ロングモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロラド州ロングモント市
—    —
ロングモント安全・司法センター
位置図
座標: 北緯40度10分18秒 西経105度6分33秒 / 北緯40.17167度 西経105.10917度 / 40.17167; -105.10917
アメリカ合衆国
コロラド州の旗 コロラド州
[1] ボルダー郡
ウェルド郡
建設 1871年
市制施行 1885年11月15日[2]
命名 スティーブン・ハリマン・ロングとロングス山から
行政
 - 種別 自治市[1]
 - 市長 ブライアン・L・ボーム
面積
 - 計 21.8mi2 (56.4km2)
 - 陸地 21.8mi2 (56.4km2)
 - 水面 0mi2 (0km2)
標高[3] 4,984ft (1,519m)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 86,270人
 - 人口密度 3,261.1人/mi² (1,260.5人/km²)
等時帯 山岳部標準時 (UTC-7)
 - 夏時間 山岳部夏時間 (UTC-6)
ZIPコードs[4] 80501-80504
市外局番 303と720
FIPSコード 08-45970
地名情報システムID 0202560
主要幹線道路 国道287号、州道66号、州道119号
ウェブサイト www.ci.longmont.co.us

ロングモント: Longmont)は、アメリカ合衆国コロラド州にある自治市。

州都デンバーから北北西に50km、ボルダー郡郡庁所在地であるボルダーの北東に位置し、州北部のボルダー郡とウェルド郡にまたがる。市街から山容をはっきりと望めるロングス山が市名の由来で、「モント」とはフランス語で「山」を意味する。この山は探検家のスティーブン・H・ロングにちなみ名づけられた。2010年現在の人口は8万6270人で、州内で13番目に多い。近年は閑静な住宅地として人口も急増している。

2006年6月にはNPO団体のナショナル・シビック・リーグから「アメリカ全国都市賞」を受賞、2008年にもマネー・マガジンの「アメリカの住みよい街トップ100」に選出された[5]

歴史[編集]

1871年にイリノイ州シカゴからの一団によって建設された。当初はシカゴ=コロラド植民地と呼ばれ、町は町民権を売って得た金で土地を購入していった。街区は1マイル間隔の碁盤目状に整備された。1877年にコロラド中央鉄道が通じてからは農業が盛んになった。1940年代に入ると市域が拡張されはじめ、1960年代には連邦政府が航空管制センターを、IBMが大規模工場をそれぞれ建設した。シーゲイト・テクノロジーマックストアといったハードドライブ関連企業が誘致され、IT産業が盛り上がる一方、農業は衰退した。2009年4月にはGEエナジー・インフラストラクチャがコントロール・ソリューション事業をこの市に遷した。メインストリート沿いのダウンタウンは1980年代に一旦寂れたが、近年鮮やかな復活を遂げた。1990年代半ばには建築家のアンドレス・ダーニーによって、南の街外れがコロラド州で初のニューアーバニズム計画地(プロスペクト・ニュー・タウン)に選ばれた。

教育[編集]

高等教育機関としてはレジス大学やフロント・レンジ・コミュニティ・カレッジがあるが、2010年9月にはビジネス・アンド・メディカル・キャリアーズ研究所がキャンパスを開校、ビジネスや医療職を志す学生に職業訓練とキャリアサポートの場を提供しはじめた[6]。ブルーム・モンテッソーリ・スクールなど、私学も多い。

地理[編集]

国勢調査局によると、市の総面積は56.5平方キロ(21.8平方マイル)で、うち56.4平方キロ(21.8平方キロ)が陸地、0.05%を水域が占める。標高はメインストリートとセントブレーン川との交点で1525m。国道287号線でデンバーに通勤する人が多く、2016年までには通勤用のファストラックス鉄道が延伸予定である。

交通[編集]

リージョナル・トランスポーテーション・ディストリクト (RTD) の圏内で、デンバーやボルダー間にローカルバスやリージョナルバスが運行されている。圏外でもフォート・コリンズやラブランド、バートフードにバスが通じている。

メディア[編集]

日刊紙にロングモント・タイムズ=コールが、ローカルラジオ局にKRCN、KGUD、KKFNがある。

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1880 773
1890 1,543 99.6%
1900 2,201 42.6%
1910 4,256 93.4%
1920 5,843 37.3%
1930 6,029 3.2%
1940 7,406 22.8%
1950 8,099 9.4%
1960 11,489 41.9%
1970 23,209 102.0%
1980 42,942 85.0%
1990 51,555 20.1%
2000 71,093 37.9%
2010 86,270 21.3%
アメリカ合衆国国勢調査

2000年国勢調査[7]によると、この市には7万1093人の2万6667世帯、1万8453家族が暮らしている。人口密度は1平方キロあたり1259.7人で、平方マイルに換算すると3262.3人となる。住居数は2万7394軒で、1平方キロあたりに485.4軒(1平方マイルあたりでは1257.0軒)が建っている計算になる。住民のうち白人が84.76%、アフリカ系が0.54%、先住民系が0.97%、アジア系が1.76%、太平洋諸島系が0.06%、その他の人種が9.76%、混血が2.2%を占めており、ヒスパニック(ラテン系)の割合は19.07%である。

2万6667世帯のうち36.9%は18歳以下の子供と暮らしており、54.6%は夫婦で生活している。10.1%は未婚の女性が世帯主であり、30.8%は家族以外の住人と同居している。23.7%の世帯が単身で、7.3%を独居老人が占める。1世帯あたりの平均構成人数は2.64人、家庭の構成人数は3.15人である。

住民のうち27.9%が18歳以下の未成年、8.5%が18歳以上24歳以下、33.1%が25歳以上44歳以下、21.3%が45歳以上64歳以下、9.2%が65歳以上となっており、平均年齢は34歳である。女性100人に対し男性が97.9人いる一方、18歳以上の女性100人ごとに対しては95.6人いる。

一世帯あたりの平均収入は5万1174米ドルで、家族あたりでは5万8037米ドルである。男性の平均収入は4万978米ドル、女性の平均収入は2万9582米ドルで、労働者でない人々も含めた住民一人当たりの収入は2万3409米ドルとなる。総人口の7.8%、家族の5.9%、18歳以下の子どもの10.6%、および65歳以上の老人の6.2%は貧困線以下の収入で生計を立てている。

経済[編集]

ダウンタウン
ダウンタウン

ロングモント区経済委員会によると[8]、市内の主要11雇用主は以下の通りである。

  1. セントブレーン・バレー・スクールズ(地元の学区)- 4875人
  2. ロングモント共同病院 - 1282人
  3. シーゲイト・テクノロジー - 1160人
  4. ロングモント市 - 814人
  5. アムジェン -789人
  6. イントレード - 762人
  7. 連邦航空局 - 540人
  8. DigitalGlobe - 437人
  9. マクレーン・ウェスタン - 425人
  10. バターボールLLC(旧称:コナグラ) - 381人[9]

ゆかりの人物[編集]

歴代市長[16][編集]

中央長老派教会
公共図書館
市街の西にある湖
舞台芸術センター
1881年に建てられた聖ステファノ教会。現在はセントブレーン歴史協会の建物である
氏名 在任期間
L・H・ディクソン 1881-1885
ジョージ・T・デール 1885-1887
チャールズ・H・ベーカー 1887-1888
ジョン・B・トンプソン 1888-1889
アイラ・L・ヘロン 1889-1890
フランク・スティックニー 1890-1892
ジョン・A・バックリー 1892-1894
ニール・C・サリバン 1894-1896
ジョージ・W・コフィン 1896-1897
ウィリス・A・ワーナー 1897-1898
フランク・M・ダウナー 1898-1899
フランク・M・ミラー 1899-1901
ジョン・A・ドノバン 1901-1903
サミュエル・C・モーガン 1903-1905
チャールズ・A・ブラッドリー 1905-1909
フランク・P・セカー 1909-1911
ラー・H・キテリー 1911-1921
ジェームズ・F・ヘイズ 1921-1927
フレッド・W・フランダース 1927-1929
アール・T・ラドロー 1929-1931
レイ・ラニオン 1931-1943
フレッド・C・ファーガソン 1943-1947
ジョージ・A・リチャート 1947-1949
オットー・F・ブリエット 1949-1957
リチャード・C・トロクセル 1957-1959
アルバート・ウィル 1959-1961
ラルフ・R・プライス 1961-1969
アレクサンダー・ズラテン 1969-1971(代行)
ウェード・ガディス 1971-1973(代行)
オースティン・P・ストーンブレーカー 1973-1974
アルビン・G・ペレニー 1975-1977
ジョージ・F・チャンドラー 1977(代行)
E・ジョージ・パターソン・ジュニア 1977-1979
ロバート・J・アスキー 1979-1981
ウィリアム・G・スウェンソン 1981-1985
ラリー・バークハルト 1985-1987
アルビン・E・スウェニー 1987-1989
フレッド・ウィルソン 1989-1993
レオナ・ストッカー 1993-2001
ジュリア・パーナック 2001-2007
ロジャー・ランジ 2007-2009
ブライアン・L・ボーム 2009-

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Active Colorado Municipalities”. State of Colorado, Department of Local Affairs. 2007年9月1日閲覧。
  2. ^ Colorado Municipal Incorporations”. State of Colorado, Department of Personnel & Administration, Colorado State Archives (2004年12月1日). 2007年9月2日閲覧。
  3. ^ US Board on Geographic Names, United States Geological Survey, (2007-10-25), http://geonames.usgs.gov 2008年1月31日閲覧。 
  4. ^ ZIP Code Lookup (JavaScript/HTML)”. United States Postal Service. 2007年11月15日閲覧。
  5. ^ Best places to live 2008 – Top 100 City details: Longmont, CO – from MONEY Magazine”. CNNMoney.com (2008年8月). 2009年5月2日閲覧。
  6. ^ IBMC Purpose
  7. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  8. ^ Longmont Area Economic Council (2009年10月). “LONGMONT AREA TOP EMPLOYERS (PDF)”. 2010年8月25日閲覧。
  9. ^ Wallace, Alicia (2008年6月28日). “Butterball cuts 209 jobs in Longmont”. Daily Camera. 2009年2月15日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ Astronaut Bio: V.D. Brand”. National Aeronautics and Space Administration (2008年4月). 2009年5月7日閲覧。
  11. ^ Looking back at Colorado's best”. Denver Post (2006年11月30日). 2010年8月25日閲覧。
  12. ^ KELSO, John Russell”. Biographical Directory of the United States Congress. 2010年8月25日閲覧。
  13. ^ Longmont's Pauley gets first win, Mariners beat Indians”. Daily Camera (2010年8月14日). 2010年8月25日閲覧。
  14. ^ The Kooky MonsterThe Age, March 13, 2008. Retrieved on May 16, 2008.
  15. ^ Evans, Clay (2007年2月7日). “Myth and madness in the frozen north”. Boulder Daily Camera. http://www.dailycamera.com/archivesearch/ci_13073336 2010年2月19日閲覧。 
  16. ^ Mayors of Longmont since 1881”. City of Longmont (2007年11月13日). 2009年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]