アイム・セクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイム・セクシー
ロッド・スチュワートシングル
収録アルバム スーパースターはブロンドがお好き
リリース 1979年12月
規格 7インチレコード
録音 1978年
ジャンル ロック
ポップス
ディスコ
時間 6:12
レーベル ワーナー
作詞・作曲 ロッド・スチュワートカーマイン・アピス
プロデュース トム・ダウド
チャート最高順位
ロッド・スチュワート シングル 年表
ただのジョークさ
(1978年)
アイム・セクシー
(1979年)
あばずれ女のバラード
(1979年)
テンプレートを表示

アイム・セクシー(原題:Da Ya Think I'm Sexy?)は1979年ロッド・スチュワートによるヒット曲である。スチュワートとカーマイン・アピスにより作曲が行われ、トム・ダウドがプロデュースを行った。

「Da Ya Think I'm Sexy?」はBillboard Hot 100のチャート首位に1979年2月10日から4週間立った。イギリスにおいても数ヶ月早く12月にチャートの首位に立ったが、クリスマスには首位に立てなかった。

この曲は多くのロック関係の雑誌から、ディスコの様なアレンジがスチュワートのブルースに基づいたロックンロールというルーツを裏切ったと非難された。しかし、スチュワートなどはすぐに、広く尊敬されているポール・マッカートニーローリング・ストーンズなどの歌手がディスコ調の曲を既に発表していたことを指摘した。

2004年ローリング・ストーン誌上でザ・500グレイテスト・ソングの中の301位にランクインした。

盗作訴訟[編集]

ブラジルサンバ・ロックの音楽家、ジョルジ・ベンジョール(当時はジョルジ・ベン)が起こした盗作訴訟によって、この曲は彼の「タジ・マハール」を転用していることが立証された。スチュワートはこの曲から得られる自身の印税を国際連合児童基金に寄付することに同意した。スチュワートはこの曲を1979年の国際連合総会時に行われたユニセフ・コンサート[1] で演奏した。

カバー[編集]

  • ジーン・サマーズ&クロスファイアはこの曲をカバーし、シングルとして1979年にLeCamレコードで発売した。同じ年にジーン・サマーズ&ディーとしてCountry Discoレコードから再発売された。
  • フィンランドの歌手、Pentti Oskari KangasとSeitsemän Seinähullua Veljestäはフィンランド語に訳したこの曲を1979年にシングルとしてカバーした。
  • ミリー・ジャクソンが後にカバーしたこの曲は1982年の『ライブ・アンド・アンセンサード』に収録された。[2][3]
  • ゾーズ・ダーン・アコーディオン(Those Darn Accordions)はこの曲を1996年のアルバム『No Strings Attached』にてカバーした。ボーカルは80歳代の入れ墨をしたアコーディオンニスト、クライド・フォースマンが担当している。
  • リボルティング・コックスは1993年にアルバム『Linger Fickin' Good』でカバーしている。
  • Miioは2003年のアルバムに同曲を収録している。
  • ブルックリンのアート・パンクバンド、レ・サヴィ・ファヴは自身の曲、「Cut It Out」でこの曲のリフを借用している。
  • 再結成したヴァニラ・ファッジ(フィーチャリングカーマイン・アピス)は2004年に曲をカバーした。
  • Girls of FHMは2004年にカバーし、全英シングルチャートにて10位に送り込んだ。
  • パリス・ヒルトンはデビュー・アルバムの『Paris』でこの曲をカバーしている。アルバムの最後に収録されている。
  • 韓国の歌手Kは日本向けのシングル「Brand New Map」の収録曲としてこの曲をカバーしている。カバーは『The TIMELESS Collection VOL.1』にも収録されている。
  • ファルセットで歌う歌手でありウクレレ奏者のタイニー・ティムはこの曲を2回カバーしている。ライブにおいてテナーからファルセットへと一瞬で声質を変えるという技術を披露している。
  • 国内でも様々なアーティストがカヴァーしているが、2006年発売のFIANCHIのファーストアルバムでは原題で収録されている。

ライブにおけるカバー・サンプリング・リミックス[編集]

他メディアによる使用[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Interview with Ben Jor Expatica.com
  2. ^ Download the song at Sideload.com
  3. ^ [1] Yle's information page on the cover version
先代:
ブームタウン・ラッツラット・トラップ
全英シングルチャート ナンバーワンシングル
1978年12月2日
次代:
ボニーM「メリーズ・ボーイ・チャイルド/オー・マイ・ロード」
先代:
シックおしゃれフリーク
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル (ロッド・スチュワート版)
1979年2月10日
次代:
グロリア・ゲイナー「恋のサバイバル」