五指山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 海南省 五指山
水満郷から望む海南島の最高峰・五指山
水満郷から望む海南島の最高峰・五指山
旧称:通什
五指山の位置
五指山の位置
簡体字 五指山
繁体字 五指山
拼音 Wŭzhǐshān
カタカナ転記 ウーヂーシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
海南
行政級別 県級市
建市
市委書記
市長
面積
総面積 1,129 km²
人口
総人口() 11 万人
経済
電話番号
公式ウェブサイト http://www.wzs.gov.cn/

五指山市(ごしざん-し)は中華人民共和国海南省に位置する県級市海南島の中央部から南に寄った高原地帯に位置する。海口から三亜の間を結ぶ内陸の道路の途中にある。黎族および苗族の多い地域で、その人口が漢族に匹敵する。

かつては通什市(つうじゅう-し)の名で知られていた。「通什」は、黎語で「肥沃な谷」をあらわすトンザ(Tonza)に由来するが、海南島最高峰の五指山(標高1,867m)があることから五指山市に改名された。五指山は五本の手指のように峰が伸びており、海南島の大きな川がここから四方へ発している。中でも海南島最大の川・万泉河はここから東へ流れている。

経済[編集]

熱帯の果物を栽培する農業林業のほか、高峰・五指山や黎族・苗族の村をめぐる観光業が盛ん。

行政区画[編集]

4鎮、3郷を管轄する。

  • 鎮:通什鎮、南聖鎮、毛陽鎮、番陽鎮
  • 郷:暢好郷、毛道郷、水満郷

外部リンク[編集]