ユア・ザ・スター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユア・ザ・スター
ロッド・スチュワートスタジオ・アルバム
リリース 1995年5月29日
1995年6月25日日本の旗
ジャンル ロック
時間 61分55秒(日本盤)
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
プロデュース ロッド・スチュワート、トレヴァー・ホーンジェームズ・ニュートン・ハワード、マイケル・オースティン、レニー・ワロンカー、バーナード・エドワーズ、アンディ・テイラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(スウェーデン[1]
  • 4位(イギリス[2]
  • 6位(ノルウェー[3]
  • 9位(ドイツ[4]
  • 13位(オーストリア[5]、ニュージーランド[6]
  • 15位(スイス[7]
  • 23位(オランダ[8]
  • 26位(日本[9]
  • 28位(オーストラリア[10]
  • 35位(アメリカ[11]
ロッド・スチュワート 年表
アンプラグド
(1993年)
ユア・ザ・スター
(1995年)
ベスト・バラード・コレクション
(1996年)
テンプレートを表示

ユア・ザ・スター』(原題:A Spanner in the Works)は、ロッド・スチュワート1995年に発表したアルバム。

解説[編集]

ヴァガボンド・ハート』(1991年)以来4年ぶりとなるスタジオ・アルバム。本作からは「ユア・ザ・スター」(全英19位[2])、「さよならヴァージニア」(全米52位[11])、「レディ・ラック」(オリコン39位[12]・全英56位[2])がシングル・ヒットした。

日本では、「レディ・ラック」はテレビドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』の主題歌に起用された。また、日本盤には、1975年のアルバム『アトランティック・クロッシング』からのシングル・ヒット曲「セイリング」がボーナス・トラックとして追加収録された。同曲は、当時スバル・レガシィコマーシャルソングに起用されて、再発CDシングルもリリースされていた[13]

収録曲[編集]

  1. ウィンディ・タウン - "Windy Town" (Chris Rea) - 5:12
  2. ダウンタウン・ライツ - "The Downtown Lights" (Paul Buchanan) - 6:33
  3. さよならヴァージニア - "Leave Virginia Alone" (Tom Petty) - 4:07
  4. スウィートハート・ライク・ユー - "Sweetheart Like You" (Bob Dylan) - 4:54
  5. This - "This" (John Capek, Marc Jordan) - 5:19
  6. レディ・ラック - "Lady Luck" (Carmine Rojas, Jeff Golub, Kevin Savigar, Rod Stewart) - 4:25
  7. ユア・ザ・スター - "You’re the Star" (Billy Livsey, Frankie Miller, Graham Lyle) - 4:39
  8. マディ、サム&オーティス - "Muddy, Sam and Otis" (R. Stewart, K. Savigar) - 4:42
  9. ハング・オン・セント・クリストファー - "Hang on St. Christopher" (Tom Waits) - 4:04
  10. デリシャス - "Delicious" (R. Stewart, Andy Taylor, Robin LeMesurier) - 4:43
  11. スーズ・ミー - "Soothe Me" (Sam Cooke) - 3:33
  12. パープル・ヘザー - "Purple Heather" (Traditional) - 4:58

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. セイリング - "Sailing" (Gavin Sutherland) - 4:38

参加ミュージシャン[編集]

  • ロッド・スチュワート - ボーカル
  • ジェフ・ゴルブ - ギター(on 1. 3. 4. 6. 8. 9. 12.)
  • ティム・ピアース - ギター(on 1. 2. 5. 8.)
  • ロビン・ル・ムシュリエ - ギター(on 1. 4. 6. 7. 10. 11.)
  • デイヴィー・ジョンストン - ギター(on 3.)、マンドリン(on 3.)
  • スティーヴ・リプソン - ギター(on 4.)、ベース(on 2. 4.)
  • ジム・クリーガン - ギター(on 5.)
  • アンディ・テイラー - ギター(on 7. 10. 11.)
  • マイケル・ランドウ - ギター(on 7.)
  • ロル・クレーム - ギター(on 9.)
  • トレヴァー・ホーン - ベース(on 1.)、プログラミング(on 1.)、バッキング・ボーカル(on 1.)
  • リーランド・スカラー - ベース(on 3.)
  • ケヴィン・サヴィガー - ベース(on 5. 8.)、キーボード(on all songs)、ストリングスアレンジ(on 7. 11.)スクィーズボックス(on 12.)
  • カーマイン・ロハス - ベース(on 6. 12.)
  • バーナード・エドワーズ - ベース(on 7. 10. 11.)
  • マイク・ハイアム - ベース(on 8.)、キーボード(on 2. 8.)
  • ガイ・プラット - ベース(on 9.)、アコースティック・ギター(on 9.)
  • デヴィッド・パーマー - ドラムス(on 1. 4. 6. 7. 8. 10. 11. 12.)
  • ポール・ロビンソン - ドラムス(on 2. 5.)
  • ケニー・アロノフ - ドラムス(on 3.)
  • ジェイミー・ムホベラック - キーボード(on 2.)、パーカッション(on 9.)、ピアノ(on 9.)
  • ジェームズ・ニュートン・ハワード - キーボード(on 3.)
  • ビリー・プレストン - オルガン(on 11.)
  • パウリーニョ・ダ・コスタ - パーカッション(on 1.)
  • フランク・リコッティ - ビッグ・ドラム(on 5.)
  • マーティン・オコナー - アコーディオン(on 6.)
  • アン・ダドリー - ピアノ(on 8.)、ストリングス・アレンジ(on 1. 2. 4. 5. 8. 12.)
  • ドン・テシュナー - マンドリン(on 1. 6.)、フィドル(on 6.)
  • デヴィッド・リンドレー - ブズーキ(on 1.)
  • ドーナル・ラニー - ブズーキ(on 6. 12.)
  • レスリー・バトラー - ハーモニカ(on 9.)
  • ザ・キック・ホーンズ - ホーン(on 9.)
  • レニー・ピケット - ホーン・アレンジ(on 11.)
  • リック・ブラウン - ホーン(on 11.)
  • ニック・レイン - ホーン(on 11.)
  • デヴィッド・ウッドフォード - ホーン(on 11.)
  • ジョン・マクシェリー - バグパイプ(on 6.)
  • Máire Ní Chathasaigh - アイリッシュ・フィドル(on 6.)
  • アレイシャ・アーヴィング - バッキング・ボーカル(on 2.)
  • ジョー・トゥラノ - バッキング・ボーカル(on 3. 7.)
  • フレッド・ホワイト - バッキング・ボーカル(on 7. 8.)
  • ジョーイ・ディグス - バッキング・ボーカル(on 7. 8.)
  • レイモント・ヴァン・フック - バッキング・ボーカル(on 7. 8.)
  • オーレン・ウォーターズ - バッキング・ボーカル(on 10. 11.)
  • ジョセフ・パウエル - バッキング・ボーカル(on 10. 11.)
  • テリー・ヤング - バッキング・ボーカル(on 10. 11.)
  • グラスゴー・ゲーリック・ミュージック・アソシエイション - コーラス(on 12.)
  • ギャヴィン・ライト - オーケストラ・リーダー(on 1. 2. 4. 5. 8. 12.)
  • スージー片山 - オーケストラ・リーダー(on 7. 11.)

脚注[編集]