ベラ・ソーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベラ・ソーン
Bella Thorne
Bella Thorne
ダイバージェント
映画プレミア (2014年3月18日)
本名 Annabella Avery Thorne
生年月日 1997年10月8日(17歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ペンブロークパインズ市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優歌手モデルダンサー
ジャンル ポップ・ロックティーン・ポップポップエレクトロ・ポップダンス・ポップ[1]
活動期間 2003年 - 現在
公式サイト 公式ウェブサイト(英語)

ベラ・ソーン英語: Bella Thorne, 1997年10月8日 - [2]) は、アメリカ合衆国女優歌手モデルダンサー

来歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国の東南部にあるフロリダ半島の東海岸沿いの都市であるペンブロークパインズ市キューバ系イタリア系及びアイルランド系の血を引く両親の間で生まれた。スペイン語が日常的に聞こえる家庭であった。そのためスペイン語が母語であった。末っ子であり、上に3人の姉と兄がいる、長女カイリ (生年1992)、次女ダニー (生年1993)、そして長男レミー(生年1995)である。いずれも女優・俳優およびモデルである。 ソーンは、幼少期よりとてもダンスとサッカーが好きな子であった。2006年始めには一家でカリフォルニア州に移った。ソーンは、公立学校に通っていたが、勉強が苦手であり、なおかつ、いじめをうけたこともあって、その後は主に自宅学習であった。父親は、2007年に、自動車事故により死亡した[3][4]

女優[編集]

バラエティ・パワー・オブ・ユース・イベント
(2010年10月24日)

デビューは2003年であり、クレジット無しではあるが、映画『ふたりにクギづけ』に初出演した。その後は『ジミー・キンメル・ライブ!』、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』、『ダーティ・セクシー・マネー』、『ホームタウン 〜僕らの再会〜』、『ウェイバリー通りのウィザードたち』、『グッドラック・チャーリー』など、多くのテレビ・シリーズに出演した。 ソーンは、2007年において、テレビ・シリーズ『The O.C.』に出演し、若き日のテイラー・タウンゼント役を演じた。これにより、ヤング・アーティスト・アワードにノミネートされた。 2008年、ソーンは、NBC製作のテレビ・シリーズ My Own Worst Enemy において、ルーシー・スパイビー役を演じた。これによりヤング・アーティスト・アワードを受賞した。 2010年、テレビ・シリーズ『メンタル:癒しのカルテ』ではエミリー役を演じた。これにより、ソーンは再度ヤング・アーティスト・アワードにノミネートされた。 2011年には主演シェキラ!』のシーシー役で、再びヤング・アーティスト・アワードを受賞した。2014年12月にテレビドラマシリーズの Scream に出演することが発表された。[5]

モデル[編集]

Imagen Awards
(2012年8月10日)

ソーンは、キッズモデルでもあった。デビューしたのは、生まれてからわずか6週間目であり、最初の舞台は育児雑誌だった。彼女は数多くのブランドの広告塔に起用されており、バービーラルフ・ローレンゲスKFCコーポレーショントミー・ヒルフィガーターゲットディーエルピーなど60本以上に登るコマーシャルに出演した。

歌手[編集]

2011年6月21日、シングル曲「私を見て」で歌手デビューした。

著書[編集]

2014年11月、デビュー小説『Autumn Falls』[6][7]を発売。

私生活[編集]

かつて失読症だったが後に克服している[8]。 同い年の恋人がいた[9]が2014年8月、破局したことが明らかになった[10] [11]。 2014年10月現在、復縁している。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

邦題
原題
役名 備考
2003 ふたりにクギづけ
Stuck on You
MC Sideline's Fan
2007 Craw Lake ジュリア
Julia
阿呆遊戯 ブルース・リーを探せ!
Finishing the Game
スー
Sue
Blind Ambition アナベラ
Annabella
The Seer クレア(少女期)
Young Claire
2009 Water Pills Psych Out Girl 短編映画
ザ・スクリーミング 連・鎖・絶・叫
Forget Me Not
アンジェラ・スミス(少女期)
Angela Smith (Young)
2010 One Wish メッセンジャー
Messenger
en:Raspberry Magic サラ・パターソン
Sarah Patterson
2012 フレネミーズ
Frenemies
アヴァロン・グリーン
Avalon Greene
主演 ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー
2014 Blended ヒラリー"ラリー"フリードマン
Hilary "Larry" Friedman
Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day セリア・ロドリゲス
Celia Rodriguez
Mostly Ghostly: Have You Met My Ghoulfriend?[12] キャミィ・ケーヒル
Cammy Cahill
2015 Amityville: The Awakening[13] ベル・ジョーンズ
Belle Jones
The Duff[14] マディソン・カーター
Madison Carter
Big Sky[15] ヘーゼル
Hazel
Home Invasion [16] ジェイミー
Jamie
The Snow Queen 2[17] ゲルダ
Gerda
声の出演
Co-Existence[18] ジュリエット
Juliet

テレビ番組[編集]

(2012年9月6日)
邦題
原題
役名 備考
2006 ジミー・キンメル・ライブ!
Jimmy Kimmel Live!
ジェス
Jess
アントラージュ★オレたちのハリウッド
Entourage
子供
Kid
第3シーズン第10話「鎮静剤をくれ!」
2007 The O.C.
The O.C.
テイラー・タウンゼント(少女期)
Young Taylor Townsend
第4シーズン第13話「ジュリーの選択」
ダーティ・セクシー・マネー
Dirty Sexy Money
マルゴー・ダーリング
Margaux Darling
第2シーズン
2008 ホームタウン 〜僕らの再会〜
October Road
アンジェラ・フェリッリ
Angela Ferilli
第17話「アンジェラ」
My Own Worst Enemy ルーシー・スパイビー
Ruthy Spivey
メインキャスト
2009 In the Motherhood アニー
Annie
第2シーズン第11話
"Practice What You Preach"
メンタル:癒しのカルテ
Mental
エミリー
Emily
"パイロット版" 第1シーズン第1話
2010 ウェイバリー通りのウィザードたち
Wizards of Waverly Place
ナンシー・ルーキー
Nancy Lukey
第71話「マックスのガールフレンド」
ビッグ・ラブ
Big Love
タンシ―・ヘンリクソン
Tancy "Teenie" Henrickson
第4シーズン
2010 - 2013 シェキラ!
Shake It Up
シーシー・ジョーンズ
CeCe Jones
主演
2011 グッドラック・チャーリー
Good Luck Charlie
シーシー・ジョーンズ 第38話「シェキラ!チャーリー!」
シェキラ!とのクロスオーバー
PrankStars 本人 第1シーズン第5話
"Adventures in Dogsitting"
2014 フィニアスとファーブ
Phineas and Ferb
ブリジット
Brigitte
声の出演
"Night of the Living Pharmacists"
CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ハンナ・ハント
Hannah Hunt
第15シーズン第4話
"The Book of Shadows"
Red Band Society デラニー・ショー
Delaney Shaw
第1シーズン第9話[19]
"How Did We Get Here?"
2015 K.C. Undercover ジョリー
Jolie
第1シーズン第5話
"Spy-Anoia Will Destroy Ya"
Scream ニーナ・パターソン
Nina Petterson
メインキャスト[5]

ウェブ番組[編集]

題名 役名 備考
2009 Little Monk ウェンディ
Wendy
メインキャスト ウェブ・シリーズ
2010 My Day. My Life 本人 ドキュメンタリー Teen ウェブサイト[20]

コンピュータゲーム[編集]

題名 役名 備考
2006 The Ant Bully アリの子供 声の出演

ディスコグラフィ[編集]

ベラ・ソーンとゼンデイヤ(2011年7月6日)

アルバム[編集]

EP[編集]

アルバムの一覧
タイトル アルバムの詳細
Made in Japan[21]
Jersey[22]

シングル[編集]

メインアーティストとして[編集]

シングルチャート最高順位と認定
曲名 チャート最高順位 認定 アルバム名
US
[23]
US
Dance

[24]
US
Heat

[25]
US
Pop

[26]
CAN
[27]
UK
[28]
私を見て
(ウィズ ゼンデイヤ)
2011年 86 - 9 シェキラ! ブレイク・イット・ダウン
Shake It Up: Break It Down
"TTYLXOX"
2012年 97 - 15 23 71 170 シェキラ! ライブ 2 ダンス
Shake It Up: Live 2 Dance
"Call It Whatever"[30] 2014年 38 Jersey
"Jersey"[31]
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

フィーチャリング・アーティストとして[編集]

(2011年12月7日)
ムービーガイド・アワード・ガラ
(2012年2月10日)
曲名 アルバム名
"Can't Stay Away"[32]
(IM5 フィーチャリング ベラ・ソーン)
2012年

プロモーション・シングル[編集]

曲名 アルバム名
"Bubblegum Boy"[33]
(ウィズ Pia Mia)
2011年
"Fashion Is My Kryptonite"
(ウィズ ゼンデイヤ)
2012年 シェキラ! ライブ 2 ダンス
Shake It Up: Live 2 Dance
"みんなドキドキ"
(ウィズ ゼンデイヤ)
2013年 シェキラ! シーズン3 サウンドトラック -I <3 DANCE
Shake It Up: I <3 Dance

その他のアルバム[編集]

曲名 その他のアーティスト アルバム名
"だから踊るの/TTYLXOX マッシュアップ" 2012年 ゼンデイヤ シェキラ! ライブ 2 ダンス
Shake It Up: Live 2 Dance
"The Same Heart" ゼンデイヤ
"Made in Japan" ゼンデイヤ
"Rockin' Around the Christmas Tree" Disney Channel Holiday Playlist
"ここが私のステージ" 2013年 ゼンデイヤ シェキラ! シーズン3 サウンドトラック -I <3 DANCE
Shake It Up: I <3 Dance
"自分を解き放て"
"試合を制すの"
"Christmas Wrapping" Disney Holidays Unwrapped
"Ring Ring (Hey Girls)" 2014年 Disney Channel: Play It Loud
"Let's Get Tricky" ロション・フェガン
"Bad Case Of U" R.L. Stine's Mostly Ghostly: Have You Met My Ghoulfriend?[34]

ミュージックビデオ[編集]

曲名 監督 備考
"私を見て" 2011年 Marc Klasfeld[35]
"だから踊るの/TTYLXOX" 2012年 Sanaa Hamri[36]
"Fashion Is My Kryptonite" Marc Klasfeld[37]
"Can't Stay Away" Walid Azami[38] IM5のミュージックビデオにゲスト出演
"みんなドキドキ" 2013年 Justin Francis[39]
"Call It Whatever" 2014年 Mickey Finnegan[40]

受賞歴[編集]

カテゴリー 題名 結果 参照
2008 Young Artist Awards TVシリーズのベストパフォーマンス - ゲスト出演若手女優 The O.C. ノミネート [41]
2009 ホームタウン 〜僕らの再会〜 [42]
TVシリーズのベストパフォーマンス (コメディまたはドラマ)
- 助演若手女優
My Own Worst Enemy 受賞
2010 TVシリーズのベストパフォーマンス - ゲスト出演若手女優 メンタル:癒しのカルテ ノミネート [43]
Teen Icon Awards 明日のアイコン 本人 [44]
2011 Young Artist Awards TVシリーズのベストパフォーマンス (コメディまたはドラマ)
- 主演若手女優
シェキラ! 受賞 [45]
TVシリーズの優秀な若手アンサンブル(キャストと共同受賞) ノミネート
TVシリーズのベストパフォーマンス - ゲスト出演若手女優 11-15歳 ウェイバリー通りのウィザードたち
TVシリーズのベストパフォーマンス - 主要な役割若手女優 11-16歳 ビッグ・ラブ
Imagen Awards ベスト若手女優 – テレビ シェキラ! [46]
2012 Young Artist Awards TVシリーズのベストパフォーマンス - 主演若手女優 [47]
TVシリーズの優秀な若手アンサンブル(キャストと共同受賞) [47]
Imagen Awards ベスト若手女優 - テレビ 受賞 [48]
ALMA Awards 好きなTV女優 - コメディ [49][50]
2013 Young Artist Awards TV映画のベストパフォーマンス, ミニシリーズ,
スペシャルまたはパイロット版 - 主演若手女優
フレネミーズ [51]
Young Hollywood Awards 注目の一人 本人
Teen Icon Awards 象徴的な流行の先駆け [52]
2014 Young Hollywood Awards あなたはお洒落
ベスト・ソーシャルメディア・スーパースター ノミネート
ティーン・チョイス・アワード ホットな女性 [53]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cherrie, Chrysta. “AllMusic Biography Bella Thorne”. オールミュージック. 2012年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月15日閲覧。
  2. ^ Bella Thorne is "CeCe Jones"”. Disney Channel Medianet. 2011年6月17日閲覧。
  3. ^ http://abclocal.go.com/kgo/video?id=6546919 Sit down with 12-year-old actress Bella Thorne
  4. ^ J-14 (magazine)2011年7月号
  5. ^ a b Bella Thorne says she'll play Drew Barrymore's part in MTV's 'Scream'”. Inside TV. 2014年12月12日閲覧。
  6. ^ Bella Thorne Begins Writing Her "Autumn Falls" Novel”. Disney Dreaming. 2013年10月11日閲覧。
  7. ^ Bella Thorne's‘Autumn Falls’”. latina.com. 2014年11月19日閲覧。
  8. ^ http://oceanup.com/2010/05/16/bella-thorne-im-dyslexic
  9. ^ http://www.dis411.net/2014/04/10/photo-bella-thorne-with-tristan-klier-on-his-birthday-april-9-2014/
  10. ^ Bella Thorne and Tristan Klier Break Up!”. J-14.com. 2014年8月27日閲覧。
  11. ^ ベラ・ソーン、恋人と破局!”. Infoseek ニュース. 2014年8月27日閲覧。
  12. ^ She's in high spirits! Bella Thorne holds hands with Ryan Ochoa as she plays around with Roshon Fegan on Mostly Ghostly 2 set”. Daily Mail. 2013年10月11日閲覧。
  13. ^ Cue the Screams! Bella Thorne Is Starring in the New 'Amityville Horror' Movie”. Teen Vogue. 2013年10月11日閲覧。
  14. ^ Bella Thorne to Co-Star in Teen Comedy ‘The DUFF’ for CBS Films (Exclusive)”. The Wrap. 2013年10月11日閲覧。
  15. ^ Bella Thorne & Kyra Sedgwick Set For Thriller 'Big Sky'”. Deadline. 2013年10月11日閲覧。
  16. ^ 'Shake It Up' Star Bella Thorne Caught In Indie 'Home Invasion'”. Deadline. 2013年7月24日閲覧。
  17. ^ ‘Snow Queen 2′ Sells to 10 Territories, Adds Hollywood Cast”. Variety. 2013年10月11日閲覧。
  18. ^ Bella Thorne Lands Lead Role in 'Romeo and Juliet' Remake!”. J-14 Magazine. 2013年10月11日閲覧。
  19. ^ “[http://www.hypable.com/2014/10/28/red-band-society- bella-thorne-love-triangle/ ‘Red Band Society’ enlists Bella Thorne to stir up a new love triangle]”. Hypable. 2014年7月11日閲覧。
  20. ^ Bella Thorne from Shake It Up”. Teen Magazine. 2013年10月11日閲覧。
  21. ^ a b Made in Japan - iTunes”. iTunes. 2010年5月13日閲覧。
  22. ^ Bella Thorne: jersey EP official cover”. Ultimate Music. 2010年5月13日閲覧。
  23. ^ Billboard Chart History: Bella Thorne”. Billboard. 2010年5月13日閲覧。
  24. ^ 2014-11-29”. Billboard. 2010年5月13日閲覧。
  25. ^ Top Heatseekers Songs – Week of July 30, 2011”. Billboard. 2010年5月13日閲覧。
  26. ^ March 31, 2012 - Pop Digital Songs”. Billboard. 2010年5月13日閲覧。
  27. ^ Canadian Chart History: Bella Thorne”. Billboard. 2010年5月13日閲覧。
  28. ^ CHART: CLUK Update 19.05.2012 (wk19)”. Zobbel.de - The Official Charts Company. Zobbel. 2011年4月20日閲覧。
  29. ^ US certifications: Zendaya”. Recording Industry Association of America. 2012年10月17日閲覧。
  30. ^ Bella Thorne - Call It Whatever - Single”. iTunes. 2012年10月17日閲覧。
  31. ^ SPECIAL GUEST BELLA THORNE PERFORMING IN SHALL WE DANCE ON ICE ON DECEMBER 16 AT THE US CELLULAR COLISEUM”. US Cellular Coliseum. 2014年10月17日閲覧。
  32. ^ Boy Band IM5 Release ‘Can’t Stay Away’ Featuring Disney Star Bella Thorne”. Ryan Seacrest Official Website. 2012年7月18日閲覧。
  33. ^ Bubblegum Boy – Single by Pia Mia & Bella Thorne”. iTunes. 2010年5月13日閲覧。
  34. ^ R.L. Stine's Mostly Ghostly: Have You Met My Ghoulfriend? - Music From the Motion Picture”. iTunes. 2014年10月15日閲覧。
  35. ^ Bella Thorne - "Watch Me" from Disney Channel's "Shake It Up"”. MTV. 2010年5月13日閲覧。
  36. ^ Bella Thorne - "Something To Dance For/TTYLXOX (Mash Up)" from "Shake It Up"”. MTV. 2010年5月13日閲覧。
  37. ^ Bella Thorne - "Fashion Is My Kryptonite (from "Shake It Up: Made in Japan")"”. MTV. 2010年5月13日閲覧。
  38. ^ "Can't Stay Away" IM5 Ft. Bella Thorne”. Vimeo. 2010年5月13日閲覧。
  39. ^ Bella Thorne - "Contagious Love (from "Shake It Up: I <3 Dance")"”. MTV. 2010年5月13日閲覧。
  40. ^ Bella Thorne - "Call It Whatever"”. VEVO. 2010年5月13日閲覧。
  41. ^ 29th Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2014年7月21日閲覧。
  42. ^ 30th Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2014年7月21日閲覧。
  43. ^ 30th Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2014年7月21日閲覧。
  44. ^ Buster, Cool (2010年9月18日). “J-14 Teen Icon Awards 2010 Winners”. Coolbuster.net. 2014年8月17日閲覧。
  45. ^ 32nd Annual Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2014年7月21日閲覧。
  46. ^ Imagen Awards 2011 Nominados & Ganadores”. Imagen.org. 2014年7月21日閲覧。
  47. ^ a b 33rd Annual Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2012年4月6日閲覧。
  48. ^ Imagen Awards 2012 - Winners”. Imagen.org. 2014年7月21日閲覧。
  49. ^ ALMA Awards 2012 - Nominees”. entretenimiento.terra.com. 2014年7月21日閲覧。
  50. ^ ALMA Awards 2012 - Winners”. jonathanblum.tv. 2014年7月21日閲覧。
  51. ^ 34th Annual Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2014年7月21日閲覧。
  52. ^ Van, Virginia. “Meet Your 2013 Nominees & Vote Now!”. J-14. 2014年8月17日閲覧。
  53. ^ Jennifer Lawrence, Ariana Grande And More: See The Teen Choice Awards Nominees”. 2014年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]