ドレミファ娘の血は騒ぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドレミファ娘の血は騒ぐ
Bumpkin Soup
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
万田邦敏
出演者 洞口依子
伊丹十三
音楽 東京タワーズ
沢口晴美
撮影 瓜生敏彦
編集 菊池純一
配給 ディレクターズ・カンパニー
公開 日本の旗 1985年11月3日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ドレミファ娘の血は騒ぐ』(ドレミファむすめのちはさわぐ)は、1985年製作公開の黒沢清監督の日本映画洞口依子の初主演の映画でもある。

あらすじ[編集]

秋子が、高校時代の先輩の吉岡を訪ね、某大学に行く。吉岡ら大学生が、乱痴気さわぎとなっている状態に失望してしまう。

吉岡らが所属している大学ゼミの平山教官が、秋子に声をかけ、「実験」への協力をお願いする。

スタッフ[編集]

  • 監督:黒沢清
  • 企画:丸山茂男
  • 脚本:黒沢清、万田邦敏
  • 撮影:押切隆世
  • 編集:菊池純一
  • 音楽:東京タワーズ

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 原題は「女子大生 恥ずかしゼミナール」であった。
  • 日活より配給の話があったが、結局いったんはお蔵入りとなり、一般映画として編集しなおし、からみのシーンをカットし、「ドレミファ娘の血は騒ぐ」とした。
  • 加藤賢崇が淡谷のり子の『ルンバ・タンバ』を歌うシーンがある。
  • 終わりの方に出てくるCMNFシーンが注目される。女性ヌードはあっても、男性ヌードは一切ない。
  • 神田川淫乱戦争』で監督デビューした黒沢清の監督第二作であり、GOROの『激写』で知名度を上げた洞口依子の映画デビュー作でもある。

外部リンク[編集]