アルバレス・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバレス・ケリー
Alvarez Kelly
監督 エドワード・ドミトリク
脚本 フランクリン・コーエン
製作 ソル・C・シーゲル
レイ・デヴィッド
出演者 ウィリアム・ホールデン
リチャード・ウィドマーク
ジャニス・ルール
パトリック・オニール
音楽 ジョニー・グリーン
撮影 ジョセフ・マクドナルド
編集 ハロルド・F・クレス
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年10月[1]
日本の旗 1966年11月12日[2]
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アルバレス・ケリー』(原題:Alvarez Kelly)は、1966年に公開されたエドワード・ドミトリク監督作のアメリカ映画

ストーリー[編集]

1864年、アメリカ合衆国では南北戦争の真っただ中であった。アルバレス・ケリーは、食料が不足する戦場に牛を届ける仕事をしていた。目的地に到着したケリーは、そこで元弁護士の北軍のステッドマン少佐から、さらにリッチモンドの農場まで牛を運ぶよう言われる。断ろうとしたが、ステッドマン少佐が法律通りに契約書を作成していたため、渋々運ぶことになった。

リッチモンドの農場に到着した一行は、ワーウィック邸を訪ねる。取引が終わった晩、ケリーは南軍のトム・ロシター大佐に誘拐される。ロシターは、南軍の兵士が飢餓に苦しんでいると話し、ケリーに牛を運ぶよう要求する。しかし、ケリーは一向に引き受けようとせず、ロシター大佐はそんな彼の指を銃で撃ち、引き受けるまで指を撃つと脅し無理やり引き受けさせた。ケリーは、指を一本失くした仕返しに、ロシター大佐の彼女であるリズと関係を持ち、彼女を船で逃げさせる。

南軍の作戦が開始され、ケリーは牛を運ぶ任務を課せられた。南軍は北軍をとらえ、ケリーは北軍の牛を移動させるが、逃げたステッドマン少佐が軍本部に連絡したことで、北軍は兵を増員し先回りをしていた。ロシター大佐は、ケリーに指揮を任せると、ケリーは強行突破することにして、牛の移動に成功する。そして、北軍が来れないように橋に爆薬を仕掛ける。しかしハッチャーは、ケリーを殺そうと爆薬に火をつけようとする。それを見たロシター大佐は、ハッチャーを撃ち、ケリーは難を逃れる。その後ケリーは、ロシター大佐らと別れ他の地に向かっていった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版
アルバレス・ケリー ウィリアム・ホールデン 近藤洋介
トム・ロシター大佐 リチャード・ウィドマーク 大塚周夫
リズ・ピカリング ジャニス・ルール
アルバート・ステッドマン少佐 パトリック・オニール 草野大悟
チャリティ・ワーウィック ヴィクトリア・ショウ
アンガス・ファーガスン ロジャー・C・カーメル
ハッチャー リチャード・ラスト
  • テレビ放送:1973年12月2日 『日曜洋画劇場』。放映タイトル『荒野の大暴走 アルバレス・ケリー』。

スタッフ[編集]

  • 監督:エドワード・ドミトリク
  • 製作:ソル・C・シーゲル、レイ・デヴィッド
  • 脚本:フランクリン・コーエン
  • 撮影:ジョセフ・マクドナルド
  • 音楽:ジョニー・グリーン
  • 編集:ハロルド・F・クレス

脚注[編集]

  1. ^ Release dates for Alvarez Kelly”. IMDb. 2012年6月20日閲覧。
  2. ^ アルバレス・ケリー”. キネマ旬報. 2012年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]