メトロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・メトロード1号
シドニー都心では、地下トンネルの区間が多い。写真は、イラワラ線(Eastern Suburbs & Illawarra Line)及びカテドラル通り(Cathedral St.)と立体交差している地点。
シドニー・メトロード7号(西環状)
メトロード7号の新道であるこの道路は、2005年12月に開通した。写真は、ホクストンパーク空港(Hoxton Park Airport)付近。

メトロードMetroad、略号=M)は豪州NSWシドニー及びQLDブリスベンの両大都市圏を放射状あるいは環状に形成している高規格の幹線道路網。都市を通過する交通の流れをメトロードへ迂回させることによって都心部の渋滞を解消させる機能を持っている。

概要[編集]

特にシドニーの外縁部においては4本のメトロードによって環状道路が形成されている。路線番号案内標識では地の六角形の中心に青色で番号が表記される。尚、名称は“metropolitan”と“road”を組み合わせてできた造語である。

シドニーでは1993年に、ブリスベンでは1996年に夫々メトロードの導入が開始された。既存の道路(モーターウェイ一般道など)を後からメトロードに指定している区間が殆どである。それ故、一つの路線に複数の道路名が混在している場合や、途中に信号機付きの交差点がある(構造が完全な形の自動車専用道路ではない)場合も少なくない。そして大半の区間が無料で通行できる。これらの点において日本の都市高速道路とは大きく異なる。

ただ、東京の郊外(用賀高井戸など)で首都高と地方へ延びる高速自動車国道東名中央道など)とが接続されているのと同様に、メトロードについても郊外で地方へ延びるハイウェイ(Highway)などに接続されており、この点において両者は似ているといえる。

路線[編集]

シドニー地区[編集]

※8号は欠番。

ブリスベン地区[編集]

  • NSW M1.png メトロード1号(M1) - バールドヒルズ(Bald Hills)~ローガンホーム(Loganholme
  • NSW M2.png メトロード2号(M2) - ウィシャート(Wishart)~リヴァービュー(Riverview)
  • NSW M3.png メトロード3号(M3) - バールドヒルズ(Bald Hills)~エイトマイルプレインズ(Eight Mile Plains)
  • NSW M4.png メトロード4号(M4) - エイトマイルプレインズ(Eight Mile Plains)~ゲイルズ(Gailes)
  • NSW M5.png メトロード5号(M5) - ケドロン(Kedron)~ダッラ(Darra
  • NSW M6.png メトロード6号(M6) - ドゥルーヴェイル(Drewvale)~ローガンホーム(Loganholme)

関連項目[編集]