モハメド・カロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハメド・カロン Football pictogram.svg
名前
愛称 ワンダーボーイ、スモール・カロン
ラテン文字 Mohamed Kallon
基本情報
国籍 シエラレオネの旗 シエラレオネ
生年月日 1979年10月6日(34歳)
出身地 ケネマ
身長 179cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW / MF
利き足 右足
代表歴2
1995- シエラレオネの旗 シエラレオネ 33 (14)
2. 2010年3月5日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

モハメド・カロンMohammed Kallon, 1979年10月6日 - )は、シエラレオネケネマ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはFW

略歴[編集]

15歳でシエラレオネ代表に選出された経験を持ち、22歳頃からは代表のキャプテンも務めている。

地元クラブでプレーした後、1995年インテル・ミラノが獲得、スイスの小クラブ・ACルガーノへレンタルされるかたちでプロとしてのキャリアをスタート。その後イタリアセリエAのクラブチームを転々とする。シエラレオネ・ユース代表などでの活躍により既にその才能を注目されていたが、その名を世に知らしめたのは2001年インテル・ミラノへ復帰してからである。エース、ロナウドが重傷で長期離脱していた際、ニコラ・ヴェントラとともに彼のバックアップを十分にこなした。

2003年9月27日のウディネーゼ戦後のドーピング検査で筋肉増強剤ナンドロロンの陽性を示し、再検査でも陽性を示したため8ヶ月の出場停止処分を下されている。この処分はのちに6ヶ月へ軽減された。

しかし選手層の厚さを誇るインテルで完全にレギュラーを奪うまでには至らず、2004-2005シーズンからは出場機会を求めてフランスの強豪・ASモナコに移籍。ストライカーとして起用された彼は労を惜しむことのない運動量と鋭いスピードでリーグ戦11得点を奪う活躍を見せたが、フランスサッカーのスタイルは自らに合わないと直訴し移籍を志願。2005-2006シーズンからはサウジアラビアの強豪、アル・イテハドレンタル移籍する。このクラブではアジア・チャンピオンズリーグを制し、トヨタカップと統合されたFIFA Club World Championship TOYOTA CUPにも出場。激闘の末、四位に輝いた。

レンタル期間の切れた2006-2007シーズンからはモナコに復帰するも、一部選手と不仲であると噂されたり、「フランスでプレーする事にモチベーションを保てない」と述べるなどしたためか起用される事が少なく、かつてほどの運動量の提供も見られなかった。シーズン終了後にモナコを退団して以来無所属であったが、2008年1月にAEKアテネと6か月の契約を結んだ。その後、UAEアル・シャバーブ・アル・アラビークラブに移籍したが出場は4試合だけで退団した。退団後はシエラレオネの首都フリータウンで自らが所有するカロンFCでプレーした後、2010年は中国スーパーリーグの陝西宝榮に移籍したが、2011年からは再びカロンFCに戻っている。

この時期シエラレオネ代表は2006年開催のアフリカネイションズカップ予選に参加出来なかった(ワールドカップ・アフリカ予選がネイションズカップ予選出場権争いも兼ね、シエラレオネ代表は予備予選で敗退したため)。

エピソード[編集]

  • 内戦や貧困に苦しむ母国のサッカーチーム、シエラ・フィッシャリーズを買い取りカロンFCというサッカークラブを設立した。ロドニー・ストラッサーを輩出した。また、社会貢献活動も行っている。
  • ムスリム(イスラム教徒)である。
  • インテル時代は背番号3をつけていた。また、アル・イテハド時代も背番号3であった。これは本人の憧れの人物であるアレン・アイバーソンへの強いこだわりがあるからである。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 レッジーナ 1999-2000(レンタル移籍
イタリアの旗 ヴィチェンツァ 2000-2001(レンタル移籍)
サウジアラビアの旗 アル・イテハド 2005-2006(レンタル移籍)

外部リンク[編集]