出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
製作 一瀬隆重
製作総指揮 濱名一哉
小谷靖
千葉龍平
出演者 役所広司
小西真奈美
葉月里緒奈
音楽 蓜島邦明
撮影 芦澤明子
編集 高橋信之
配給 ザナドゥー
エイベックス・エンタテインメント
ファントム・フィルム
公開 イタリアの旗 2006年9月3日VIFF
日本の旗 2007年2月24日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

』(さけび)は、2006年日本映画黒沢清監督・脚本、役所広司主演によるミステリーホラー映画。2006年からヴェネツィア国際映画祭など各国の映画祭で上映され、日本では2007年2月24日に公開された。

あらすじ[編集]

東京湾岸の埋め立て地帯で、3件の殺人事件が相次いで発生する。市川信也(田中良)が婚約者の柴田礼子(秋吉砂喜子)を殺し、医師の佐久間昇一(中村育二)が息子の勇介(佐藤貴広)を殺し、OLの矢部美由紀(奥貫薫)が社長の小野田誠二(平山広行)を殺す、いずれのケースにおいても、加害者が被害者の顔を水たまりに押しつけて海水で窒息死させる、という手口は共通していた。

刑事の吉岡登(役所広司)は、捜査を進めていくうち、自分の指紋やボタンなどが現場に残されていることに気づく。同僚の宮地徹(伊原剛志)からも疑いの目を向けられる中、自分が犯人なのではないかと考えはじめた吉岡は、精神科医の高木(オダギリジョー)の元を訪ねるが、はっきりしたことは分からない。そんな折、赤い服の女(葉月里緒奈)の幽霊が吉岡の前に現れるようになり、彼の混乱は深まるばかりとなる。

いま、吉岡が唯一落ち着ける時間は、恋人の仁村春江(小西真奈美)と一緒に過ごすときだけである。一旦は二人で遠くへ旅立とうとするが、吉岡は春江だけを行かせて、自分はここに留まることを決意する。吉岡がさらに調べを進めた結果、赤い服の女の生前の居場所は、吉岡が15年前にフェリーで通り過ぎた記憶のある療養所だった、と判明する。赤い服の女は、そこで虐待を受けた末に命を落としたのだった。そして、彼女の呪いにかけられた者は親しい人間を殺さなければならず、吉岡は自分も半年前に春江を海水で窒息死させていたことを思い出す。現在は廃墟となった療養所を訪れた吉岡に、赤い服の女は「あなただけ許します」と言い残して姿を消す。吉岡は、赤い服の女の遺骨をバッグに詰める。同じ頃、吉岡のアパートに侵入した宮地は、部屋の中を探っていたところ、床の上の洗面器に吸い込まれてしまう。その後、吉岡は自宅に戻り、春江の遺骨を拾い上げ、同じバッグに詰める。バッグを抱えた吉岡が人気のない大通りを歩いてゆく中、「わたしは死んだ。だから、みんなも死んでください」という赤い服の女の声がこだまする。春江は、風に髪をなびかせながら、こちらに向かって何かを叫んでいるが、その声は誰の耳にも届きはしない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

梅本洋一は、『LOFT ロフト』が「多方向に逸脱を続けることで、映画に新たな可能性を拓いた」のに対し、『叫』には「逸脱がない代わりに、極めて高い完成度」がある、と評した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 梅本洋一 (2006年8月17日). “『叫』黒沢清”. Nobody. 2014年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]