リッチー・カミューカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richie Kamuca
基本情報
出生名 Richard Kamuca
出生 1930年7月23日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
死没 1977年7月22日(満46歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カルフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル クール・ジャズ
ウエストコースト・ジャズ
職業 サックス奏者
担当楽器 テナー・サックス
アルト・サックス
バリトン・サックス
クラリネット
オーボエ
活動期間 1951-1977
レーベル キャピトル・レコード
パシフィック・ジャズ・レコード
モード・レコード
ハイファイ・レコード
コンテンポラリー・レコード
コンコード・レコード
共同作業者 スタン・ケントン
ウディ・ハーマン
チェット・ベイカー
アート・ペッパー
ビル・パーキンス
シェリー・マン
アニタ・オデイ

{{{Influences}}}

リッチー・カミューカRichie Kamuca、本名:Richard Kamuca1930年7月23日 - 1977年7月22日)は、アメリカ合衆国ジャズサックス奏者。1950年代から1970年代にかけてアメリカ西海岸およびニューヨークを中心に活動し、レスター・ヤングの影響下にある流麗な演奏スタイルで活躍した。1977年に癌のため46歳で死去。

経歴[編集]

リッチー・カミューカは、1930年7月23日ペンシルベニア州 フィラデルフィアに生まれる。カミューカはハイスクール在学中からテナー・サックスを始め、レスター・ヤングの演奏法を学んだ後、1951年にスタン・ケントン楽団に入団し、1953年まで在籍した。その後1954年から1955年までウディ・ハーマン楽団に在籍、1956年1月には初のリーダー録音をキーノート・レーベルに行なったが未発売に終わり、新たにパシフィック・ジャズ・レコードと契約。ケントン楽団やハーマン楽団在籍時代に共演したビル・パーキンスやチェット・ベイカー、ショーティ・ロジャースなどのレコーディングに参加する。

1957年、カミューカはモード・レコードと契約、同レーベルを代表する作品とも言われる、2作目のリーダー・アルバムとなった「リッチー・カミューカ・カルテット」をはじめ、ケントン楽団時代の同僚であったトロンボーン奏者のフランク・ロソリーノやドラマーのスタン・リーヴィーなどのレコーディングにも参加した。1957年末にはハイ・ファイ・レーベルと契約するとともに、ハワード・ラムゼイが率いるライトハウス・オールスターズに加わり、1958年まで在籍したのち、同年の暮れから1959年にかけて古巣のケントン楽団およびハーマン楽団に一時的に復帰した。

1959年、カミューカは西海岸を離れニューヨークに移住。ドラマーのシェリー・マンのグループに加わり、同グループがハウス・バンドを勤めていたジャズクラブ「シェリーズ・マン・ホール」などで1962年まで演奏活動を行なった。1963年からはギル・エヴァンスやゲイリー・マクファーランド、リー・コニッツなどのレコーディングに参加したのち、1969年から翌年にかけてサド・ジョーンズ・アンド・メル・ルイス・オーケストラにメンバーとして加わった。1972年には約12年ぶりに西海岸に戻り、ジェリー・マリガンやロイ・エルドリッジなどと仕事をする。

1975年、カミューカはコンコード・レコードと契約し、1977年にはほぼ20年振りとなるリーダー・アルバムを数枚発表する。そのうちチャーリー・パーカーに捧げられたアルバム「チャーリー」では全編アルト・サックスを演奏するなど、新しい試みにも挑んだが、ギタリストのマンデル・ロウと共演したアルバム「リッチー」を発表後の1977年7月22日、47歳の誕生日の前日に、カリフォルニア州 ロサンゼルスにて癌のため死去した。

演奏スタイル[編集]

リッチー・カミューカはレスター・ヤングの流麗な演奏スタイルの影響を受けたテナー・サックス奏者として知られ、その演奏は明るい音色で滑らかにスウィングするスタイルを中心にしており、スタンダード・ナンバーなどはあまり原曲のメロディを崩さずに吹くことが多い。カミューカはサイドメンもしくはセッション・ミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加し、数種類のサックスのほかにクラリネットオーボエなども演奏したマルチ・リード奏者であったが、リーダー録音が少なかったためか、同時代に活動したスタン・ゲッツなどに比べて知名度は劣るものの、リーダー・アルバムの「リッチー・カミューカ・カルテット」(1957年)を筆頭に、キャリアの最初期に在団していたスタン・ケントン楽団の「ニュー・コンセプツ・オブ・アーティストリー・イン・リズム」(1952年)や、サイドメンとして参加したビル・パーキンスの「テナーズ・ヘッド・オン」(1956年)、シェリー・マンの「ライブ・アット・ザ・マン・ホール」(1961年)など、多くのアルバムが高い評価を得ている。また、カミューカの愛奏曲としては、ジョン・クレナーとサミュエル・ルイスが1931年に共作したポピュラー・ソングの「ジャスト・フレンズ」などが知られている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • リッチー・カミューカ・カルテット (1957年) モード・レコード
  • ジャズ・エロティカ (1958年) ハイ・ファイ・レコード
  • ドロップ・ミー・オフ・イン・ハーレム (1977年) コンコード・レコード
  • チャーリー (1977年) 同上
  • リッチー・カミューカ (1977年) 同上
  • リッチー (1977年) 同上

参加アルバム[編集]