グレッグ・ランドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・ランドリー

Greg Landry  No. 11

クォーターバック
生年月日:1946年12月18日(67歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ナシュア
身長:6' 4" =約193cm 体重:210 lb =約95.3kg
NFLデビュー
1968年デトロイト・ライオンズ
経歴
大学マサチューセッツ大学
NFLドラフト1968年 / 1巡目(全体の11番目)
 所属チーム:
通算成績
(1984年までの成績)
TD/INT     98/103
パス獲得ヤード     16,052ヤード
QBレイティング     72.9
ラン獲得ヤード     2,655ヤード
平均ラン獲得ヤード     6.2ヤード
TDラン     21回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

グレッグ・ランドリー(Gregory Paul Landry 1946年12月18日- )はニューハンプシャー州ナシュア出身の元アメリカンフットボール選手。1968年から1981年及び1984年にNFLデトロイト・ライオンズボルチモア・コルツシカゴ・ベアーズでプレーした。ポジションはクォーターバック

マサチューセッツ大学時代には2度オールヤンキー・カンファレンスに選出された。1968年のNFLドラフトでQBとしてはその年最初となる1巡全体11番目でデトロイト・ライオンズに指名されて入団した。

1971年にはパス獲得2,237ヤード、16タッチダウンパスをあげてプロボウルに選出された。彼以降デトロイト・ライオンズからプロボウルに選ばれたQBは登場していない。1976年にはパス獲得2,191ヤード、17タッチダウンパスをあげてカムバック賞に選ばれた。

ライオンズのパス記録を2つ作った後、1979年にボルチモア・コルツへ移籍してシーズン絶望の怪我を負ったバート・ジョーンズの代わりに先発QBを務め自己ベストの2,932ヤード、15タッチダウンパスをあげたがチームは5勝11敗に終わった。コルツで3年間プレーした後、1983年、1984年とジョージ・アレンのもとでUSFLシカゴ・ブリッツアリゾナ・ラングラーズでプレーした後、1984年に1試合だけシカゴ・ベアーズで出場し現役を引退した。

彼はパスだけでなくラッシャーとしても知られ通算成績は2,600ヤードを超えて21タッチダウンをあげている。その間1971年、1972年には500ヤード以上を走り、1972年にはランで9タッチダウン、1970年にはラン1回あたりの平均で10ヤード以上の数字を残した[1]

1985年にクリーブランド・ブラウンズでQBアシスタントコーチを務めた後、1986年にシカゴ・ベアーズのマイク・ディトカヘッドコーチのもとでアシスタントコーチを務めて第20回スーパーボウル優勝を味わった。ベアーズでワイドレシーバータイトエンドコーチを務めた後、1988年から1992年までオフェンスコーディネーターを務めた。

その後イリノイ大学のオフェンスコーディネーターとなり、1994年には同大学がビッグ・テン・カンファレンス内でパス攻撃2位となる原動力になりチームはリバティボウルイーストカロライナ大学を30-0で破った。同大学がボウルゲームに出場するのは16年ぶりのことであった。

1995年にデトロイト・ライオンズのQBコーチとなりスコット・ミッチェルの指導を行った。1996年シーズン終了後コーチを引退してローカルラジオ局で解説者を務めた。

現在、彼はライオンズ歴代3位のパス獲得12,451ヤード、ライオンズ歴代2位の80タッチダウンパスをあげている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
デイブ・ハンプトン
NFLカムバック賞
1976年
次代:
クレイグ・モートン
先代:
エド・ヒューズ
シカゴ・ベアーズ
オフェンスコーディネーター

1988年-1992年
次代:
ロン・ターナー