ホワイト・ルシアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイト・ルシアン

ホワイト・ルシアンは、ウォッカをベースとした、カルーア生クリームでつくる、甘口のカクテルの名称である。名前の「ルシアン」はロシア人を指す英語であり、材料にウォッカが含まれることから名前がついたとされる。ホワイト・ルシアンは伝統的なロシアのカクテルではないが、ブラック・ルシアンに白いクリームが入ったものであることや、白系ロシア人(White Russians)からもじったものであることなどが、名前の由来ではないかとされる。

標準的なレシピ[編集]

  • ウォッカ3/4(45グラム・1.5オンス程。)
  • カルーア1/4(15グラム・0.5オンス程。)
  • 生クリーム(適量)

類似のカクテル[編集]

  • ブラック・ルシアンはホワイト・ルシアンから生クリームを除いたものである。端的にあらわすと、ウォッカとカルーアをオン・ザ・ロックにしたものである。このカクテルの場合は、生クリームの代わりにコーラを少量添加するものもある。このコーラを少量加えたブラック・ルシアンにグラス一杯までギネスビールを注ぐと、アイリッシュ・ルシアンまたはブラック・アイリッシュと呼ばれるカクテルとなる。
  • コロラド・ブルドッグというカクテルは、ホワイト・ルシアンに少量のコーラを風味として加えたものである。
  • ホワイト・キューバンは、レシピのウォッカの代わりにラム酒を入れたものである。
  • ホワイト・カナックは、カナダ産のポーラーアイス・ウォッカとマラスキーノ・チェリーを使用したホワイト・ルシアンであり、1990年代ロンドンカナダのバーで流行した。
  • Yoo-Hooルシアンはホワイト・ルシアンの生クリームの代わりに、アメリカではよく知られたチョコレートドリンクである「Yoo-Hoo」を使用したもの。
  • ボリシェヴィキまたはブロンド・ルシアンと呼ばれるカクテルは、加えるクリームの代わりにベイリーズ・アイリッシュ・クリームを使用したもの。

映画でのエピソード[編集]

  • ホワイト・ルシアンは映画、「ビッグ・リボウスキ」の中の、ジェフ・ブリッジス扮するデュードの好物。(ルシアンをカフカシアンと呼んでいたことでよく知られる。)
  • 映画「キャットウーマン」の中で、ハリー・ベリー扮するキャットウーマンは、ウォッカ、氷、カルーア抜きのミルクのみで作ったホワイト・ルシアンを注文した。
  • 映画「絶狼-ZERO- -BLACK BLOOD-」の中で、藤田玲扮する魔戒騎士・涼邑零は、行きつけのバー・ルーポで生クリームを多めに入れた甘めのホワイト・ルシアンを嗜んでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]