安息香酸カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安息香酸カリウム
識別情報
CAS登録番号 582-25-2
PubChem 11399
EINECS 209-481-3
特性
化学式 C7H5KO2
モル質量 160.2117
外観 白色の固体
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

安息香酸カリウム(Potassium benzoate)は安息香酸カリウム塩である。カビ酵母、いくつかの真正細菌の成長を阻害するため防腐剤として食品に使われている。その効果は安息香酸存在下の低pH(4.5以下)で最も発揮される。

果汁飲料アスコルビン酸を含む)、炭酸飲料炭酸を含む)、ソフトドリンクリン酸を含む)、漬物酢酸を含む)などの酸性食品は安息香酸カリウムによって保存加工される。

カナダアメリカEUを含む多くの国で承認されており、E番号はE212が付与されている。EUでは子どもによる摂取を推奨していない[1]

食品保存のメカニズム[編集]

食品保存のメカニズムは細胞内への安息香酸の吸収によって始まる。細胞内のpHが5またはそれ以下になったとき、ホスホフルクトキナーゼによるグルコース発酵が95%減少する[2]

安全性[編集]

アスコルビン酸安息香酸ナトリウムまたは安息香酸カリウムが共存した場合、発癌性ベンゼンが生成する可能性がある。熱、光そして保存期間がベンゼンの生成量に影響を及ぼすことが分かっている。

脚注[編集]

  1. ^ Cosmetic Ingredient Review Expert Panel Bindu Nair (2001). “Final Report on the Safety Assessment of Benzyl Alcohol, Benzoic Acid, and Sodium Benzoate”. Int J Tox (20 (Suppl. 3)): 23–50. 
  2. ^ Krebs HA, Wiggins D, Stubbs M (1983). “Studies on the mechanism of the antifungal action of benzoate”. Biochem J (214): 657–663. 

関連項目[編集]