岩鼻駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩鼻駅
駅舎
駅舎
いわはな - Iwahana
居能 (1.4km)
(2.9km) 宇部*
所在地 山口県宇部市岩鼻町1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 宇部線
キロ程 30.3km(新山口起点)
電報略号 イハ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
294人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1914年大正3年)1月9日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* この間に際波信号場有(当駅より1.7km先)

岩鼻駅(いわはなえき)は、山口県宇部市岩鼻町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)宇部線

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有し、交換設備を備えた地上駅。下りホーム側に駅舎があり、上りホームへは跨線橋で連絡している。山口地域鉄道部管理の無人駅となっているが、駅舎内に自動券売機が置かれている。

岩鼻駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 宇部線 下り 宇部厚狭下関方面
反対側 宇部線 上り 宇部新川方面

※案内上ののりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 649
2000 614
2001 583
2002 509
2003 482
2004 468
2005 489
2006 427
2007 369
2008 367
2009 334
2010 313
2011 298
2012 294

歴史[編集]

  • 1914年大正3年)1月9日 - 宇部軽便鉄道が宇部新川駅 - 藤山駅(後の藤曲駅) - 宇部駅間で開業した際に、停留場として開設。
  • 1921年(大正10年)12月21日 - 社名変更により宇部鉄道の駅となる。
  • 1941年昭和16年)6月10日認可 - 停車場となる。
  • 1943年(昭和18年)5月1日 - 宇部鉄道国有化。宇部東線の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)6月20日 - 宇部西線貨物支線として、居能駅 - 当駅間が開業。
  • 1948年(昭和23年)2月1日 - 宇部東線が宇部線に改称され、当駅もその所属となる。宇部西線は小野田線に改称。
  • 1952年(昭和27年)4月20日 - 小野田線貨物支線であった居能駅 - 当駅間が宇部線に編入。宇部線の宇部駅(現・宇部新川駅) - 岩鼻駅間は、編入区間を含めた居能駅経由の新線に切り替えられる。同時に藤曲駅経由の宇部線旧線は廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
宇部線
居能駅 - 岩鼻駅 - (際波信号場) - 宇部駅

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道
宇部線(旧線)
藤曲駅 - 岩鼻駅 (- 西宇部駅(現・宇部駅))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]