クラリネット五重奏曲 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1789年9月29日に作曲したクラリネット弦楽四重奏のための室内楽曲。友人アントン・シュタートラーのために作曲され、「シュタートラー五重奏」と呼ばれることもある。同年12月22日ブルク劇場でシュタートラーのクラリネットにより初演された。クラリネット協奏曲K.622と同様に、本来はシュタートラーが用いていた"Bass-klarinet"(現在のバセットクラリネット)のために作曲されたものである。現在一般に用いられる版は1802年に通常のクラリネット用に編曲されたもので、自筆譜は協奏曲同様に現在紛失している。

クラリネットは当時はまだ目新しく、ようやくオーケストラの仲間入りをし始めた楽器であった。しかしモーツァルトは当時の楽器のもつ可能性を利用し尽くし、クラリネット音楽の発展に対して重要な模範を提示した。この作品においても、広い音域や歌謡的能力を活用する優れた書法を見ることができる。

ブラームスはこのクラリネット五重奏曲に大いに関心を示し、彼自身クラリネット五重奏曲Op.115を作曲した。第4楽章はモーツァルトの五重奏と同じく変奏曲形式になっている。

曲の構成[編集]

4楽章からなる。演奏時間は30分程度。

第1楽章
アレグロ イ長調 4/4拍子、ソナタ形式。ヘルマン・アーベルトが「雲のない春の朝」と評した清明な弦楽の旋律にクラリネットのアルペジオが応えて始まる。第二主題は第一ヴァイオリンに提示され、クラリネットに引き継がれる。展開部では主に第一主題を扱い、形通りの再現部が続く。全体的な色調は明るいが響きは頻繁に短調に傾き、それが作品に深い陰影を与えている。
第2楽章
ラルゲット ニ長調 3/4拍子、三部形式。協奏曲のそれと似た性格を持つ、きわめて美しい緩徐楽章。クラリネットと弦楽が豊かに絡み合う。
第3楽章
メヌエット イ長調 3/4拍子 - トリオⅠ イ短調(クラリネットは休止) - トリオⅡ イ長調。対比的な性格の二つのトリオを持つメヌエット。
第4楽章
アレグレット イ長調 4/4拍子、変奏曲形式。軽快な主題に4つの変奏と表情豊かなアダージョ(第5変奏)、アレグロ(第6変奏またはコーダ)が続く。
Performed by William McColl with the Philadelphia String Quartet

Performed by William McColl with the Philadelphia String Quartet

Performed by William McColl with the Philadelphia String Quartet

Performed by William McColl with the Philadelphia String Quartet

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。


五重奏の草稿[編集]

モーツァルトはこの作品のほかに、クラリネットを含む五重奏の断片をいくつか遺しており、補筆・演奏されることがある。

  • K.Anh.88 (581a) 断章 イ長調
  • K.Anh.89 (516e) ロンド 変ホ長調
  • K.Anh.90(580b) アレグロ ヘ長調 クラリネット、バセットホルン、弦楽三重奏の編成。
  • K.Anh.91(516c) アレグロ 変ロ長調 演奏機会は比較的多い。
  • K.516d ロンド 変ホ長調

参考文献[編集]

『作曲家別名曲解説ライブラリー モーツァルト<2>』音楽之友社、2007

オスカール・クロル、ディートルルト・リーム編、大塚精治・玉生雅男共訳『クラリネット・ハンドブック』音楽之友社、1984

関連項目[編集]

外部リンク[編集]