兜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
兜駅
駅の入口(2006年10月)
駅の入口(2006年10月)
かぶと - Kabuto
富野 (3.1km)
(4.2km) あぶくま
所在地 福島県伊達市梁川町舟生
所属事業者 阿武隈急行
所属路線 阿武隈急行線
キロ程 25.2km(福島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
3人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1988年(昭和63年)7月1日
備考 無人駅
阿武隈川と兜駅。列車の左下にトンネルが木に半分隠れて見える(2006年10月)
便所と自転車置き場。この木が上述のトンネルそばの木である。(2006年10月)
兜駅周辺の様子。左上に阿武隈川にかかる兜橋が見える。対岸は宮城県。(2008年7月)

兜駅(かぶとえき)は、福島県伊達市梁川町舟生にある阿武隈急行線である。無人駅

キャッチフレーズは、「民話の里」。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅である。無人駅で、改札口と切符売り場はない。入口はホーム北端、東側にある。駅前の道を南にぐるりと回りこんでトンネルで線路をくぐって下に出ると、小さな集落と果樹園・畑がある平地に出る。そこに水飲み場、公衆便所、自転車置き場がある。

利用状況[編集]

  • 阿武隈急行 - 2012年度の1日平均乗車人員は、3人である[1]
  • 近年の乗車人員は以下の通りである(いずれも1日平均)。
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 11
2001 8
2002 8
2003 5
2004 14
2005 16
2006 8
2007 8
2008 5
2009 5
2010 3
2011 3
2012 3

駅周辺[編集]

福島県と宮城県の境界付近、阿武隈高地の丘陵地帯にあり、両岸に平地がほとんどない。駅は阿武隈川右岸の丘の斜面に位置し、下の岸に小さな集落があるだけで、周辺に人家は少ない。付近は畑との果樹園が多い。国道349号が対岸を並走する。上流側(南側)の近くに兜橋があり、福島県道104号川前梁川線を通す。

なお、2008年7月現在、周辺は阿武隈川洪水対策のため、数軒で土盛りによる浸水対策工事が行われている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

阿武隈急行
阿武隈急行線
富野駅 - 兜駅 - あぶくま駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]