四條畷の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四条畷の戦い
四條畷神社
四條畷神社(楠木正行を主祭神とする)
戦争:南朝と北朝の戦い
年月日正平3年/貞和4年1月5日1348年2月4日
場所河内国北條
結果:足利軍の勝利
交戦勢力
足利軍(北朝) 楠木軍(南朝)
指揮官
Hanawa001.jpg高師直 Kikusui.jpg楠木正行
戦力
60,000 - 80,000(諸説あり) 3,000
損害
不明 不明
南北朝時代

四條畷の戦い(しじょうなわてのたたかい)は、南北朝時代1348年正平3年/貞和4年)1月5日河内国北條(大阪府四條畷市大東市)における、南朝方の楠木正行足利尊氏の家臣高師直との間の戦い。

また、四條縄手という地名や、味方であった水走氏が東大阪市五条町に館があったことなどから、大阪府東大阪市の四条(縄手)付近で戦いがあったという説もある。

背景[編集]

1336年延元元年/建武3年)、楠木正成湊川の戦いで敗死してから、楠木氏はしばらくの間鳴りを潜めていた。正成の子楠木正行が成長すると、本拠地である河内国南部で次第に力を蓄え、摂津国南部の住吉・天王寺周辺までゲリラ的に出没し、足利方を脅かすようになった。1347年正平2年/貞和3年)9月、楠木軍は藤井寺近辺で細川顕氏を破り、11月には住吉付近で山名時氏を破った。

経過[編集]

四条畷の戦い(歌川国芳画)

足利方は本格的な南朝攻撃を決意し、ついに1348年1月に高師直を大将とする大軍を編成して、北上する楠木軍と四條畷に対峙した。

楠木軍は足利方の圧倒的な兵力の前に敗れ、正行は弟の正時と刺し違えて自決した。勢いに乗った高師直は、南朝の本拠吉野(奈良県吉野郡吉野町)に攻め入り陥落させ、後村上天皇はじめ南朝は賀名生(同県五條市)に逃れた。戦後、楠木氏は楠木正儀が後を継ぐ。

太平記』では、楠木軍が少数の兵で突撃し、あと一歩で師直の首を取るところまで迫ったように描かれているが、実際には兵力の差は歴然で、楠木軍の惨敗だったようである。(要出典)

関連項目[編集]