崔徳新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崔徳新
各種表記
ハングル 최덕신
漢字 崔德新
発音 チェ・ドクシン
日本語読み: さい・とくしん
英語表記: Choe Deok Shin
テンプレートを表示

崔 徳新(チェ・ドクシン、1914年9月17日1989年11月16日)は、大韓民国軍人政治家朝鮮民主主義人民共和国の政治家。

略歴[編集]

1914年平安北道義州に生まれる。父は、金日成が通っていた満州樺成義塾の校長である崔東旿。

崔東旿が中国に亡命したので、崔徳新は9歳の時に母と共に中国に渡り、父を探して流浪した。黄埔軍官学校(10期)を卒業した後、国民政府軍事委員会でドイツ語を翻訳し、ほどなく下部部隊の作戦参謀となる[1]光復軍が創設されると宣伝課長に就任[1]太平洋戦争勃発後に新編第38師新兵営長、のちに新編第1軍参謀[1]。終戦時は中国軍上校であった。終戦後は中国軍を退役して光復軍華南韓籍士兵集訓総隊長として武装解除した日本軍から約3千名の朝鮮籍兵士を集め、彼らを引き連れて帰国した[1]

帰国後は、1947年春に警備士官学校(特別組3期)[2]に入学し、僅か2ヶ月で南朝鮮国防警備隊少尉に任官した。その後少佐に特進し、大田の第2連隊長に任ぜられた。大田滞在時に中佐に昇進し、連隊長の任期を終えた後は陸軍士官学校の校長に就任した。その後はアメリカへ渡り、1949年にフォート・ライリーの陸軍幕僚学校(初等軍事組)、1950年にはフォート・ベニングの陸軍歩兵学校(高等軍事組)をそれぞれ卒業した。帰国後には、第1軍団参謀長、第8師団長、第11師団長を務め、1951年2月には、第11師団は居昌良民虐殺事件山清・咸陽良民虐殺事件を行った[3]

1953年4月、休戦会談韓国代表。停戦協定の調印では李承晩の命令に従って、署名の寸前で席を蹴って退席した。そのため韓国側の署名は無い。

休戦後、第1軍団長を務め、中将を最後に予備役へ編入した。

退役後に起きた5・16軍事クーデター後は、外務部長官、駐西ドイツ大使、統一院顧問、駐ベトナム公使、韓中日報社長などを歴任したが、後にアメリカへ亡命した。

1986年4月に、妻の柳美英と共に北朝鮮へ渡り、以降は天道教青友党中央委員長、祖国平和統一委員長、朝鮮宗教人協議会長、最高人民会議代議員など多くの要職を歴任し、祖国統一賞も受賞した。

現在、遺体は愛国烈士陵に埋葬されている。


公職
先代:
宋堯讃
韓国の旗 大韓民国外務部長官
第9代:1961 - 1963
次代:
金溶植

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “揭秘曾是中国军官的韩国前外长投奔朝鲜始末” (中国語). 環球網. (2012年10月18日). http://mil.huanqiu.com/paper/2012-10/3199044.html 2014年12月28日閲覧。 
  2. ^ 1948年8月の大韓民国政府発足後に陸軍士官学校に改編。
  3. ^ 金朱完 (2000年5月16日). “산청 시천면 양민학살, 어떤 사건인가? 아녀자, 어린이 대부분...알려진 산청 함양사건과는 별개(山清シチャン面良民虐殺、どんな事件か?婦女子、子どもたちのほとんど...知られている山清・咸陽とは別個)” (朝鮮語). オーマイニュース. http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000007696 2010年1月31日閲覧。