ポリサリオ戦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポリサリオ戦線
Frente Polisario
西サハラ戦争に参加
Polisario troops.jpg
ポリサリオ戦線の兵士達
活動期間 1973年-
活動目的 西サハラにおける独立国家建設
氏族 / 部族 西サハラ住民
指導者 ムハンマド・アブデルアジズ
活動地域 西サハラ
関連勢力 アルジェリア
アフリカ連合
敵対勢力 モロッコ

サギア・エル・ハムラおよびリオ・デ・オロ解放人民戦線スペイン語: Frente Popular de Liberación de Saguía el Hamra y o de Oro,POLISARIO)、通称ポリサリオ戦線(ポリサリオせんせん、スペイン語: Frente Polisario)は、西サハラにおける独立国家建設を目指す武装、政治組織。同地域を実効支配するモロッコと対立し、アルジェリアの支援を受ける。構成メンバーは約1万人と見積もられる。総書記(Secretary-General)はムハンマド・アブデルアジズサハラ・アラブ民主共和国の指導政党である。

西サハラの領有権をスペインが1970年に放棄すると、モーリタニアとモロッコが分割統治を開始した。1973年に、独立を志向する現地住民のなかから、ポリサリオ戦線が結成された。アルジェリアおよびリビアの支援の下に、ポリサリオ戦線は1976年2月27日サハラ・アラブ民主共和国Sahrawi Arab Democratic Republic (SADR))の樹立を宣言した。これはアルジェリアの首都アルジェに根拠地を置き、アブデルアジズを大統領とする亡命政府であった。サハラ・アラブ民主共和国はアフリカ連合加盟国の地位を認められたが、国連には加盟していない。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国の加盟に抗議して、アフリカ連合を脱退した。76箇国がサハラ・アラブ民主共和国を承認しており、そのほとんどがアフリカまたはラテンアメリカの国家である。いくつかの国は国家としての承認を与えていないものの、ポリサリオ戦線を西サハラ住民の代表者として認めている。モロッコは西サハラの領有権を主張しているが、モロッコの主張する領有権を認める国家は現在存在していない。

モロッコとの武装闘争が続いているが、1991年、国際連合の仲介でポリサリオ戦線とモロッコは停戦した。モロッコ帰属か独立かを問う住民投票を実施することになり、国連平和維持活動(PKO)として国連西サハラ住民投票監視団(MINURSO)が創設された。しかしこの地域には遊牧民が多く、有権者の認定が困難を極めるため、投票は無期延期となっている。

関連項目[編集]