神田川淫乱戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神田川淫乱戦争
Kandagawa Pervert Wars
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
出演者 麻生うさぎ
岸野萌圓
音楽 選曲 黒沢清
主題歌 挿入歌 岸野萌圓・沢木美伊子
『河は呼んでいる』
撮影 瓜生敏彦
編集 菊地純一
製作会社 ディレクターズ・カンパニー
配給 日本の旗 ミリオンフィルム
公開 日本の旗 1985年11月3日
上映時間 60分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

神田川淫乱戦争』(かんだがわいんらんせんそう)は、1983年(昭和58年)製作・公開、黒沢清監督による日本の劇映画である。ピンク映画の枠組みで配給・興行が行なわれたコメディ映画である。

略歴・概要[編集]

1983年(昭和58年)、黒沢清の27歳のときに製作された作品である。

撮影は福田克彦監督の『三里塚ノート3 土の行進 三里塚14年、青年たちはいま』(1981年)等を手がけた瓜生敏彦[1]、編集は井筒和幸監督の『ガキ帝国』(1981年)を手がけ、のちに周防正行監督の『Shall we ダンス?』(1996年)や塩田明彦監督の『黄泉がえり』(2003年)を手がける菊地純一[2]、美術は現在映画監督の万田邦敏、助監督を現在映画監督の水谷俊之と周防、塩田、製作助手を立教大学セント・ポールズ・プロダクション出身でパロディアス・ユニティのメンバーである勝野宏浅野秀二笠原幸一が務めている。浅野は現在VFXプロデューサーであり、のちに塩田監督の『黄泉がえり』、黒沢監督の『回路』を手がけている[3]

同年、浦山桐郎監督の『暗室』、滝田洋二郎監督の『連続暴姦』に出演した麻生うさぎ[4]らのほか、東京タワーズ岸野雄一(本作では岸野萌圓名義)、現在映画監督でノンフィクション作家の森達也(本作では森太津也名義)、おなじく現在映画監督の周防正行らが出演している。本作はオールアフレコで撮影された。

本作のオープニングタイトルは、

神+
淫乱

という文字列に文字が付け加えられ、

神田川
淫乱戦争

となる仕掛けになっている。

日本では2004年(平成16年)にエースデュースエンタテインメントからDVDが発売されている。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

[編集]

  1. ^ 瓜生敏彦日本映画データベース、2009年10月24日閲覧。
  2. ^ 菊地純一、日本映画データベース、2009年10月24日閲覧。
  3. ^ 浅野秀二、日本映画データベース、2009年10月24日閲覧。
  4. ^ 麻生うさぎ、日本映画データベース、2009年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]