2014年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jリーグ > Jリーグカップ > 2014年のJリーグカップ
2014 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2014年3月19日-2014年11月8日
参加チーム数 18
優勝 ガンバ大阪
準優勝 サンフレッチェ広島
スルガ銀行CS出場 ガンバ大阪
試合総数 55
ゴール数 169 (1試合平均 3.07 点)
観客動員数 523,221 (1試合平均 9,513 人)
得点王 レアンドロ (柏)
クリスティアーノ (甲府) (6得点)
最優秀選手 パトリック (G大阪)
2013
2015
テンプレートを表示

2014年のJリーグカップは、2014年3月19日より開催され、同年11月8日に決勝が行われた、第22回Jリーグカップである。 ガンバ大阪が7年ぶり2回目の優勝を果たした。

大会名称[編集]

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして「2014Jリーグヤマザキナビスコカップ」の名称で行う。

大会レギュレーション[編集]

基本的なレギュレーションは2013年12月17日に[1]、グループリーグの組み合わせは2014年1月31日に[2]それぞれ発表された。基本的に前年までのレギュレーションを踏襲している。

大会日程[編集]

例年どおり、リーグ戦の合間の水曜日を中心に日程が組まれているが、FIFAワールドカップ・ブラジル大会及びその準備期間との兼ね合いから、グループリーグを6月上旬までに終了させるため、第4節から第7節はリーグ戦が中断期間に入る5月21日から6月1日までの12日間で4試合をこなす日程となっている。決勝トーナメントはACLの決勝トーナメントの日程と重複しないように日程が設定されている。

なお、決勝については、前年まで決勝会場で使用していた国立霞ヶ丘陸上競技場が改修工事のため取り壊しに入ることから使用できず、レギュレーション発表時点では「10月下旬or11月初旬」の開催で、会場も未定とされたが、2014年3月18日に、決勝が11月8日に埼玉スタジアム2002で開催されることが発表された[5]

ステージ ラウンド 第1戦 第2戦 備考
グループリーグ 第1節 2014年3月19日 鳥栖(Aグループ)、大宮(Bグループ)試合なし
第2節 2014年4月2日 神戸(Aグループ)、徳島(Bグループ)試合なし
第3節 2014年4月16日 清水(Aグループ)、名古屋(Bグループ)試合なし
第4節 2014年5月21日 仙台(Aグループ)、浦和(Bグループ)試合なし
第5節 2014年5月24日 鹿島(Aグループ)、(Bグループ)試合なし
第6節 2014年5月28日 FC東京(Aグループ)、新潟(Bグループ)試合なし
第7節 2014年6月1日 G大阪(Aグループ)、甲府(Bグループ)試合なし
決勝トーナメント
準々決勝 2014年9月3日 2014年9月7日 ACL2014出場チームの出場
準決勝 2014年10月9日 2014年10月12日
決勝 2014年11月8日

グループリーグ[編集]

Aグループ[編集]

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
ガンバ大阪 12 6 4 0 2 9 4 +5
ヴィッセル神戸 12 6 4 0 2 10 9 +1
サガン鳥栖 9 6 3 0 3 9 8 +1
鹿島アントラーズ 9 6 3 0 3 10 10 +0
清水エスパルス 9 6 3 0 3 9 9 +0
FC東京 7 6 2 1 3 10 10 +0
ベガルタ仙台 4 6 1 1 4 4 11 -7






Bグループ[編集]

チーム 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 点差
浦和レッズ 15 6 5 0 1 15 9 +6
柏レイソル 11 6 3 2 1 11 5 +6
ヴァンフォーレ甲府 10 6 3 1 2 10 5 +5
名古屋グランパス 10 6 3 1 2 10 10 +0
アルビレックス新潟 8 6 2 2 2 7 8 -1
大宮アルディージャ 3 6 0 3 3 3 9 -6
徳島ヴォルティス 1 6 0 1 5 8 18 -10






決勝トーナメント[編集]

準々決勝、準決勝については、トーナメント表上側のチームが2戦目ホームとなる。ただし、準決勝に広島が進出した場合に限り、会場の都合により広島が1戦目ホームとなることが2014年8月19日の理事会で承認されている[6]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月3日・9月7日        
 浦和レッズ 2
10月9日・10月12日
 サンフレッチェ広島 (a) 2  
 サンフレッチェ広島 3
9月3日・9月7日
   柏レイソル 2  
 柏レイソル 5
11月8日
 横浜F・マリノス 2  
 サンフレッチェ広島 2
9月3日・9月7日
   ガンバ大阪 3
 川崎フロンターレ 5
10月9日・10月12日
 セレッソ大阪 4  
 川崎フロンターレ 4
9月3日・9月7日
   ガンバ大阪 5  
 ガンバ大阪 4
 ヴィッセル神戸 1  

準々決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
浦和レッズ 2 - 2 (a) サンフレッチェ広島 0 - 0 2 - 2
柏レイソル 5 - 2 横浜F・マリノス 2 - 1 3 - 1
川崎フロンターレ 5 - 4 セレッソ大阪 3 - 1 2 - 3
ガンバ大阪 4 - 1 ヴィッセル神戸 1 - 1 3 - 0

第1戦[編集]

2014年9月3日
19:04
サンフレッチェ広島 0 - 0 浦和レッズ エディオンスタジアム広島, 広島
観客数: 6,718人
主審: 山本雄大
公式記録
2014年9月3日
19:30
横浜F・マリノス 1 - 2 柏レイソル ニッパツ三ツ沢球技場, 横浜
観客数: 6,237人
主審: 飯田淳平
中町公祐 65分にゴール 65分 公式記録 レアンドロ 63分にゴール 63分
工藤壮人 74分にゴール 74分
2014年9月3日
19:04
セレッソ大阪 1 - 3 川崎フロンターレ ヤンマースタジアム長居, 大阪
観客数: 5,734人
主審: 高山啓義
南野拓実 33分にゴール 33分 公式記録 大島僚太 7分にゴール 7分
森谷賢太郎 67分にゴール 67分
レナト 71分にゴール 71分 (PK)
2014年9月3日
19:04
ヴィッセル神戸 1 - 1 ガンバ大阪 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場, 神戸
観客数: 13,653人
主審: 村上伸次
マルキーニョス 64分にゴール 64分 公式記録 宇佐美貴史 11分にゴール 11分

第2戦[編集]

2014年9月7日
18:00
浦和レッズ 2 - 2 サンフレッチェ広島 埼玉スタジアム2002, さいたま
観客数: 17,645人
主審: 今村義朗
阿部勇樹 34分にゴール 34分
槙野智章 71分にゴール 71分
公式記録 野津田岳人 39分にゴール 39分
佐藤寿人 48分にゴール 48分
2014年9月7日
19:03
柏レイソル 3 - 1 横浜F・マリノス 日立柏サッカー場,
観客数: 8,087人
主審: 東城穣
工藤壮人 31分にゴール 31分
レアンドロ 64分にゴール 64分
エドゥアルド 82分にゴール 82分
公式記録 中澤佑二 23分にゴール 23分
2014年9月7日
19:03
川崎フロンターレ 2 - 3 セレッソ大阪 等々力陸上競技場, 川崎
観客数: 11,168人
主審: 村上伸次
レナト 35分にゴール 35分
大久保嘉人 58分にゴール 58分
公式記録 長谷川アーリアジャスール 37分にゴール 37分75分
南野拓実 90+1分にゴール 90+1分
2014年9月7日
18:03
ガンバ大阪 3 - 0 ヴィッセル神戸 万博記念競技場, 吹田
観客数: 11,294人
主審: 吉田寿光
阿部浩之 2分にゴール 2分
宇佐美貴史 28分にゴール 28分
倉田秋 83分にゴール 83分
公式記録

準決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
柏レイソル 2 - 3 サンフレッチェ広島 0 - 2 2 - 1
川崎フロンターレ 4 - 5 ガンバ大阪 1 - 3 3 - 2

第1戦[編集]

2014年10月9日
19:03
サンフレッチェ広島 2 - 0 柏レイソル エディオンスタジアム広島, 広島
観客数: 5,516人
主審: 吉田寿光
佐藤寿人 41分にゴール 41分50分 公式記録
2014年10月9日
19:00
ガンバ大阪 3 - 1 川崎フロンターレ 万博記念競技場, 吹田
観客数: 5,482人
主審: 飯田淳平
米倉恒貴 16分にゴール 16分
宇佐美貴史 28分にゴール 28分
パトリック 49分にゴール 49分
公式記録 田中裕介 90+2分にゴール 90+2分

第2戦[編集]

2014年10月12日
16:00
柏レイソル 2 - 1 サンフレッチェ広島 日立柏サッカー場,
観客数: 9,010人
主審: 家本政明
レアンドロ 38分にゴール 38分51分 公式記録 石原直樹 74分にゴール 74分
2014年10月12日
16:03
川崎フロンターレ 3 - 2 ガンバ大阪 等々力陸上競技場, 川崎
観客数: 16,211人
主審: 東城穣
大久保嘉人 9分にゴール 9分
ジェシ 45+3分にゴール 45+3分
森谷賢太郎 51分にゴール 51分
公式記録 阿部浩之 42分にゴール 42分45分

決勝[編集]

決勝は2010年大会以来4年ぶり2回目の決勝進出を果たし、悲願の初優勝を狙うサンフレッチェ広島と、優勝した2007年大会以来7年ぶり3回目の決勝進出となるガンバ大阪の対戦[7]。ナビスコカップ初の「西日本勢」同士の対戦となった[8]。広島の森保一監督(広島・京都仙台OB)とG大阪の長谷川健太監督(清水OB)は共に1993年の「ドーハの悲劇」を経験した元日本代表でもあり、初の「JリーガーOB監督」同士の対戦ともなった[9]。また、この試合では日本のサッカー公式戦で初めてバニシング・スプレーが使用されることになった[10]

G大阪は広島対策としてMF遠藤保仁をトップ下に、MF明神智和をアンカーに置くダイヤモンド型の中盤を採用したがこれが十分に機能せず[11]、序盤は広島が攻勢に出る。前半18分、G大阪DF岩下敬輔がペナルティエリア内でハンドの反則。これで得たペナルティーキックを広島FW佐藤寿人がゴール右に決めて広島が先制する。このゴールで佐藤はJリーグカップでの通算得点が歴代単独首位となった[12]。広島はさらに前半35分、MF山岸智のクロスボールをクリアされたところをMF石原直樹がダイレクトでミドルシュート。これはゴールポストに弾かれるが、こぼれ球を佐藤が落ち着いて決めて2点目を挙げる[12]。しかしその3分後、今度は左サイドからG大阪MF遠藤保仁が上げたクロスボールにFWパトリックが頭であわせてすかさず1点を返し、前半は2-1と広島の1点リードで折り返す[12]

しかし後半に入ると、後半頭からMF明神に替えてMF大森晃太郎を投入し本来のボックス型の中盤に戻したG大阪[11]が攻勢に出る。後半9分、左サイドのスローインからFW宇佐美貴史のクロスボールをパトリックが再び頭であわせて同点に追いつく[12]と、後半26分にはパトリックのラストパスに反応したMF阿部浩之がシュート。一旦は広島GK林卓人に弾かれるものの、こぼれ球を大森が頭で詰めてG大阪が逆転に成功[12]。これが決勝点となり、G大阪が3-2で勝利。7年ぶり2回目の優勝を果たした。一方広島は2度目の準優勝で悲願達成はならず、天皇杯を含めてカップ戦決勝は7連敗となった[11]

2014年11月8日
13:10
サンフレッチェ広島 2 - 3 ガンバ大阪 埼玉スタジアム2002, さいたま
観客数: 38,126人
主審: 西村雄一
佐藤寿人 20分にゴール 20分 (PK)35分 公式記録 パトリック 38分にゴール 38分54分
大森晃太郎 71分にゴール 71分
サンフレッチェ広島
GK 01 日本の旗 林卓人
DF 33 日本の旗 塩谷司
DF 05 日本の旗 千葉和彦 87分に警告 87分
DF 04 日本の旗 水本裕貴
MF 18 日本の旗 柏好文
MF 06 日本の旗 青山敏弘 キャプテン
MF 30 日本の旗 柴崎晃誠 83分に交代退場 83分
MF 16 日本の旗 山岸智 72分に交代退場 72分
MF 09 日本の旗 石原直樹
MF 10 日本の旗 高萩洋次郎
FW 11 日本の旗 佐藤寿人 78分に交代退場 78分
控え:
GK 13 日本の旗 増田卓也
DF 02 韓国の旗 ファン・ソッコ
MF 08 日本の旗 森崎和幸
MF 27 日本の旗 清水航平 72分に交代出場 72分
MF 07 日本の旗 森崎浩司 78分に交代出場 78分
MF 24 日本の旗 野津田岳人
MF 22 日本の旗 皆川佑介 83分に交代出場 83分
   
監督
日本の旗 森保一
ガンバ大阪
GK 01 日本の旗 東口順昭
DF 14 日本の旗 米倉恒貴
DF 05 日本の旗 丹羽大輝
DF 08 日本の旗 岩下敬輔
DF 22 韓国の旗 オ・ジェソク
MF 17 日本の旗 明神智和 46分に交代退場 46分
MF 15 日本の旗 今野泰幸
MF 13 日本の旗 阿部浩之 90+3分に交代退場 90+3分
MF 07 日本の旗 遠藤保仁 キャプテン
FW 39 日本の旗 宇佐美貴史 84分に交代退場 84分
FW 29 ブラジルの旗 パトリック 90+3分に警告 90+3分
控え:
GK 16 日本の旗 河田晃兵
DF 04 日本の旗 藤春廣輝
DF 06 韓国の旗 金正也
MF 11 日本の旗 倉田秋 90+3分に交代出場 90+3分
MF 19 日本の旗 大森晃太郎 46分に交代出場 46分
FW 09 ブラジルの旗 リンス 84分に交代出場 84分
FW 20 日本の旗 佐藤晃大
   
監督
日本の旗 長谷川健太


2014 Jリーグカップ 優勝
ガンバ大阪
7年ぶり2回目

表彰[編集]

表彰名 選手名 所属クラブ
ニューヒーロー賞 日本の旗 宇佐美貴史 ガンバ大阪
大会MVP ブラジルの旗 パトリック ガンバ大阪

得点ランキング[編集]

順位 選手名 クラブ 得点数
1 ブラジルの旗 レアンドロ 柏レイソル 6
ブラジルの旗 クリスティアーノ ヴァンフォーレ甲府
3 日本の旗 宇佐美貴史 ガンバ大阪 5
日本の旗 佐藤寿人 サンフレッチェ広島
5 日本の旗 工藤壮人 柏レイソル 4
ブラジルの旗 エドゥー FC東京
スロベニアの旗 ノヴァコヴィッチ 清水エスパルス

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “2014Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年12月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005556.html 2014年3月1日閲覧。 
  2. ^ “【2014Jリーグ J1リーグ戦、ヤマザキナビスコカップ、J2リーグ戦】日程発表” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年1月31日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005612.html 2014年3月1日閲覧。 
  3. ^ “【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝トーナメント 組み合わせ決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年8月5日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005951.html 2014年8月5日閲覧。 
  4. ^ “【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝トーナメント組み合わせ決定! オープンドロー参加選手のコメント” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年8月5日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005955.html 2014年8月5日閲覧。 
  5. ^ “2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝 開催日および会場決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年3月18日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005705.html 2014年3月18日閲覧。 
  6. ^ “【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】準決勝第1戦、第2戦のホームゲーム入れ替えについて” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年8月19日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005979.html 2014年10月10日閲覧。 
  7. ^ “【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝進出チーム決定! 決勝は、サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪に決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年10月12日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00006084.html 2014年10月12日閲覧。 
  8. ^ “【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝前夜祭コメント:村井満Jリーグチェアマン” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年11月7日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00006150.html 2014年11月8日閲覧。 
  9. ^ “ナビスコ杯 きょう決勝 広島-G大阪 22度目で初 元Jリーガー監督対決”. 東京新聞. (2014年11月8日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2014110802000106.html 2014年11月8日閲覧。 
  10. ^ “【2014Jリーグヤマザキナビスコカップ】「バニシング・スプレー」のトライアル導入を決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年11月6日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00006144.html 2014年11月8日閲覧。 
  11. ^ a b c 六川亨 (2014年11月8日). “ナビスコ杯決勝 ガンバ大阪が逆転V 広島は初制覇ならず”. dot.. 朝日新聞出版. 2014年11月29日閲覧。
  12. ^ a b c d e 決勝 試合レポート”. 2014Jリーグヤマザキナビスコカップ特設サイト. 日本プロサッカーリーグ (2014年11月8日). 2014年11月11日閲覧。

関連項目[編集]