モービル郡 (アラバマ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラバマ州モービル郡
Government Plaza Mobile.JPG
モービル市にあるモービル政府プラザ
モービル郡の位置を示したアラバマ州の地図
郡のアラバマ州内の位置
アラバマ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1812年12月18日[1]
郡庁所在地 モービル
最大の都市 モービル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

4,258 km2 (1,644.02 mi2)
3,194 km2 (1,233.09 mi2)
1,064 km2 (410.93 mi2), 25.0%
人口
 - (2010年)
 - 密度

412,992人
130人/km2 (337.1人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.mobilecountyal.gov

モービル郡: Mobile County)は、アメリカ合衆国アラバマ州の南西隅に位置するである。2010年国勢調査での人口は412,992人であり、2000年の399,843人から3.3%増加した[2]郡庁所在地モービル市(人口195,111人[3])であり、同郡で人口最大の都市でもある。郡名はモービラ族インディアンから採られた。

モービル郡はその全体でモービル大都市圏を構成している。

歴史[編集]

モービル郡となった地域は数千年の間、様々な文化の先住民が住んでいた。フランス人の交易業者や開拓者が入ってきたときの先住民族はチョクトー族インディアンだった。フランス人は18世紀初期にモービルの町を設立した。フレンチ・インディアン戦争に勝利したイギリスは、1763年にこの地域をフランスから奪った。アメリカ独立戦争のときは、スペイン領フロリダとしてスペインの支配下に入っていた。米英戦争の後、アメリカ合衆国の領土となった。

この地域にいたインディアンの大半は1830年代にアンドリュー・ジャクソンの政策により、ミシシッピ川の西にあるインディアン準州へ強制移住させられた。1979年、チョクトー族インディアンMOWAバンドをアラバマ州が認知した。この人々はモービル郡とワシントン郡の郡境地域に集中している。

モービル郡は1812年12月18日のミシシッピ準州知事ホームズの宣言により、ヨーロッパ系アメリカ人によって設立された[1]。この地域はミシシッピが州になった1817年8月15日にアラバマ準州の領域となり、2年後の1819年12月14日、アラバマが州になったときにアラバマ州の郡となった[4][5]

モービル市はラ・ルイジアンの一部としてフランス人開拓者が設立しており、常に郡庁所在地に指定されてきた[1]。モービル郡もモービル市も1702年に現在のアクシス近くに設立されたフランスの砦、「モービルのルイ砦」からその名を得ている。「モービル」という言葉はチョクトー族インディアンの言葉で、「カヌーを漕ぐ人」を意味すると考えられている[1]。この地域は1702年から1763年までフランス、1763年から1780年はイギリス、1780年から1813年はスペインが支配していた。郡庁舎は1823年、1840年、1872年の3度火事にあった[1]

政府[編集]

郡政府[編集]

モービル郡は3人の委員による郡政委員会が統治している。各委員は郡内3つの選挙区を代表しており、任期は4年間である。委員会での投票権は平等である。委員の1人が議長に選ばれている。

州政府[編集]

アラバマ州議会に対しては、モービル郡から3人の上院議員と9人の下院議員を送り出している。2013年2月時点で上院議員は共和党員1人、民主党員1人、空席1人になっている[6]。同じく下院議員は共和党員5人、民主党員3人、空席1人になっている[7]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,644.02平方マイル (4,258.0 km2)であり、このうち陸地1,233.09平方マイル (3,193.7 km2)、水域は410.93平方マイル (1,064.3 km2)で水域率は25.00%である[8]。郡内にはドーフィン島、ゲイラード島、モンルイ島など幾つかの島がある。

モービル川とチカソー川の合流点、アメリカ国道90号線のコクラン・アフリカタウン橋を建設中の1990年頃に撮影

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • ボンセコール国立野生生物保護区(部分)
  • グランドベイ国立野生生物保護区(部分)

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1820 2,672
1830 6,267 134.5%
1840 18,741 199.0%
1850 27,600 47.3%
1860 41,131 49.0%
1870 49,311 19.9%
1880 48,653 −1.3%
1890 51,587 6.0%
1900 62,740 21.6%
1910 80,854 28.9%
1920 100,117 23.8%
1930 118,363 18.2%
1940 141,974 19.9%
1950 231,105 62.8%
1960 314,301 36.0%
1970 317,308 1.0%
1980 364,980 15.0%
1990 378,643 3.7%
2000 399,843 5.6%
2010 412,992 3.3%
2011(推計) 412,577 3.2%
U.S. Decennial Census
2011 estimate
through 1960

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 399,843人
  • 世帯数: 150,179 世帯
  • 家族数: 106,777 家族
  • 人口密度: 125人/km2(324人/mi2
  • 住居数: 165,101軒
  • 住居密度: 52軒/km2(134軒/mi2

人種別人口構成( )内は2010年データ

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.5%
  • 18-24歳: 10.0%
  • 25-44歳: 28.7%
  • 45-64歳: 21.9%
  • 65歳以上: 12.0%
  • 年齢の中央値: 34歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 91.5
    • 18歳以上: 87.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 34.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 49.5%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 17.7%
  • 非家族世帯: 28.9%
  • 単身世帯: 24.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 8.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.61人
    • 家族: 3.13人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 33,710米ドル
    • 家族: 40,378米ドル
    • 性別
      • 男性: 32,329米ドル
      • 女性: 21,986米ドル
  • 人口1人あたり収入: 17,178米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 18.5%
    • 対家族数: 15.6%
    • 18歳未満: 26.2%
    • 65歳以上: 14.6%

政治[編集]

2004年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党現職のジョージ・W・ブッシュが郡総投票数の59%、92,014票を獲得し、対する民主党候補のジョン・ケリーは40%、63,732票だった[9]

2008年でも共和党候補を過半数が支持した。ジョン・マケインは54%、98,049票を獲得し、対する民主党候補のバラク・オバマは45%、82,181票だった[9]

2008年のアメリカ合衆国上院議員選挙では、共和党のジェフ・セッションズが57%、102,043票を獲得し、マケインを上回った。民主党候補のビビアン・D・フィギュアーズは43%、77,292票だった[9]

ウォレス・トンネルに入る州間高速道路10号線、モービル市

都市と町[編集]

都市[編集]

  • バイユーラバトル
  • チカソー
  • シトロネル
  • サラランド
  • サツマ
  • セムズ

[編集]

  • ドーフィンアイランド
  • マウントバーノン

国勢調査指定地域[編集]

  • グランドベイ
  • セオドア
  • ティルマンズコーナー

未編入の町[編集]

  • アラバマポート
  • アクシス
  • バックス
  • チャンチュラ
  • コーデン
  • エイトマイル
  • ファーンランド
  • ヘロンベイ
  • アービントン
  • クシュラ
  • ルモイン
  • モービラ
  • モンルイ
  • セントエルモ
  • ユニオンチャーチ
  • ウィッスラー

教育[編集]

モービル郡の大半の地域における公共教育はモービル郡公共教育学区が運営している。チカソー、サラランド、サツマ各市は独自の教育学区を持っている。それぞれチカソー市教育学区、サラランド教育委員会、サツマ市教育学区と呼ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Mobile County, Alabama history”. Alabama Department of Archives and History (ADAH) (2009年6月5日). 2013年2月20日閲覧。
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Mobile County - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Mobile, Alabama - accessed 2011-12-06.
  4. ^ An 1820 Claim to Congress: Alabama Territory : 1817”. The Intruders. TNGenNet Inc. (2001年). 2013年2月20日閲覧。
  5. ^ Statehood Dates”. 50states.com (1998/2009). 2013年2月20日閲覧。
  6. ^ Roster of the Alabama State Senate”. Official Website of the Alabama Legislature. 2013年2月20日閲覧。
  7. ^ Roster of the Alabama House of Representatives”. Official Website Of The Alabama Legislature. 2013年2月20日閲覧。
  8. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  9. ^ a b c David Leip (2008年). “Atlas of United States Presidential Election Results”. 2013年2月20日閲覧。

  - The name "Mobile" is pronounced "mo-beel" with even emphasis on both syllables.

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度47分11秒 西経88度12分50秒 / 北緯30.78639度 西経88.21389度 / 30.78639; -88.21389