高子駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高子駅
駅出入口(2003年7月)
駅出入口(2003年7月)
たかこ - Takako
向瀬上 (1.5km)
(1.4km) 上保原
所在地 福島県伊達市保原町
所属事業者 阿武隈急行
所属路線 阿武隈急行線
キロ程 10.1km(福島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
55人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1988年(昭和63年)7月1日
備考 無人駅
駅前に佇む当駅開業記念の石碑(2003年7月)

高子駅(たかこえき)は、福島県伊達市保原町上保原にある阿武隈急行線である。

キャッチフレーズは、「伊達発祥の地」[1]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。

当駅下りホームから福島方面に折返し運転ができる構造となっている(2005年ごろの改正まで、それを使用した当駅始発の通勤列車が運転されていた)。

利用状況[編集]

  • 阿武隈急行 - 2012年度の1日平均乗車人員は、55人である[2]
  • 近年の乗車人員は以下の通りである(いずれも1日平均)。
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 96
2001 82
2002 82
2003 79
2004 77
2005 85
2006 66
2007 63
2008 58
2009 60
2010 58
2011 49
2012 55

駅周辺[編集]

駅周辺には新興住宅街が広がる。

  • 高子ハイタウン(高子団地)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

阿武隈急行
阿武隈急行線
向瀬上駅 - 高子駅 - 上保原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊達市観光ガイド (PDF)”. 伊達市産業部商工観光課. p. 2. 2014年7月5日閲覧。 “阿武隈急行が高子駅に近づくと「伊達氏発祥の地、高子」とアナウンスが流れる。”
  2. ^ 第128回福島県統計年鑑

関連項目[編集]