ヘルバセチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルバセチン
識別情報
CAS登録番号 527-95-7
PubChem 5280544
ChemSpider 4444174
日化辞番号 J11.871K
特性
化学式 C15H10O7
モル質量 302.24 g mol−1
精密質量 302.042653 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘルバセチン (herbacetin) は、フラボノイドの一種であるフラボノールの一つ。

配糖体[編集]

ヘルバセチンジグルコシドが亜麻仁の外皮から単離される[1]

ロジオニンは、イワベンケイ属 (Rhodiola) 植物から単離されるヘルバセチンラムノース配糖体である[2]

類縁体[編集]

フラボノリグナンロジオリンコニフェリルアルコールとヘルバセチンの7,8-ジヒドロキシ基の酸化的カップリングにより生成する。ロジオリンはイワベンケイ (Rhodiola rosea) の根茎に含まれている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Struijs K, Vincken JP, Verhoef R, van Oostveen-van Casteren WH, Voragen AG, Gruppen H (2007). “The flavonoid herbacetin diglucoside as a constituent of the lignan macromolecule from flaxseed hulls”. Phytochemistry 68 (8): 1227-1235. doi:10.1016/j.phytochem.2006.10.022. PMID 17141814. 
  2. ^ Li T and Zhang H (2008). “Identification and comparative determination of rhodionin in traditional tibetan medicinal plants of fourteen Rhodiola species by high-performance liquid chromatography-photodiode array detection and electrospray ionization-mass spectrometry”. Chem. Pharm. Bull. (Tokyo) 56 (6): 807-814. doi:10.1248/cpb.56.807. PMID 18520085. 
  3. ^ G. G. Zapesochnaya and V. A. Kurkin (1983). “The flavonoids of the rhizomes of Rhodiola rosea. II. A flavonolignan and glycosides of herbacetin”. Chemistry of Natural Compounds 19 (1): 21-29. doi:10.1007/BF00579955.