ヴェイパーロック現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴェイパーロック現象 (ヴェイパーロックげんしょう、vapor lock) とは、自動車フットブレーキ過熱した際、伝達経路である液圧系統内部に蒸気 (=vapor)による気泡が生じ、そのために力が伝わらなくなることをいう。この状態でブレーキペダルを踏んでもブレーキは効かない。

エンジン燃料系にも起こる。燃料をエンジンに送り込むパイプ内に気泡が入り、燃料がエンジンに送り込まれなくなる。

一般的に「ベーパーロック」と表記される場合が多い。

概要[編集]

これは、自動車などのブレーキに採用されている、液圧式ブレーキではある程度避けられない現象で、強い、または長い制動での際に発生する。ブレーキに使われている摩擦材が持った熱の冷却が間に合わずにブレーキキャリパ(ブレーキディスクをはさみこんで摩擦を発生させる部品)が加熱し、制動力を伝達するブレーキフルードの一部が沸騰してしまい、ブレーキ配管内に気泡(蒸気)が発生することによって起こる。

液体はほとんど圧縮されないため効率良く圧力を伝えることができるが、気体体積が無くなるまで容易に圧縮されるため、ブレーキペダルを踏んでも、ブレーキの液圧系統内部の気泡を潰すだけで、ブレーキ液の圧力はほとんど変化しない。これは、蒸気圧温度関数であって体積の関数ではないことによる。そのため、ブレーキペダルからの力がブレーキキャリパまで伝わらなくなり、結果としてブレーキが効かなくなる。この状態を、ヴェイパーロック現象と呼ぶ。症状としては、それまで踏み応えのあったブレーキペダルに反力が無くなり、数回ポンピングしても制動力が立ち上がらない状況となる。

ヴェイパーロックは、主に、高速域での強いブレーキングや、長い下り坂でのフットブレーキの使用過多により発生する。フットブレーキを解除することで、多くの場合は、走行風により冷却され、やがて回復する。長い下り坂などでは、あらかじめ速度を落とすことや、低めのギアを選び、エンジンブレーキ回生ブレーキや、その他の補助ブレーキ(排気ブレーキリターダ)による制動を効果的に利用することで、フットブレーキへの依存度が低くなり、ヴェイパーロックを予防できる。

予防[編集]

エンジンブレーキの使用[編集]

主に、長い下り坂でのフットブレーキの使用過多により発生することから、エンジンブレーキによる制動を効果的に使用することで予防できる。マニュアル(MT)車では、アクセルを緩めることで自然にエンジンブレーキによる制動力が発生するためにヴェイパーロックは起こり難いが、オートマチック(AT)車では、アクセルを緩めても速度や道路の状態によっては自動的に(高いギアへの)変速が起きるためにエンジンブレーキが利きにくく、ヴェイパーロックが発生し易い。しかしながら、スイッチによりオーバードライブへの変速を阻止したり、セレクタを「ドライブ」(D)から、より低い「セカンド」(2)や「ロー」(L)などのポジションへ合わせたりすることで、エンジンブレーキを利かせることは可能である。

ブレーキ液の交換[編集]

ブレーキフルードは吸湿性が非常に高く、水分を含むと沸点が著しく下がり(DOT3のフルードは良い状態で沸点が200℃以上であるが、水分を含むにつれ、限りなく140℃に近づいていく)、それほど強いブレーキングでなくてもヴェイパーロックが発生しやすく、その後も気泡が消えにくくなるため、ブレーキ力が回復しない。それを避けるため、走行距離が少なくても定期的にフルードを交換する必要がある。

また、DOT3に比べDOT4、さらにDOT5など、より沸点の高いブレーキフルードほど水分による影響を受けやすく、性能の低下も大きくなるため、交換周期に気を配る必要がある。

対処[編集]

長い下り坂でヴェイパーロックが起こったときの、現実的な対応方法は、

  1. エンジンのオーバーレブ(過回転)に注意し、変速機ギアを段階的に下げ(シフトダウンし)、エンジンブレーキにより徐々に速度を抑える。MTの場合は長めの半クラッチで、エンジンや駆動系への過大な入力と駆動輪の無用なロックを防ぐ。ATの場合は、内部機構を保護する目的で設定速度以上での低いギアへの手動変速を受け付けないため、以下の方法で速度を落とした後にシフトダウンする。
  2. ハンドブレーキを併用する。(一気に引くとタイヤロックが起きてスリップの原因になるので少しずつ引く。)
  3. この間、フットブレーキへの依存を止め、しばらく冷却し、回復を待つ。

などがあり、最終手段としては、道路沿いに設置されている待避所へ突入させるなどの物理的な方法により自動車を停止させる。 普通自動車ではガードレールなどにすり寄せて緊急に停止させることは可能だが、二輪車ではガードレールへの接触は危険なので、待避所などへの突入の方がよい。

また、主にモータースポーツ用途向けに、吸湿性の無いシリコーン系のブレーキフルードがあるが、高価なうえにシール類を痛めるため、一般の市販車にそのまま用いるには難点がある。

関連項目[編集]