ウィリアム・G・モーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
William G. Morgan

ウィリアム・G・モーガンWilliam G Morgan, 1870年1月23日 - 1942年12月27日)は、アメリカ合衆国バレーボール考案者である。

バレーボール発祥の地であるマサチューセッツ州ホリーヨーク市にはバレーボール殿堂があり、バレーボール考案者として1985年に最初の殿堂入りをした。

来歴[編集]

1891年Mount Hermon Schoolを卒業後、バスケットボールの考案者であるジェームズ・ネイスミスの誘いでマサチューセッツ州の国際YMCAトレーニングスクール(現在のスプリングフィールド大学)に入学する。

1894年に卒業後はオーバーン市のYMCAの体育教師として1年間働いた後、ホリーヨーク市のYMCAの体育教師として働いた。

モーガンは中年のサラリーマンに対して体育を教えていたときに、バスケットボールは人と人とがぶつかりあう非常に激しいスポーツであることに気がついた。そこでモーガンは誰にでも気楽に楽しめるスポーツを作ろうと思い、いろいろ考えた末、1895年にバレーボールを考案した。バレーボールは当時ミントネット(Mintonette)と呼ばれていた。バレーボールの最初の試合はマサチューセッツ州ホリーヨーク市の市長と消防署長がキャプテンを務めるチームの間で行われた。

1897年に辞職し、コネチカット州ニューヘイブンのYMCAに転勤。その後、故郷のニューヨーク州ロックポートにあるYMCAへ再転勤。それぞれ1年間ずつ勤務した。それからは、バレーボールとは無縁の仕事に就いた[1]

晩年の1938年には、母校の国際YMCAトレーニングスクールに招待され、体育館でバレーボール創案秘話を語った。前立腺肥大、慢性胃炎を患い、気管支炎と肺炎の併発により、1942年12月27日に死去。12月29日の葬儀には、当時すでに発足していた各バレーボール協会など団体の関係者も参列した。モーガンの墓は、彼の故郷ロックポートのグレンウッド墓地(Glenwood Cemetery)にある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「バレーボール生誕100周年を迎えて 最終回」水谷豊 - 『月刊バレーボール』1996年6月号 pp.140-141

関連項目[編集]