ラウンズ郡 (アラバマ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラバマ州ラウンズ郡
Lowndes County Courthouse.jpg
ヘインビル町にあるラウンズ郡庁舎
ラウンズ郡の位置を示したアラバマ州の地図
郡のアラバマ州内の位置
アラバマ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1830年1月20日
郡庁所在地 ヘインビル
最大の都市 フォートデポジット
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,878 km2 (725.03 mi2)
1,859 km2 (717.94 mi2)
18 km2 (7.10 mi2), (0.98%)
人口
 - (2010年)
 - 密度

11,299人
6人/km2 (16人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

ラウンズ郡: Lowndes County)は、アメリカ合衆国アラバマ州の中央部南に位置するである。2010年国勢調査での人口は11,299人であり、2000年の13,473人から16.1%減少した[1]郡庁所在地ヘインビル町(人口932人[2])であり、同郡で人口最大の町はフォートデポジット町(人口1,344人[3])である。郡名はサウスカロライナ州選出アメリカ合衆国下院議員を務めたウィリアム・ラウンズに因んで名付けられた。

ラウンズ郡はモンゴメリー大都市圏に属している。

歴史[編集]

ラウンズ郡は1830年1月20日に、モンゴメリー郡ダラス郡バトラー郡のそれぞれ一部を合わせ、アラバマ州議会の法により設立された。郡名はサウスカロライナ州の政治家ウィリアム・ラウンズに因んで名付けられた[4]

公民権運動時代[編集]

ラウンズ郡は「流血のラウンズ」とも呼ばれ、アラバマ州のブラックベルト地帯の錆びたバックルであった。1965年、南北戦争からまるまる1世紀を経て、大きな変化が起きた。郡内の土地の90%を白人の86家族が所有し、政府を支配していた。黒人住民の大半は低レベルの農業労働に従事していた。黒人は誰一人として有権者登録されておらず、20世紀への変わり目には州議会が人種差別憲法を成立させていた[5]

セルマからモンゴメリーへの行進」が成功し、1964年の公民権法が成立したことで、公民権運動の指導者たちは、流血のラウンズ郡でも人種差別と闘うことができると考えるようになった。脅しや殺人に対して黒人が立ち上がることを目指した新しい独立政党、「ラウンズ郡自由機構」が設立された[5]

学生非暴力協調委員会の若き公民権運動指導者ストークリー・カーマイケルによって組織され、ラウンズ郡民は郡内で黒人が有権者登録できるよう強力な運動を始めた[6]

学生非暴力協調委員会の計画は単純だった。より多くの黒人が投票できれば地方政府を支配でき、貧困線いかが80%だった黒人の方にサービスを向けられるというものだった。カーマイケル達は黒人住民を支援するために、登録ドライブ、デモ、政治教育授業を行った。アメリカ合衆国議会で1965年に投票権法が成立したことは、投票権が連邦政府によって監督され、執行されることを意味していた。

1966年、ラウンズ郡自由機構から数人の住人が郡役人に選ばれた。白人が支配するアラバマ民主党の白い雄鶏に対抗して黒豹を標章に採用した[7][8]。郡内の白人はラウンズ郡自由機構に対して強く反応した。公民権運動に対する報復として、白人土地所有者が黒人小作人の多くを退去させ、家なし職なしの状態においた。

学生非暴力協調委員会とラウンズ郡指導層はこれらの家族を離れ離れにならず、郡内に留まらせるよう支援した。テント、ベッド、ヒーター、食料、水を購入し、幾つかの家族には一時的な「テント町」建設を助けた。宿営地に向けて定期的に発砲があるなど嫌がらせもあったが、オーガナイザーが新しい職を見つけ、恒久的な家を探せるよう支援したので、ほぼ2年間近く耐えた[9]。白人は店舗やレストランでラウンズ郡自由機構構成員と分かる者へのサービスを拒んだ。幾つか小さな暴動が起きた。ラウンズ郡自由機構は前進を続け、組織化と有権者登録を継続した[7]

黒人候補者は落選したが、そのときから選ばれ続けた者もいた。当初は失敗があったが、闘い続けた。政治の民主的な社会による支配という目標は、より広く公民権運動に広がっていった。

郡最初の黒人保安官は1970年に選出されたジョン・ヒュレットだった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は725.03平方マイル (1,877.8 km2)であり、このうち陸地717.94平方マイル (1,859.5 km2)、水域は7.10平方マイル (18.4 km2)で水域率は0.98%である[10]

主要高規格道路[編集]

空港[編集]

  • フォートデポジット・ラウンズ郡空港

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • セルマからモンゴメリー国立歴史道(部分)

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1830 9,410
1840 19,539 107.6%
1850 21,915 12.2%
1860 27,716 26.5%
1870 25,719 −7.2%
1880 31,176 21.2%
1890 31,550 1.2%
1900 35,651 13.0%
1910 31,894 −10.5%
1920 25,406 −20.3%
1930 22,878 −10.0%
1940 22,661 −0.9%
1950 18,018 −20.5%
1960 15,417 −14.4%
1970 12,897 −16.3%
1980 13,253 2.8%
1990 12,658 −4.5%
2000 13,473 6.4%
2010 11,299 −16.1%
2011(推計) 11,147 −17.3%
U.S. Decennial Census
2011 estimate
through 1960

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 13,473人
  • 世帯数: 4,909 世帯
  • 家族数: 3,588 家族
  • 人口密度: 7人/km2(19人/mi2
  • 住居数: 5,801軒
  • 住居密度: 3軒/km2(8軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • アフリカ系:73.37%
  • イギリス系:21.14%
  • スコットランド・アイルランド系:3.1%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 30.2%
  • 18-24歳: 9.1%
  • 25-44歳: 27.1%
  • 45-64歳: 21.4%
  • 65歳以上: 12.2%
  • 年齢の中央値: 34歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 87.9
    • 18歳以上: 82.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 35.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 42.9%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 25.7%
  • 非家族世帯: 26.9%
  • 単身世帯: 24.6%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 9.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.73人
    • 家族: 3.28人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 23,050米ドル
    • 家族: 28,935米ドル
    • 性別
      • 男性: 27,694米ドル
      • 女性: 20,137米ドル
  • 人口1人あたり収入: 12,457米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 31.4%
    • 対家族数: 26.6%
    • 18歳未満: 41.7%
    • 65歳以上: 26.6%

都市と町[編集]

[編集]

  • モシーズ
  • ホワイトホール

未編入の町[編集]

  • バークビル
  • レトハチー
  • サンディリッジ

教育[編集]

ラウンズ郡の公共教育はラウンズ郡公共教育学区が管轄しており、下記の学校がある[11]

  • カルフーン高校
  • セントラル小学校
  • セントラル高校
  • フォートデポジット小学校
  • ヘインビル中学校
  • ジャクソン・スティール小学校
  • ラウンズ郡中学校

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Lowndes County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Hayneville, Alabama - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Quickfacts.census.gov - Fort Deposit, Alabama - accessed 2011-12-06.
  4. ^ http://www.archives.state.al.us/counties/lowndes.html Alabama Department of History and Archives
  5. ^ a b Lowndes County Freedom Organization - Study Guide
  6. ^ Hasan Kwame Jeffries, Bloody Lowndes: Civil Rights and Black Power in Alabama's Black Belt, New York University Press, 2009.
  7. ^ a b Lowndes County Freedom Organization | The Black Past: Remembered and Reclaimed
  8. ^ Document: Stokely Carmichael: Black Power (1966) - Britannica Online Encyclopedia
  9. ^ Veterans of the Civil Rights Movement - Political Education Primer — Lowndes County Freedom Organization
  10. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  11. ^ Public Schools, Lowndes County. “Lowndes County Public Schools”. 2009年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度09分 西経86度39分 / 北緯32.150度 西経86.650度 / 32.150; -86.650