ロンドン (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS London tow.jpg
艦歴
発注
起工 1926年2月23日
進水 1927年9月14日
就役 1929年1月31日
退役
その後 1950年1月3日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 基準:9,750トン
満載:13,315トン
全長 633ft (193 m)
全幅 66 ft (20.1 m)
吃水 21 ft (6.4 m)
機関 アドミラリティ三胴式重油専焼水管缶 8基、パーソンズ式オール・ギヤードタービン 4基、80,000shp、4軸推進
最大速力 32 ノット
航続距離 9,120 海里/12 ノット
乗員 784名
兵装 Mark VIII 20.3cm 連装砲 4基
Mark V 10.2cm 単装高角砲 4基
2ポンド 4連装ポムポム砲 2基
12.7mm 4連装機銃 2基
53.3cm 4連装魚雷発射管 2基
搭載機 スーパーマリン ウォーラス 1機
カタパルト 1基

ロンドン (HMS London, 69) は、イギリス海軍重巡洋艦カウンティ級(ロンドン級)

艦歴[編集]

1926年2月23日起工。1927年9月14日進水。1929年1月31日竣工。第1巡洋艦戦隊に所属。第二次世界大戦開戦時は改装工事中であった。この工事は1941年2月に完了し、大西洋ジブラルタルへ向かう空母フューリアスの護衛、ドイツ戦艦ビスマルクの捜索、船団護衛などに従事した。1941年6月にはドイツの補給船捜索にあたり、3隻を発見した。

1941年9月から10月にかけてソ連から戻るQP1船団を護衛し、それから修理に入った。修理完了後も1942年中は主に北方で哨戒や船団護衛に従事した。

1944年になると東洋艦隊に加わり、インド洋で多くの作戦に参加した。

戦後は一時香港に配備された。1950年にスクラップとして売却され解体された。

外部リンク[編集]