ゾーリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Stadtwappen der kreisfreien Stadt Solingen Lage der kreisfreien Stadt Solingen in Deutschland
基本情報
連邦州: ノルトライン=ヴェストファーレン州
行政管区: デュッセルドルフ行政管区
地域連合: ラインラント地域連合
郡: 郡独立市
面積: 89.45 km²
人口:

155,316人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,736 人/km²
標高: 海抜 53-276 m
郵便番号: 42601-42719 (旧: 5650)
市外局番: 0212
緯度経度: 北緯 51度10分
東経 07度05分
ナンバープレート: SG
自治体コード: 05 1 22 000
市の構成: 5 市区
市庁舎の住所: Cronenberger Str. 59/61
42648 Solingen
公式ウェブサイト: www.solingen.de
E-Mail: info@solingen.de
行政
上級市長: ノルベルト・ファイト (Norbert Feith) (CDU)

ゾーリンゲンSolingen)はドイツ連邦共和国の都市。ノルトライン=ヴェストファーレン州に属する。人口は約16万5千人。(2003年末)

地勢・産業[編集]

ブッパー川沿いに位置する。中世より刃物の街として知られており、高い完成度が要求される手術ナイフなども製造している。約15キロ南にレーヴァークーゼン、20キロ北西にデュッセルドルフ、15キロ北東にヴッパータールが位置している。

著名な企業[編集]

歴史[編集]

中世にはベルク公国に属する。ベルク公国の居城は当初はアルテンベルクのベルゲ城(de)に置かれていたが、1133年にベルク伯アドルフ2世は、ゾーリンゲン南東のヴッパー川沿いの小高い丘にベルク城(en)の建設を開始し、ここに居城を移した。その後、ゾーリンゲンはベルク城膝元にある町として発展し、1374年に都市権を得た。1380年にヴィルヘルム2世により居城がデュッセルドルフに移された後も、ベルク城は式典や防衛のために使用されたが、三十年戦争で町と共に大きな被害を受け、19世紀に入ると城の復興が試みられることとなった。

フランス革命戦争ではゾーリンゲンの町も大きい被害を受けたが、1815年ウィーン議定書の決定に基づいてプロイセン領に復帰した。第二次世界大戦では甚大な打撃を被ったが、戦後復興を果たした。

交通[編集]

都心を走る連節ノンステップトロリーバス

市内の公共交通を担うのは、トロリーバスである。ドイツには他にエスリンゲンとエーベルスヴァルデにもトロリーバスが走っているが、ゾーリンゲンが最も広い路線を有している。

ゾーリンゲンとレムシャイトを結ぶ鉄道路線において、地上から約107メートルに位置するミュングステナー橋(Müngstener Brücke)がある。ドイツ内の鉄橋では最も高い。

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]