上ノ薗公秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上ノ薗 公秀(うえのその きみひで、1968年昭和43年)7月13日 - )は、大阪府出身のラジオディレクター放送作家。大阪を中心に、噺家漫才師が出演するラジオ番組演出や構成を担当している。大阪市阿倍野区出身で住吉区育ち。大阪学院大学経済学部卒。「バツイチ」で前妻との間に娘が1人いるが、現在は再婚し、既婚者である。 血液型はO型。

来歴[編集]

  • 小学生時代は近所で「神童」と呼ばれ、生徒会長を務めていた。
  • 好きな大相撲力士は増位山太志郎(現・歌手)。増位山が新曲のプロモーションで『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』の「今日のスペッシャル」(2014年10月17日放送分)にゲスト出演した際には、radikoにおける同番組の放送内容に「上の空P憧れ! ゲストは増位山太志郎!」と書かれてあった。
  • 落研出身。高座名は「恋枝亭愛志(こいしてい いとし)」。しかし、あだ名は「ちんねん」と呼ばれる。大学時代を知る業界人は、今でも彼を「ちんねん」と呼んでいる。命名理由は不明。
  • 特技は落研時代に取得した「を捕まえる動き」。
  • 大学3回生だった1989年平成元年)夏、噺家になることを前提に、桜橋時代のラジオ大阪前説や雑用のアルバイトを始める。
  • 同じく大学3回生のとき、朝日放送主催の「大学対抗爆笑マッチ」に出場。
  • 1990年(平成2年)朝日放送スポーツ部でADのアルバイトを始める。
  • 毎日放送素人名人会」に出演し、自慢の落語を披露するも、審査員であった桂小文枝まで伝わらず「名人賞」を逃したために、噺家を諦め、1991年(平成3年)、番組制作会社に入社。
  • 2001年(平成13年)4月、フリーランスとなるが、2009年(平成21年)4月より朝日放送のグループ会社エー・ビー・シーメディアコムに入社した。
  • 2011年から「森のその」で共演していた構成作家・モリワキナオシと大阪・十三の劇場「シアターセブン」にて、「ウエノソノ&モリワキのやってみんと」というタイトルのトークイベントを毎月1回開いている。

担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

外部リンク[編集]