金溶植

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金 溶植(キム ヨンシク、1913年11月11日 - 1995年3月31日)は、大韓民国政治家外交官

生涯[編集]

1913年、慶尚南道龍南郡にて誕生。1937年、日本中央大学を卒業。1949年1月、外務部に入省。駐香港領事、駐ホノルル総領事、駐日本公使、駐フランス公使、駐ジュネーブ公使、駐フィリピン大使、駐国連大使、駐イギリス大使、駐アメリカ大使、外務部長官、国土統一院長官、無任所長官、大統領外交担当特別補佐官、大韓赤十字社総裁を歴任した[1]

1988年ソウルオリンピックの剰余金で創設された平和賞基金の委員長職を最後に公職を退いた[2]朝鮮戦争当時は釜山に避難し、慶尚南道知事官舎を利用した大統領官邸に寄宿した[2]

2008年、民族問題研究所親日人名辞典編纂委員会により、親日派リスト司法部門にリストアップされた。

注釈[編集]

  1. ^ 외교통상부 (2007年8月15日). “역대외교부장관”. 2010年7月18日閲覧。
  2. ^ a b 이정석 칼럼: (19) 뒤숭숭한 한•미 관계” (2006年11月4日). 2007年10月24日閲覧。
公職
先代:
金永善
韓国の旗 大韓民国国土統一院長官
第3代:1973 - 1974
次代:
愼道晟
先代:
崔徳新
崔圭夏
韓国の旗 大韓民国外務部長官
第10代:1963
第15代:1971 - 1973
次代:
丁一権
金東祚
先代:
朴圓彬
韓国の旗 大韓民国無任所長官
第10代:1963 - 1964
次代:
金弘植
外交職
先代:
咸秉春
韓国の旗 在アメリカ合衆国大韓民国大使
第10代:1977 - 1981
次代:
柳炳賢