  6. 7つのトランペットと7人の天使 - Les Sept Anges aux sept trompettes
  7. そして神はことごとく涙をぬぐい去ってくださる - Et Dieu essuiera toute larme de leurs yeux ...
  8. 星々と栄光 - Les Étoiles et la Gloire
  9. 生命の樹にやどる鳥たちの喜び - Plusieurs Oiseaux des arbres de Vie
  10. 神の道 - Le Chemin de l'Invisible
  11. キリスト、楽園の光 - Le Christ, lumière du Paradis