岡崎建哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡崎 建哉 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンヤ、オカ
カタカナ オカザキ ケンヤ
ラテン文字 OKAZAKI Kenya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年5月31日(23歳)
出身地 広島県福山市
身長 173cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム ガンバ大阪
ポジション MF (SH, CH)
背番号 25
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- ガンバ大阪 22 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年11月24日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

岡崎 建哉(おかざき けんや、1990年5月31日 - )は、広島県福山市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションミッドフィールダー

来歴[編集]

広島県福山市出身。幼少の頃より地元の水呑FCでサッカーを始める。小学校6年時にはナショナルトレセンに選出された。高校進学時には地元サンフレッチェ広島ユースのセレクションを受けるも不合格となり、大阪に渡りガンバ大阪ユースに入団。ガンバユースでは主に左サイドバックを任され、クラブユースサッカー選手権Jユースカップ優勝に貢献。同期には大塚翔平菅沼駿哉がいる。

高校卒業後、トップチーム昇格は果たせず唯一誘いがあった関西大学に進学[1]。関西大学では高い技術と攻撃力を備えたプレーメーカーとして活躍し、2010年度の全日本大学サッカー選手権では同じくガンバユースから関西大学に進学した田中裕人とボランチを組み、関西大学の43年ぶりの全国優勝に貢献し、大会ベストMFに選出された[2]。2011年と2012年には田中裕人と共に、関西学生リーグの優秀選手に選出された。また、2012年3月にはチームメイトの寺岡真弘とスペインに短期留学し、現地クラブの入団テスト受験を勧められるほどの高い評価を受けた[3]

2013年、複数のJリーグクラブからオファーを貰い[4]、ユース時代を過ごしたガンバ大阪に入団[5][6]。ガンバユース出身者としては、初の大学経由でのトップチーム入団となった[7]。3月24日、J2第5節千葉戦でJリーグ初出場を果たした。以降、ほとんどは途中出場が大半であったものの、代表組の遠藤保仁今野泰幸の不在時はスタメンで起用された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • - 2002年 水呑FC
  • 2003年 - 2005年 福山FCジュニアユース
  • 2006年 - 2008年 ガンバ大阪ユース(向陽台高等学校
  • 2009年 - 2012年 関西大学
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 関西大 25 - - 2 0 2 0
2012 7 - - 2 0 2 0
2013 G大阪 25 J2 22 2 - 1 0 23 2
2014 J1
通算 日本 J1
日本 J2 22 2 - 1 0 23 2
日本 - - 4 0 4 0
総通算 22 2 0 0 5 0 27 2

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
関西大学
ガンバ大阪

個人[編集]

  • 全日本大学サッカー選手権ベストMF:1回(2010年)
  • 関西学生リーグ優秀選手賞:2回(2011年、2012年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]