街の野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
街の野獣
Night and the City
監督 ジュールズ・ダッシン
脚本 ジョー・アイシンガー
原作 ジェラルド・カーシュ
製作 サミュエル・G・エンゲル
製作総指揮 ダリル・F・ザナック[1]
出演者 リチャード・ウィドマーク
ジーン・ティアニー
音楽 ベンジャミン・フランケル(英国版)
フランツ・ワックスマン(米国版)
撮影 マックス・グリーン
編集 ニック・デマジオ
シドニー・ストーン
製作会社 20世紀フォックス
配給 イギリスの旗 20世紀フォックス
アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 映配
公開 イギリスの旗 1950年4月
アメリカ合衆国の旗 1950年6月9日
日本の旗 1954年10月
上映時間 101分(英国版)
96分(米国版)
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

街の野獣』(まちのやじゅう、Night and the City)は、ジェラルド・カーシュ1938年小説Night and the City』を原作とし、1950年に公開されたイギリスフィルム・ノワール

1992年に『ナイト・アンド・ザ・シティ』(原題:Night and the City、主演:ロバート・デ・ニーロ)としてリメイクされた。

あらすじ[編集]

ロンドンの酒場「シルバーフォックス」で客引きをしているハリー・ファビアンは、大口ばかり叩いては、同僚の歌手で恋人のメアリーから金を巻き上げているごろつきである。

ある日、ハリーはいつもどおりインチキな手口で客引きをしていると、ロンドンのプロレス興行を仕切っているクリストの実父で、かつての名プロレスラー・グレゴリウスと出会う。巧みにグレゴリウスに取り入り気に入られたハリーは、一攫千金を狙ってプロレスの興行を計画し、「シルバーフォックス」の経営者であるフィルに出資するよう頼みに行くが、一笑に付される。そんなハリーに近づいて来たフィルの妻ヘレンは夫と別れ独立するので協力しろとハリーに迫る。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クレジットなし。Night and the City (1950) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月26日閲覧。
  2. ^ Stanislaus Zbyszko(1879–1967) ポーランド出身で、1920年代アメリカで人気のあったプロレスラー
  3. ^ Mike Mazurki(1907-1990) オーストリア(現在のウクライナ)出身のアメリカの俳優兼プロレスラー。
  4. ^ Kenneth Richmond(1926-2006) イギリスレスリング選手でヘルシンキオリンピック1952年)の銅メダリスト

外部リンク[編集]