マット・コフラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・コフラー

Matt Kofler  No. 10, 12

クォーターバック
生年月日:1959年8月30日
没年月日:2008年12月19日(満49歳没)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州ロングビュー
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:192 lb =約87.1kg
NFLデビュー
1982年バッファロー・ビルズ
経歴
大学サンディエゴ州立大学
NFLドラフト1982年 / 2巡目(全体の48番目)
 所属チーム:
通算成績
(1985年までの成績)
TD/INT     7回/11回
パス獲得ヤード     1,156ヤード
QBレイティング     52.3
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

マット・コフラー(Matt Kofler 1959年8月30日-2008年12月19日)はワシントン州ロングビュー出身のアメリカンフットボール選手。NFLバッファロー・ビルズインディアナポリス・コルツに所属した。ポジションはクォーターバック

経歴[編集]

サンディエゴメサカレッジで1978年、1979年とプレーした後、1980年、サンディエゴ州立大学に転校した。4年次の1981年、その年就任したダグ・スコービルヘッドコーチの指導で成長し、コロラド州立大学との試合ではパス成功率67%で、その年の第1週のパス記録となる359ヤードを獲得、第2週のオクラホマ州立大学戦でもパス成功率64%で2連勝した。ニューメキシコ大学アイオワ州立大学にも勝利し、4連勝したが、その後、オフェンスラインが相手ディフェンスラインに押されて思うようなプレーができず、ブリガムヤング大学ハワイ大学ユタ大学ワイオミング大学に敗れ4勝4敗となった[1]UNLVテキサス大学エルパソ校に勝利し、6勝4敗で日本で行われる空軍士官学校とのミラージュボウルに臨んだ[2]。10試合が終わった時点では、NCAA1部校のパス部門で8位、トータルオフェンス部門では、1試合平均313.3ヤードを獲得し、ブリガムヤング大学のジム・マクマーンに次いで2位となった[3]。ミラージュボウルでは前半30分のうち、20分58秒ボールをコントロールし、第2Qに2本のTDパスを成功させるなど、297ヤードを獲得し、16-0とリードしたが、後半は無得点に終わり、16-21で敗れ、敢闘賞に選ばれた。この年、オフェンスのプレー回数で594回と、16年ぶりにNCAA記録を更新[4]、オールアメリカンに選ばれた[5]

1982年NFLドラフト2巡でAFC東地区バッファロー・ビルズに指名された。ビルズでは1984年まで3シーズン、ジョー・ファーガソンの控えQBとして過ごした[5]1985年は当時同地区だったインディアナポリス・コルツに移りカンザスシティ・チーフス戦で先発出場したが、パス12回中わずか2回成功で12ヤードの獲得にとどまり、後半からはマイク・ペーゲルと交代させられた[6]

2006年からサンディエゴメサカレッジのヘッドコーチを務めていた。2008年、シーズン最後の6試合は健康を害して、チームを離れた。同年12月19日、カリフォルニア州エルカホン49歳で病死した。メサカレッジのアスレティックディレクターによれば、前年の夏にコフラーは体重を大きく減らしていたという[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ きょう激突 ミラージュボウル 読売新聞 1981年11月29日朝刊16ページ
  2. ^ さあ、1981ミラージュボウル 29日キックオフ 読売新聞11月24日夕刊7ページ
  3. ^ 29日・ミラージュボウル 対照的プレーに期待 肉弾戦へ両軍来日 読売新聞 1981年11月27日朝刊17ページ
  4. ^ 空軍士官学校が大逆襲 0-16一気にハネ返す 1981ミラージュボウル
  5. ^ a b Matt Kofler (1959 - 2008)”. Find A Grave Memorial. 2013年5月19日閲覧。
  6. ^ Quarterbacks H-K”. 2013年5月19日閲覧。
  7. ^ Ex-Aztecs, NFL quarterback Kofler dies at 49” (2008年12月20日). 2013年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]