フィリップ、きみを愛してる!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ、きみを愛してる!
I Love You Phillip Morris
監督 グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
脚本 グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
原作 スティーヴ・マクヴィカー
製作 アンドリュー・ラザー
ファー・シャリアット
製作総指揮 リュック・ベッソン
出演者 ジム・キャリー
ユアン・マクレガー
音楽 ニック・ウラタ
撮影 ハビエル・ペレス・グロベット
編集 トーマス・J・ノードバーグ
製作会社 ヨーロッパ・コープ
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年1月18日SFF
フランスの旗 2010年2月10日
日本の旗 2010年3月13日
上映時間 100分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $20,722,843[1]
テンプレートを表示

フィリップ、きみを愛してる!』(原題: I Love You Phillip Morris)は、2009年アメリカフランス映画。主演はジム・キャリーユアン・マクレガー。製作総指揮はリュック・ベッソン第62回カンヌ国際映画祭監督週間部門、第25回サンダンス映画祭プレミア部門出品作品。

ストーリー[編集]

スティーブン・ラッセル(ジム・キャリー)は、生後間もなくに養子に出され、養父母の元で育てられた。成長してバージニアビーチの警察官になった彼は、警察の情報網を利用して実母の居場所を捜索。ようやく見つけだした母の元へ会いに行くが、そこで彼は拒絶されてしまう。その日スティーブンは警官を辞め、妻と娘を連れてテキサスへ引っ越す。食品会社(Sysco)に就職し、家族と幸せに暮らしていたがある夜、自動車事故に遭って重傷を負う。命を失いかけたスティーヴンは心機一転、自分に正直に生きることを決意する。実は彼は、ゲイであった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
スティーヴン・ラッセル ジム・キャリー 藤原啓治
フィリップ・モリス ユアン・マクレガー 森川智之
デビー・ラッセル(スティーブンの元妻) レスリー・マン 石津彩
ジミー・ケンプル ロドリゴ・サントロ 神奈延年
リンホルム アントニー・コローネ 菅生隆之

作品解説[編集]

この映画はIQ169の天才詐欺師スティーヴン・ラッセルの実話をもとに作られた。現在スティーヴンは総刑期167年でテキサスの刑務所に収監、23時間の監視状態に置かれている[2]。彼は学歴詐称でNAMM(北米医療管理法人)のCFOとなり、$800,000 を着服するなど複数の詐欺で逮捕歴がある。また4回の脱獄歴があり、脱獄キング(King of Cons)、フーディーニ(脱出術を得意とする奇術師)と呼ばれていた。

商品[編集]

  • 『フィリップ、きみを愛してる!』 (DVD), 2010年, ASIN:B003WTHOZA
  • ダンス・ホール・デイズ(フィリップ、きみを愛してる!)(音楽), 2010年, ASIN:B004GJGPYG
  • 『フィリップ、きみを愛してる!』×galaxxxy コラボレーションTシャツ[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]