交響曲第4番 (アイヴズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第4番は、チャールズ・アイヴズ讃美歌『夜を守る友よを』や『きたのはてなによる』などを原曲として1910年から1916年にかけて作曲した交響曲。演奏時間は約30分[1]

作曲の経緯[編集]

第3楽章はイェール大学在学中の1890年代に原曲が書かれたが、その時には師であるホレイショ・パーカーでさえジョークと思い込んだという。その後第1楽章が1910年8月から1911年9月にかけて作曲した後、ピアノソナタ第2番「マサチューセッツ州コンコード、1840年 - 60年」の2楽章「ホーソーン」の一部を第2楽章に編曲した。その後第4楽章が1914年の夏に書かれ、1916年に全曲が完成した[2]

1927年1月29日にニューヨークタウンホールで第1、2楽章がユージン・グーセンス指揮により初演された後、1965年4月26日レオポルド・ストコフスキー指揮アメリカ交響楽団[注 1]により行われた。なおこの曲は大編成なうえに技術的に高度な部分を要する箇所があるため、ロックフェラー財団が8000ドルの資金援助をしたという[2]

楽器編成[編集]

ピッコロ2、フルート3、オーボエ2、クラリネット(B♭管)3、ファゴット3〔アルトサクソフォーン(E♭管)、テノールサクソフォーン(B♭管)、バリトンサクソフォーン(E♭管)、ホルン4(C管、一部F管)、コルネット2(C管、一部B♭管)、トランペット6(C管、一部B♭管)、トロンボーン3、チューバ、、オーケストラピアノ2、独奏ピアノチェレスタオルガン(テレミンでの代用も可)、ティンパニ小太鼓軍楽太鼓トムトム(インディアンドラム)、大太鼓トライアングルシンバルチューブラーベル2、ゴング、バッテリーユニット(小太鼓、中太鼓、大太鼓、小ティンパニ、シンバル、ゴング)、混声合唱、舞台裏の合唱、独奏ヴァイオリン5、独奏ヴィオラ(またはA管クラリネット)、独奏ハープ2、弦六部[2]

楽曲構成[編集]

第1楽章 Prelude maestoso ニ長調 6/4拍子 → 8/6拍子

独奏ピアノ、チェロ、コントラバスにより主題が提示された後、フルート、ハープ、独奏ヴァイオリンに讃美歌「主よみもとに」を基にした旋律が現れ、独奏ピアノ、弦楽器がこれに追従する。5小節目では讃美歌「はるかにあおぎみる」を基にした主題も加わり、これらの主題が複雑に絡み合いながら変形を経て様々な楽器が表れるが、合唱が「夜を守るよ友よ」を歌い始めてからは管弦楽は伴奏に周る[3]

第2楽章 Allegreto Largo Adagio

強奏と弱奏が繰り返される楽章で、2人の指揮者を要する。曲はトゥッティによるピアノピアニッシモで開始される、その後コントラバスがフォルテッシモの音階を奏した後、フォテフォテッシモによりピアノピアニッシモは休止する。やがて弦と独奏ピアノを基調としたラルゴ主題が現れる。曲中では「植生の宿」や讃美歌「神とにいまして」の後半の「また合う日まで」の旋律が、それぞれヴァイオリンと管弦楽で引用されている[3]。その後ワシントンポスト、はるかにあおぎみる、草競馬モーツァルトクラリネット五重奏曲[4]、自作の交響曲第3番第2楽章「ウェールズの歌」[5]などが引用されたフォルテッシモのアレグロ部に以降する[4]

第3楽章 Fuga Andante Moderato ハ長調 4/2拍子

チェロが「きたのはてなる」の冒頭の旋律を奏し、ヴィオラ、ホルン(トロンボーン)がこれに応じる[5]。やがて「あまつみつかいよ」の最後の小節と第1主題を絡めた第2部に移行する[6]

第4楽章 Largo maestoso

打楽器を伴い、コントラバスに「主よみもとに」の後半の主題が現れる[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 副指揮者にデヴィッド・カッツとホセ・セレブリエール

出典[編集]

  1. ^ 佐野 1979, p. 404 - 405.
  2. ^ a b c 佐野 1979, p. 405.
  3. ^ a b 佐野 1979, p. 406.
  4. ^ a b 佐野 1979, p. 407.
  5. ^ a b 佐野 1979, p. 408.
  6. ^ 佐野 1979, p. 409.
  7. ^ 佐野 1979, p. 409 - 410.

参考文献[編集]