ロバート・クイン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・クイン

Robert Quinn
セントルイス・ラムズ No. 94

Robert Quinn (American football).JPG
ディフェンシブエンド
生年月日:1990年5月18日(23歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サウスカロライナ州ラドソン
身長:6' 4" =約193cm 体重:265 lb =約120.2kg
NFLデビュー
2011年セントルイス・ラムズ
経歴
大学ノースカロライナ大学
NFLドラフト2011年 / 1巡目(全体の14番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
タックル     109回
QBサック     34.5回
ファンブルフォース     8回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ロバート・クイン(Robert Quinn 1990年5月18日- )はサウスカロライナ州ラドソン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLセントルイス・ラムズに所属している。ポジションはディフェンシブエンド

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校時代に54タックル(10ロスタックル)、5サック、21QBハリーの成績をあげた。高校3年時の2007年10月、脳にできた良性の腫瘍の切除手術を受けた[1]レスリングでもヘビー級で好成績をあげている。大学進学前の全米のディフェンシブエンドとしての評価はScout.comでは19位[2]、Rivals.comでは18位であった[3]

ノースカロライナ大学に進学した彼は、1年次の2008年には先発12試合を含む13試合に出場し、34タックル(6.5ロスタックル)、2サック、2ファンブルフォースの成績をあげた。この年カンファレンスで最も勇敢な選手に与えられる賞、ブライアン・ピッコロ賞を受賞、カンファレンスの最優秀新人守備選手の投票でも3位となった。

2年次の2009年には52タックル(19ロスタックル)、11サック[4]、6ファンブルフォースの成績をあげて、アトランティック・コースト・カンファレンスのファーストチーム及びCBSよりオールアメリカンセカンドチームに選ばれた[5]

3年次の2010年には、合計5,642ドル相当の宿泊費や宝石などの不正な供与を受けたとして、NCAAより資格停止処分を受けてシーズンを全休した[6]

NFLドラフト[編集]

2010年4月時点で、翌年のNFLドラフト1巡上位での指名が期待されていた彼は[7][8]、シーズン欠場後の2011年1月時点でも全体10位以内での指名が予想された[9]。ドラフトコンバインなどを経て次第に評価を下げた[10]

セントルイス・ラムズ[編集]

2011年のNFLドラフト1巡14位でセントルイス・ラムズに指名された。同年7月30日、4年間940万ドル(530万ドルの保証を含む)で契約を結び、長男の誕生を理由にトレーニングキャンプに1日遅れで参加した。9月19日のニューヨーク・ジャイアンツとのマンデーナイトフットボールでプロ初サックをあげた。10月30日のニューオーリンズ・セインツ戦では1サック及びパントブロックを行い、その週のNFC最優秀選手スペシャルチーム部門に選ばれた[11][12]。この年5サック、3パントブロックをあげるとともにパスラッシュでも優れた能力を見せた[13]

2012年7月10日、自動車事故を起こし、飲酒運転無免許運転の疑いで逮捕された[14]。10月4日、開幕から4連勝していたアリゾナ・カージナルス戦で3サックをあげて勝利に貢献した[15]

2013年アリゾナ・カージナルスとの開幕戦で3サック、2ファンブルフォースを記録[16]スポーツ・イラストレイテッドからその週の最優秀守備選手に選ばれた。第8週のシアトル・シーホークス戦ではクリス・ロングとともに3サックをあげた[17]。第16週のタンパベイ・バッカニアーズ戦でも3サックをあげて、シーズンのサック数を18まで伸ばし、ケビン・カーターが持っていたチーム記録(QBサックが公式記録となった1982年以降の記録)を更新した[18]。この年、プロボウルに選出され、チーム・ライスのキャプテンに指名された[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Heels' Quinn makes most of second chance”. ノースカロライナ大学 (2009年9月30日). 2012年7月22日閲覧。
  2. ^ Robert Quinn Profile”. scout.com. 2012年7月22日閲覧。
  3. ^ Robert Quinn Profile”. rivals.com. 2012年7月22日閲覧。
  4. ^ パット・カーワン (2011年4月26日). “守備ラインの1巡大量指名に警鐘を鳴らす理由とは”. NFL JAPAN. 2012年7月22日閲覧。
  5. ^ CBSSports.com 2009 All-America Team”. CBSスポーツ (2009年12月8日). 2012年7月22日閲覧。
  6. ^ Agent scandal costs UNC three players”. ESPN (2010年10月11日). 2012年7月22日閲覧。
  7. ^ Russ Landle (2010年4月26日). “Never too early: A first look at the first round of the 2011 NFL draft”. スポーティングニュース. 2012年7月22日閲覧。
  8. ^ Andrew Perloff (2010年4月27日). “(Way early) 2011 NFL Mock Draft”. スポーツ・イラストレイテッド. 2012年7月22日閲覧。
  9. ^ Don Banks (2011年1月27日). “2011 NFL Mock Draft 1.0”. スポーツ・イラストレイテッド. 2012年7月22日閲覧。
  10. ^ Don Banks (2011年3月9日). “2011 NFL Mock Draft 3.0”. スポーツ・イラストレイテッド. 2012年7月22日閲覧。
  11. ^ KR兼WRテイト、DEクインが受賞 週間MVPスペシャルチーム部門”. NFL JAPAN (2011年11月3日). 2012年7月22日閲覧。
  12. ^ Jim Thomas (2011年11月2日). “Quinn named NFC special teams player of the week”. stltoday.com. 2012年7月22日閲覧。
  13. ^ Dan Arkush (2011年12月28日). “Quinn remains a work in progress for Rams”. プロフットボールウィークリー. 2012年7月22日閲覧。
  14. ^ ラムズ、昨年のドラ1DEクインが飲酒運転で逮捕”. NFL JAPAN (2012年7月21日). 2012年7月22日閲覧。
  15. ^ ラムズ堅守で快勝、カーディナルスが今季初黒星”. NFL JAPAN (2012年10月5日). 2012年10月20日閲覧。
  16. ^ Zuerlein lifts Rams past Cardinals 27-24”. スポーツ・イラストレイテッド (2013年9月8日). 2013年12月23日閲覧。
  17. ^ シーホークス堅守で競り勝ち、ラムズを振り切る”. NFL JAPAN (2013年10月29日). 2013年12月29日閲覧。
  18. ^ Joe Lyons (2013年12月22日). “Rams boot Tampa Bay 23-13”. ST.LOUIS POST-DISPATCH. 2013年12月23日閲覧。
  19. ^ プロボウル、チーム・ライス 先発発表”. NFL JAPAN (2014年1月26日). 2014年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
サム・ブラッドフォード
セントルイス・ラムズ
ドラフト1巡指名選手

2011年
次代:
マイケル・ブロッカーズ