ミュールハイム・アン・デア・ルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
DEU Muelheim an der Ruhr COA.svg Lage der Stadt Mülheim an der Ruhr in Deutschland
基本情報
連邦州: ノルトライン=ヴェストファーレン州
郡: 郡独立市
標高: 海抜 26-153 m
面積: 91.29 km²
人口:

166,640人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,825 人/km²
郵便番号: 45468-45481
市外局番: 0208
ナンバープレート: MH
自治体コード: 05 1 17 000
街区数: 12 地区 (3 Stadtbezirk,9 Stadtteile)
市庁舎の住所: Ruhrstraße 32-34


45468 Mülheim an der Ruhr

ウェブサイト: www.muelheim-ruhr.de
行政
上級市長: ダグマー・ミューレンフェルト (Dagmar Mühlenfeld) (SPD)

ミュールハイム・アン・デア・ルールMülheim an der Ruhr, ドイツ語発音: [myːlh‿aim][2])は、ノルトライン=ヴェストファーレン州の中西部に位置する都市である。人口は約17万人。東にはエッセン、西にはデュースブルクという大都市に挟まれ、また北にはオーバーハウゼンがある。

歴史[編集]

ルール川のそばにある都市で、883年ブロイヒ城ドイツ語版が建設され、1093年には「Mulinhem」という地名の記録が見られる。都市権を与えられたのは、1808年である。

19世紀に入り、石炭の採掘が始まると同時に、石炭やに関連する工場も設立され、ルール工業地帯の一部として発展した。

1944年11月1日夜半から2日にかけて、連合の大規模空爆を受けた。第二次世界大戦直後の人口は約88,000人であったが、1945年には125,441人を数えた。

戦後も、ルール工業地帯の一部として繁栄した。しかし、1966年には最後まで残っていたローゼンブルーメンデレ炭坑も閉鎖され、ルール地方の主要都市としては、最も早く炭鉱都市から脱却している。その後も鉄鋼などの工場は操業を継続したが、現在は、産業構造の変化により、新たな方向が模索されている。また、ルール地方の都市としてはが多く、住宅都市としての整備も進められている。

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]