ロードサイド・アトラクションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Roadside Attractions
業種 映画配給・制作
設立 2003
本部 ロサンゼルス
所有者 Eric d'Arbeloff, Howard Cohen
ウェブサイト roadsideattractions.com

ロードサイド・アトラクションズ(Roadside Attractions)は、2003年に設立されたアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにある映画配給会社[1]、自主製作映画の配給に特化している。 2007年、 ライオンズゲートに少額の出資金で買収された[2][3]


おもな配給作品。[編集]

特記がない限りはすべてロードサイド・アトラクションズ単独の配給である。

公開年 作品名
原題
監督 受賞歴 備考
1999 トリック
Trick
ジム・フォール 制作
2001 en:Lovely & Amazing ニコール・ホロフセナー 制作
2003 リメンバー・ミー en:Remember Me, My Love ガブリエレ・ムッチーノ 北米での配給を担当
2004 スーパーサイズ・ミー
Super Size Me
モーガン・スパーロック アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート
ウォーク・オン・ウォーター
Walk on Water
エイタン・フォックス 北米での配給をen:Samuel Goldwyn Filmsと共同で担当
en:What the Bleep Do We Know!? en:William Arntz
Betsy Chasse
Mark Vicente
ラヴェンダーの咲く庭で
Ladies in Lavender
チャールズ・ダンス
2005 en:The Puffy Chair ジェイ・デュプラス
マーク・デュプラス
en:Pretty Persuasion マルコス・シーガ
en:Sarah Silverman: Jesus is Magic リアム・リンチ
Wah-Wah リチャード・E・グラント
en:Boynton Beach Club スーザン・シーデルマン
名犬ラッシー
Lassie
チャールズ・スターリッジ
2006 恋愛依存症
en:Come Early Morning
ジョーイ・ローレン・アダムス
Sleeping Dogs Lie ボブキャット・ゴールドスウェイト
クライシス
en:Right at Your Door
クリス・ゴラック
グアンタナモ、僕達が見た真実
The Road to Guantánamo
マイケル・ウィンターボトム
Mat Whitecross
en:Colma: The Musical Richard Wong
ロンリーハート
Lonely Hearts
トッド・ロビンソン
ゾンビーノ Fido アンドリュー・カリー
落下の王国
The Fall
ターセム・シン
Bella Alejandro Gomez Monteverde
アメイジング・グレイス
Amazing Grace
Michael Apted 製作・配給
2007 Starting Out in the Evening Andrew Wagner
Chicago 10 Brett Morgen
女性鬼
Teeth
ミッチェル・リヒテンシュタイン
Trade Marco Kreuzpaintner 製作・配給
キャラメル
Caramel
ナディーン・ラバキー
en:Before the Rains Santosh Sivan
en:Battle for Terra Aristomenis Tsirbas
en:Everybody Wants to Be Italian ジェイソン・トッド・イプソン
2008 en:The Golden Boys ダニエル・アダムズ
ハウス
House
ロビー・ヘンソン
I.O.U.S.A. パトリック・クリードン
en:CSNY/Déjà Vu Bernard Shakey
Benjamin Johnson
それぞれの空に
The Lucky Ones
ニール・バーガー 製作・配給
Garden Party Jason Freeland
Beer for My Horses en:Michael Salomon
グッバイ ソロ
en:Goodbye Solo
Ramin Bahrani
en:The Stoning of Soraya M. サイラス・ナウレステ 製作・配給
2009 Alien Trespass R・W・グッドウィン
ファッションが教えてくれること
The September Issue
R・J・カトラー
Mystery Team Dan Eckman
フィリップ、きみを愛してる!
I Love You Phillip Morris
グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
グッド・ヘアー アフロはどこに消えた?
Good Hair
ジェフ・スティルソン
精神科医ヘンリー・カーターの憂欝
Shrink
ジョナス・ペイト 製作・配給
プリンセス・カイウラニ
Princess Kaiulani
マーク・フォービー
最強のきずな
Happy Tears
ミッチェル・リヒテンシュタイン
en:From Mexico with Love Jimmy Nickerson
en:Super Capers Ray Griggs
ザ・コーヴ
The Cove
ルイ・シホヨス アカデミー長編ドキュメンタリー部門受賞
The Good Guy Julio DePietro
幸せがおカネで買えるワケ
The Joneses
デリック・ボルテ
2010 ウィンターズ・ボーン
Winter's Bone
デブラ・グラニク アカデミー作品賞、主演女優賞(ジェニファー・ローレンス)、助演男優賞(ジョン・ホークス)、脚色賞(Debra Granik, Anne Rosellini)ノミネート
クリス・ヘムズワース CA$H
Ca$h
スティーヴン・ミルバーン・アンダーソン
BIUTIFUL ビューティフル
Biutiful
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ アカデミー外国語映画賞および主演男優賞(ハビエル・バルデム)ノミネート 北米での配給
Everything Must Go Dan Rush
声をかくす人
The Conspirator
ロバート・レッドフォード
Cool It オンディ・ティモナー
Immigration Tango David Burton Morris
2011 Circumstance Maryam Keshavarz 8月26日にて劇場公開
アルバート氏の人生
Albert Nobbs
ロドリゴ・ガルシア アカデミー主演女優賞( グレン・クローズ)、助演女優賞(ジャネット・マクティア)、メイクアップ賞ノミネート
en:The Music Never Stopped Jim Kohlberg
the Future ザ・フューチャー
The Future
ミランダ・ジュライ
プロジェクト・ニム
Project Nim
ジェームズ・マーシュ
マージン・コール
Margin Call
J・C・チャンダー アカデミー脚本賞ノミネート
2012 en:Friends with Kids Jennifer Westfeldt
Blue Like Jazz Steve Taylor
ソルジャーズ・アイランド
Soldiers of Fortune
マキシム・コロスティシェフキー
en:30 Beats Alexis Lloyd
ブランデッド
Branded
ニコラス・ジャレッキー
キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け
Arbitrage
ニコラス・ジャレッキー
Escape Fire: The Fight to Rescue American Healthcare Susan Fromke, Matthew Heinemann
ザ・ベイ
The Bay
バリー・レヴィンソン
2013
ミッドナイト・ガイズ
Stand Up Guys
フィッシャー・スティーヴンス
終戦のエンペラー
Emperor
ピーター・ウェーバー
MUD -マッド-
Mud
Jジェフ・ニコルズ
Much Ado About Nothing Joss Whedon
物語る私たち
en:Stories We Tell[4]
サラ・ポーリー
ハミングバード
Redemption
スティーヴン・ナイトt
en:Girl Most Likely Shari Springer Berman and Robert Pulcini
私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望
en:In a World...
レイク・ベル
恋人はセックス依存症
en:Thanks for Sharing
スチュアート・ブルムバーグ
en:Grace Unplugged Brad J. Silverman
オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜
All Is Lost
J・C・チャンダー アカデミー音響編集賞ノミネート
2014 Gimme Shelter Ron Krauss
グロリアの青春
Gloria
セバスティアン・レリオ
Barefoot アンドリュー・フレミング
en:In Secret Charlie Stratton
Blood Ties ギヨーム・カネ
Joe デヴィッド・ゴードン・グリーン
Life of Crime[5] Daniel Schechter

脚注[編集]

外部リンク[編集]