佐々木等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐々木 等 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ササキ ヒトシ
ラテン文字 SASAKI Hitoshi
基本情報
生年月日 1891年
日本の旗 日本福島県相馬地方
没年月日 1982年7月23日(満91歳没)[1]
日本の旗 日本東京都杉並区
選手情報
ポジション HB
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京高等師範学校
代表歴
1917-1921 日本の旗 日本 4 (0)
監督歴
1921 日本の旗 日本
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐々木 等(ささき ひとし、1891年- 1982年7月23日)は、福島県出身のサッカー選手・指導者、大学教授。サッカー日本代表の監督としては、歴代2代目(選手兼任監督でもあった)に当たる。

経歴[編集]

1891年福島県相馬地方にて、貧農の家に四男(11人きょうだいの下から2番目)として生まれた[2]。小学校卒業後、東京に出て丁稚奉公するも長続きせず、転々と奉公先を変え、結局帰郷。乙種農学校に入るも程なくして退学し、新設された准教員養成所に入ったが、正規の教員になるため福島県師範学校に転じた[2]。福島師範学校卒業後小学校教員となるも、知人の誘いで1915年9月東京高等師範学校特科(体育科)の第1期生として入学した。

スポーツ歴としては、福島師範学校時代に始めた長距離走で活躍。東京高師に入学した後は同校の蹴球部(現:筑波大学蹴球部)に入り、サッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。1917年東京で開かれた第3回極東選手権競技大会では、25マイルマラソン(現在のフルマラソンに相当)、10マイル短縮マラソン(現在のハーフマラソンに相当)、そしてサッカーの選手として出場した[2]サッカー日本代表初の国際試合(国際Aマッチではない)となった中華民国戦(1917年5月9日。芝浦運動場)にもハーフバックの選手として出場した。尚、東京高師在学中には佐倉中学(現・千葉県立佐倉高等学校)でサッカーの指導をした記録が残っている。東京高師卒業後は、東京府立第五中学校(現・東京都立小石川中等教育学校)や東京高師附属小学校(現・筑波大学附属小学校)の教員を務めた[2]

1921年上海で開かれた第4回極東選手権では、選手兼任監督として出場[2][3]。しかし、5月30日フィリピンとの試合で1-3、6月1日中華民国との試合で0-4と、2連敗(最下位〔フィリピン、中華民国〈優勝〉とのリーグ戦で3位〕)に終わった。

1924年東京高師に体育研究所が設立されると、遊戯部長になり球技専門の講師となる。1926年学校体操教授要目改正に際して、当時としては異例の35歳で教授に昇格し[2]、さらに文部省調査委員となり球技の海外からの導入に尽力した。アムステルダムオリンピック1928年)の際には、文部省留学生となり欧米を歴訪した。

その後、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学。1935~42年。1938年に同校の体育課設立に関わった)、中華民国国立南京中央大学(現・南京大学。1943年~45年3月。)、宇都宮師範学校(現・宇都宮大学教育学部。同大学昇格時にも在籍した。1945年4月~。)など様々な学校の教授を歴任し、新設の福島大学の教育学部体育学科に招聘された。68歳で福島大学を定年退職し、その後は71歳で定年退職するまで中京大学で教鞭を執り、体育学部長も務めた[4]。さらにその後も日本女子体育大学で教鞭を執った[2]

1982年7月23日東京都杉並区で肺血栓により91歳で死去した[1]

30を超える著書があり、その中には『フットボール』(戦前のサッカー専門書としてはベストセラーになった)もある。

選手経歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 4試合 0得点(1917,1921)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1917 0 0 2 0 2 0
1921 0 0 2 0 2 0
通算 0 0 4 0 4 0

指導者経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞夕刊、1982年7月24日、2014年7月9日閲覧
  2. ^ a b c d e f g 佐々木等「わたしの履歴書 (随想) (1)」、『体育・スポーツ・レクリエーション』第2巻第1号、社団法人全国大学体育連合、1975年8月1日、 21-23頁。 NAID 110008702861
  3. ^ “大正十年には、第五回極東大会が上海で行われるというので私は、日本のサッカーチームの監督という名義で約一ヶ月出張したことがある。”と『学校体育』1953年3月号p.36に記している。
  4. ^ 佐々木等「中京大学の想い出」、『中京体育学研究』第21巻第1号、中京大学、1981年3月1日、 15頁。 NAID 110004632711

外部リンク[編集]