リチャード・ウィドマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ウィドマーク
Richard Widmark
リチャード・ウィドマークRichard Widmark
本名 Richard Weedt Widmark
生年月日 1914年12月26日
没年月日 2008年3月24日(満93歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1947年 – 1996年
配偶者 Jean Hazlewood (1942-1997)
Susan Blanchard (1999-2008)

リチャード・ウィドマークRichard Widmark1914年12月26日 - 2008年3月24日)は、アメリカ合衆国映画俳優

生涯[編集]

1914年12月26日ミネソタ州に生まれる。父親はスウェーデン系、母親はイングランドおよびスコットランド系[1]レイク・フォレスト大学で法律を学ぶ傍ら、演劇に熱中。卒業後しばらく母校で講師を務めたが、1938年俳優を志してニューヨークに出る。ラジオの仕事を経てブロードウェイの舞台に立ち、戦後の1947年ヘンリー・ハサウェイ監督『死の接吻』のオーディションに合格。殺し屋トミー・ユードー役で、いきなりアカデミー助演男優賞候補にノミネートされる[2]。灰色の目としゃがれた声、冷やかな笑顔をトレードマークに、主にギャング映画での非情な殺し屋、戦争映画での冷徹で人望のない指揮官役などで持ち味を発揮。

敵役として大いに売り出したが、やがて悪役イメージからの脱却をはかり(愛する娘が学校などでイジめられない為に、と言われている)、やがて善玉・悪玉の両方を演じられる貴重な性格俳優としての地位を確立する。犯罪スリラー、戦争映画の他に、西部劇も得意としており、『ゴーストタウンの決斗』、『ワーロック』、『アラモ』、『シャイアン』といった名作・大作の西部劇に準主役として多数出演している。

1957年独立プロダクション「ピース・プロ」を設立。『祖国への反逆!・第5捕虜収容所』(テレビ映画)、『秘密諜報機関』などを製作し、主演も務める。1961年にはスタンリー・クレイマー監督のオールスター大作『ニュールンベルグ裁判』でアメリカ側検事役を演じ、自他ともに認める代表作となった。また、1968年に主演してヒットした映画『刑事マディガン』では、197273年に「NBCウェンズデー・ミステリー・ムービー」枠で放映されたテレビ版でも主演を務めた。

私生活では1942年脚本家のジーン・ヘイズルウッドと結婚。一女があり、娘のアン・ヒース・ウィドマークは大リーグの名投手だったサンディ・コーファックスと結婚している。ジーンと死別(1997年)後の1999年に、ヘンリー・フォンダの元夫人であったスーザン・ブランチャードと再婚し話題になった。また、政治的にはリベラルな人物として知られた。

2008年3月24日コネチカット州の自宅で亡くなった。

エピソード[編集]

デビュー当時のニックネームは、その風貌から“ハイエナ”と呼ばれていた。また、漫画家・手塚治虫の作品にしばしば登場する冷酷な悪役キャラクター、スカンク草井はウィドマークをモデルにしている。

東宝出身の俳優佐藤允はデビュー当時、その日本人離れしたアクの強い風貌から“和製ウィドマーク”として売り出された。

サスペンス映画『暗黒の恐怖』(1950年)において、善玉の主人公を演じるウィドマークよりも怖い風貌の男を犯人役にしなければということで抜擢されたのが、これが映画デビュー作となるジャック・パランスであった。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1947 死の接吻
Kiss of Death
トミー・ユードー
1948 情無用の街
The Street with No Name
アレック
廃墟の群盗
Yellow Sky
デュード
1949 海の男
Down to the Sea in Ships
ダン・ランスフォード
1950 街の野獣
Night And The City
ハリー・ファビアン
暗黒の恐怖
Panic In The Streets
クリント・リード
復讐鬼
No Way Out
レイ
地獄の戦場
Halls Of Montezuma
アンダーソン
1951 フロッグメン
The Frogmen
ジョン・ローレンス
1952 赤い空
Red Skies of Montana
クリフ・メイソン
ノックは無用
Don't Bother to Knock
ジェド・タワーズ
人生模様
O. Henry's Full House
ジョニー
1953 モンゴル第一騎兵隊
Destination Gobi
サミュエル
拾った女
Pickup on South Street
スキップ・マッコイ
あの高地を取れ
Take the High Ground!
ソーン・ライアン
1954 地獄と高潮
Hell And High Water
アダム・ジョーンズ
悪の花園
Garden Of Evil
フィスク
折れた槍
Broken Lance
ベン
1955 黄金の賞品
A Prize of Gold
ジョー・ローレンス
蜘蛛の巣
The Cobweb
マック
1956 六番目の男
Backlash
ジム・スレイター
太陽に向って走れ
Run for the Sun
マイク・ラティマー
襲われた幌馬車
The Last Wagon
コマンチェ・トッド
1957 聖女ジャンヌ・ダーク
Saint Joan
シャルル7世
祖国への反逆!第5捕虜収容所
Time Limit
ウィリアム・エドワーズ 兼製作
1958 ゴーストタウンの決斗
The Law And Jake Wade
クリント・ホリスター
愛のトンネル
The Tunnel of Love
オギー
拳銃の罠
The Trap
ラルフ・アンダーソン
1959 ワーロック
Warlock
ジョニー
1960 アラモ
The Alamo
ジム・ボウイ
1961 秘密諜報機関
The Secret Ways
マイケル・レイノルズ 兼製作
馬上の二人
Two Rode Together
ジム・ゲイリー中尉
ニュールンベルグ裁判
Judgment at Nuremberg
タッド・ローソン
1962 西部開拓史
How the West Was Won
マイク・キング
1963 長い船団
The Long Ships
ロルフ
1964 あしやからの飛行 グレン・スティーヴンソン
シャイアン
Cheyenne Autumn
トーマス・アーチャー
1965 駆逐艦ベッドフォード作戦
The Bedford Incident
エリック・フィンランダー 兼製作
1966 アルバレス・ケリー
Alvarez Kelly
トム
1967 大西部への道
The Way West
1968 刑事マディガン
Madigan
ダニエル・マディガン
1969 西部野郎奮戦記
A Talent for Loving
パッテン
ガンファイターの最後
Death of a Gunfighter
フランク・パッチ
1970 暗黒街の特使
The Moonshine War
エメット
1971 大統領のスキャンダル[3]
Vanished
ポール・ルーデブッシュ大統領 テレビ映画
1972 ロッキーの英雄・伝説絶ゆる時
When the Legends Die
レッド・ディロン
鬼刑事マディガン
Madigan
ダン・マディガン テレビジリーズ
刑事ブロック
Brock's Last Case
マックス・ブロック テレビ映画
1974 オリエント急行殺人事件
Murder on the Orient Express
ラチェット・ロバーツ(カセッティ)
1975 最後のガンファイト
The Last Day
ウィル・スペンス テレビ映画
1976 暗殺者を撃て
The Sellout
サム・ルーカス
悪魔の性キャサリン
To the Devil a Daughter
ジョン
1977 合衆国最後の日
Twilight's Last Gleaming
マーティン・マッケンジー
ドミノ・ターゲット
The Domino Principle
ジェット・ローラー・コースター
Rollercoaster
ホイト
1978 コーマ
Coma
ハリス博士
スウォーム
The Swarm
スレイター将軍
1979 オーロラ殺人事件
Bear Island
オットー・ゲラン
1981 愛と殺意の海域
A Whale for the Killing
トム・グッドイナフ テレビ映画
1982 ハンキー・パンキー
Hanky Panky
ファイナル・オプション
Who Dares Wins
アーサー・キュリー国務長官
1984 カリブの熱い夜
Against All Odds
ベン
1985 冷血バイオレンスマスク/銃弾のえじき
Blackout
ジョー テレビ映画
1987 ルイジアナの夜明け
A Gathering of Old Men
メイプス保安官 テレビ映画
1991 トゥルー・カラーズ
True Colors
ジェームズ・スタインズ

脚注[編集]

  1. ^ 'Juvenile' in Gangster Role Reaches Apex of Terror
  2. ^ “Tough-guy actor Richard Widmark dies at 93”. Associated Press at CNN. (2008年3月26日). オリジナル2008年3月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080328230755/http://www.cnn.com/2008/SHOWBIZ/Movies/03/26/obit.widmark.ap/index.html 2008年3月26日閲覧。 
  3. ^ 『失踪』という邦題だったこともある(2012年11月23日付朝日新聞第27面『三谷幸喜のありふれた生活607』)

外部リンク[編集]