出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
出演者 役所広司
小西真奈美
葉月里緒奈
音楽 蓜島邦明
撮影 芦澤明子
編集 高橋信之
配給 ザナドゥー
エイベックス・エンタテインメント
ファントム・フィルム
公開 イタリアの旗 2006年9月3日VIFF
日本の旗 2007年2月24日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

』(さけび)は、2006年日本映画黒沢清監督・脚本、役所広司主演によるミステリーホラー映画。2006年からヴェネツィア国際映画祭など各国の映画祭で上映され、日本では2007年2月24日に公開された。

あらすじ[編集]

東京湾岸地帯で赤い服を着た女の殺人死体が発見され、捜査に当たる事になったベテラン刑事・吉岡(役所広司)は同僚の宮路(伊原剛志)とともに犯人を追いはじめた。同様の手口による殺人事件が相次ぎ、連続殺人事件として捜査が進められる中、吉岡はそれぞれの事件被害者の周辺に“自分の痕跡"を見つける。自分の身の潔白を自分自身に示す為に単独行動をはじめ、発端である最初の事件現場を訪れる吉岡。その目の前に突然、赤い服の女の幽霊が現れた。怨めしく彼を見つめる女の幽霊(葉月里緒菜)。いくら記憶を探っても吉岡には恨みを受けるような覚えがなかったが、幽霊はその後も断続的に出現しては吉岡をおびやかす。引き続き繰り返される同一手口による殺人事件。そして吉岡はそれらの事件の犯人にある共通点を見つける。その結果明らかになった過去とは・・・。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:黒沢清
  • エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉、小谷靖、千葉龍平
  • プロデューサー:一瀬隆重
  • アソシエイト・プロデューサー:東信弘、木藤幸江、剱持嘉一
  • 撮影:芦澤明子(J.S.C.)
  • 照明:市川徳充
  • 録音:小松将人
  • 美術:安宅紀史
  • 装飾:須坂文昭
  • 音楽プロデューサー:慶田次徳
  • 編集:高橋信之
  • 音楽:蓜島邦明
  • VFXスーパーバイザー:浅野秀二
  • 特殊造形:松井祐一
  • 特殊効果:岸浦秀一
  • キャスティング:山口正志
  • 助監督:片島章三
  • 製作担当:村田亮
  • 製作会社:東京放送、エンタテインメント・ファーム、エイベックス・エンタテインメント、オズ、日活
  • 主題歌:中村中風になる」(avex trax

外部リンク[編集]