エルバート郡 (コロラド州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯39度35分 西経104度46分 / 北緯39.583度 西経104.767度 / 39.583; -104.767

コロラド州エルバート郡
エルバート郡の位置を示したコロラド州の地図
郡のコロラド州内の位置
コロラド州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1874年2月2日
郡名の由来 サミュエル・ヒット・エルバートから
郡庁所在地 カイオワ
最大都市 エリザベス
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

4,794 km2 (1,851 mi2)
4,794 km2 (1,851 mi2)
0 km2 (0 mi2), 0.01%
人口
 - (2000年)
 - 密度

19,872人
4人/km2 (11人/mi2)
標準時 山岳部: UTC-7/-6
ウェブサイト www.elbertcounty-co.gov

世界 > 北アメリカ > アメリカ合衆国 > コロラド州 > エルバート郡

エルバート郡: Elbert County)は、アメリカ合衆国コロラド州にある。州にある郡のなかで21世紀になって最も人口が増えた。2000年時点での人口は19,872人で、郡庁所在地はカイオワ (Kiowa) 。

エルバート郡は、地方にあるにもかかわらずデンヴァー=オーロラ=ブルームフィールド大都市統計地域やデンヴァー=オーロラ=ボールダー連立統計地域のなかに入っている。

歴史[編集]

エルバート郡は1874年2月2日に、ダグラス郡の東部が独立して設立された。しかし、そのわずか4日後に隣接していたグリーンウッド郡が解散されたため、その郡の北部を編入して面積はさらに大きくなり、カンザス州との境界にまで達した。エルバートという名は、郡が設立された時にコロラド準州の知事を務めていたサミュエル・ヒット・エルバートに因んで名づけられた。1889年には郡の東部でリンカーン郡キットカーソン郡シャイアン郡がそれぞれ設立され、郡の面積は縮小して現在の大きさになった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局によると、この郡は総面積4,794 km² (1,851 mi²) である。このうち4,794 km² (1,851 mi²)が陸地で、0 km² (0 mi²) が海や湖などの水域である。総面積のうち0.01%が水域となっている。

隣接する郡[編集]

人口動静[編集]

2000年の時点での郡の人口ピラミッド
人口推移
人口 変動率
1900年 3,101
1910年 5,331 71.9%
1920年 6,980 30.9%
1930年 6,580 −5.7%
1940年 5,460 −17.0%
1950年 4,477 −18.0%
1960年 3,708 −17.2%
1970年 3,903 5.3%
1980年 6,850 75.5%
1990年 9,646 40.8%
2000年 19,872 106.0%
コロラド州の各郡の人口推移

2000年国勢調査[1]によると、エルバート郡には19,872人、6,770世帯、及び5,652家族が暮らしている。人口密度は4/km² (11/mi²) で、1/km² (4/mi²) の平均的な密度に7,113軒の住居が建っている。この郡の人種の構成は白人95.22%、黒人(アフリカ系アメリカ人)0.64%、先住民0.63%、アジア系0.37%、太平洋諸島系0.09%、その他の人種1.28%、及び混血1.76%で、3.85%の人々がヒスパニックまたはラテン系である。

エルバート郡に住む6,770世帯のうち、42.80%は18歳未満の子どもと暮らしており、75.10%は夫婦で生活している。5.70%は未婚の女性が世帯主であり、16.50%は家族以外の住人と同居している。12.20%は独居で、全世帯の3.10%は65歳以上の独居老人世帯である。1世帯あたりの平均人数は2.93人であり、家庭の場合は3.19人である。

郡の住民は30.20%が18歳未満の子どもで、18歳以上24歳以下が5.50%、25歳以上44歳以下が32.80%、45歳以上64歳以下が25.50%、および65歳以上が6.00%となっている。平均年齢は37歳である。女性100人ごとに対して男性は100.60人いて、18歳以上の女性100人ごとに対して男性は99.90人いる。

郡の世帯ごとの平均収入は62,480米ドルで、家族ごとでは66,740米ドルである。男性の45,329米ドルに対して女性は29,767米ドルの平均的な収入がある。この郡の一人当たりの収入 (per capita income) は24,960米ドルである。総人口の4.00%、家族の2.50%は貧困線以下である。18歳未満の子どもの4.60%及び65歳以上の4.50%は貧困線以下の生活を送っている。

都市および町[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]