中央大学杉並高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央大学杉並高等学校
Chuo University Suginami High School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人中央大学
設立年月日 1963年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13679E
所在地 167-0035
東京都杉並区今川二丁目7番1号
北緯35度42分59.0秒東経139度36分28.7秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

中央大学杉並高等学校(ちゅうおうだいがくすぎなみこうとうがっこう)は、東京都杉並区今川二丁目にある私立高等学校略称は「中杉」(ちゅうすぎ)。

概要[編集]

1963年4月、目白中学を母体とする中央大学杉並高等学校(現・中央大学附属中学校・高等学校)が小金井に移転後、その校舎と名称を継承し「杉並高校改組委員会」委員長の中央大学文学部教授・鈴木俊を初代校長に迎えて新たに男女別学(男子部と女子部の併設)の高等学校として開設された、中央大学附属学校である。1992年入学の30期生からは男女共学へと移行している。

1学年340名ほど、全校生徒は1000人ほど。毎年中央大学には95%ほどの生徒が進学する。文系理系の振り分けは3年時に行なわれ、文系の生徒は理工学部推薦されない。また、3年次の自由選択科目(6単位)を履修しないと、中央大学へ推薦されない(放棄とみなされる)。法学部には毎年100人弱が推薦される。また、国公立大学(全学部)と私立大学(中央大学にない学部・学科・コース)は中央大学と併願して受験できるが、入学金は前納であり、また他大学受験に失敗した場合は必ず中央大学に進学しなければならない。

姉妹校として、中央大学の附属校の中央大学附属中学校・高等学校(小金井市)、中央大学高等学校(文京区)および中央大学附属横浜中学校・高等学校(横浜市)がある。またオーストラリアのユニティ・カレッジも姉妹校協定を結んでいる。

制服1991年度入学生から、文化勲章受章者の森英恵がデザインしたもの(男女ともブレザー)に改定されている。旧制服は男子が詰襟、女子はスーツのスタイルであった。

正面玄関上に、テミス像が設置されている。

沿革[編集]

  • 1963年 - (旧)中央大学杉並高等学校(現・中央大学附属中学校・高等学校)の校地を継承し、新たに男子部・女子部からなる(新)中央大学杉並高等学校が開校。
  • 1992年 - 完全共学化。

部活動[編集]

数多くの部活動・同好会がある。特に男女バレーボール部、ボート部は強豪である。

組織・人事[編集]

  • 学校長 岩下武彦
  • 教育目標 真・善・美

交通[編集]

主な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]