ボール (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モルテン社製(インドア用18枚パネル)
ミカサ社製(ビーチバレー用)
ミカサ社製「MVA200」を手にするロシアガモワ

本稿ではバレーボール(インドア)、ビーチバレー、亜種競技(en:Volleyball variations)の試合で使うボールの概説を行う。

歴史[編集]

発祥[編集]

ウィリアム・G・モーガン(バレーボールの考案者)の述懐によると、1895年のルーツは以下のような流れだった。まずバスケットボール[注 1]の内側のゴム球が用いられたが、軽すぎて球の動きが鈍かった。次にバスケットボールそのものを用いたが、今度は重すぎた。そのため、スポルディング社に発注し、現在用いられているものとほぼ同類のようなバレーボールを作ってもらったという[1]

変遷[編集]

外面の素材は当初は天然皮革(牛革)だったが、現在では人工皮革が主流になっている。

1998年には、FIVB(国際バレーボール連盟)が、インドアでも「カラーボール」の使用を解禁(ビーチバレーでは既に導入)[注 2]

長い間、18枚パネル(3×6面)[注 3]によって構成されているものが主流だった。

MVA200[編集]

2008年北京五輪から、FIVB(国際バレーボール連盟)が国際公認球としてミカサ社の新製品「MVA200」(8枚パネルでクラレ社のクラリーノを使用)[2]を採用[3]し、以後、この球が世界的に主流になりつつある。

曲線部分の多いパーツが、螺旋渦巻)状に貼り合わされているのが特徴。FIVBから同社に「ラリーが続くボールを作ってほしい」と依頼されたという[4][5]

従来のカラーボールとは異なり、白いパーツが一切無いのも画期的だった。 なお、COSCO社(インド)の国内販売商品にも、完全非対称な貼り方の銘柄(SPIKE VOLLEY)がある。

変化球

コントロール性を追及した商品[注 4]であるが、むしろ従来よりも(無回転サーブなどで)打球の軌道が変化しやすくなったという印象を持つ選手・関係者もいる[6][7]

2010年全日本女子眞鍋政義監督は、東海大学工学部の研究室に[8]コーチを派遣。MVA200の特徴の研究を依頼した。「秒速10-15m時に最も変化しやすい」[9]「レシーブ側にとっては、青よりも黄色の部分が向かってきた方が、心理的に実際以上の変化を感じる」[10]などの研究結果が出た。

規格[編集]

FIVBにおいては、1998年に内気圧の低減(最大値を旧:0.425kgf/cm2から新:0.325kgf/cm2へ)のルール改正が行われた[11]

インドアにおいては、ユース用は、一般用[注 5]より直径が小さい。

ビーチバレー用は、インドア一般用より若干大きく、内圧はかなり異なる。

周囲
cm (インチ)
重量
g (オンス)
内圧
kgf/cm² (psi)
FIVBによる規格[12][13]
インドア
一般用
65-67 (25.5-26.5) 260-280 (9.2-9.9) 0.3-0.325 (4.26-4.61)
ビーチ
バレー用
66-68 (26-27) 260-280 (9.2-9.9) 0.175-0.225
(171-221 mbar)
JVAによる規格[14]
インドア
4号球
62-64 240-260

主なメーカー[編集]

公式試合球[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 1891年、バレーボールのおよそ4年前に考案されたといわれる。
  2. ^ よって、以降は、野球などと同様に呼称されていた「白球」という語は、バレーボールにおいては用いづらいものとなった。
  3. ^ 4号球は12枚パネル(2×6面)。
  4. ^ モルテン社も、ボールコントロール重視のために六角形の突起を表面に設けた「フリスタテック」という商品を発売している。 (モルテンスポーツ事業本部 - インタビュー01「専門家インタビュー」
  5. ^ 日本においては「検定球5号」という名称。
出典

外部リンク[編集]