ボルボ RM8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボルボ RM8サーブ 37 ビゲン戦闘機のために開発された低バイパスターボファンエンジンである。プラット・アンド・ホイットニーJT8Dにスウェーデンで設計されたアフターバーナー逆推力装置を備えるなど、大幅に改良された。RM8は元々はスヴェンスカ・フリグモーターで生産され1970年からはボルボ・フリーグモーター(現在のボルボ・エアロ)で生産される。[1] 1961年12月、ビゲン戦闘機のエンジンに軍用として設計された適切なエンジンが入手出来なかったので代わりに民間機で使用されているJT8D-22がスヴェンスカ・フリグモーターによって原型機として選ばれた。

搭載機[編集]

仕様 (RM8B)[編集]

出典:Flight International.[2]

一般的特性

  • 形式: アフターバーナー式ターボファン
  • 全長: 6.23 m (20.44 ft)
  • 直径: 1.03 m (40.55 in)
  • 乾燥重量: 2,350kg (5,180lb)

構成要素

  • 圧縮機: 軸流式3段 ファン、3段低圧、7段高圧
  • 燃焼器: カンニュラー式燃焼器9器, 一つの燃焼器毎に4台の噴射装置

性能


関連項目[編集]

出典[編集]

脚注
  1. ^ Gunston, p. 236
  2. ^ Flight International 14 Dec 1972
文献
  • Gunston, Bill (1999). The Development of Piston Aero Engines, 2nd Edition. Sparkford, Somerset, England, UK: Patrick Stephens, Haynes Publishing. ISBN 0-7509-4478-1. 

外部リンク[編集]