サギア・エル・ハムラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サギア・エル・ハムラ, (スペイン語: Saguia el-Hamra英語: Saguia el-Hamraアラビア語: الساقية الحمراء‎、「赤い運河」の意。)は1969年以降のスペイン領サハラの2つある領域のうち北半を占めるひとつで、南方を占めるもう一方はリオ・デ・オロである。

概要[編集]

西サハラのうち北半を占め、北緯26度と北緯27度50分の間を指す。北緯26度線付近のボハドール岬スペイン語版付近でリオ・デ・オロと分けられている。面積は約31,660平方マイル(82,000平方キロメートル)であり、西サハラ全体の3分の1を占める。

都市[編集]

名称の由来[編集]

名称は州都アイウンを水路が横切っていることに由来する。

関連項目[編集]

サギア・エル・ハムラの位置。地図左下、スペイン領サハラ(当時)のうち中央を占めている。
アイウン市内
西サハラ北部の風景