ヒペロシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒペロシド
識別情報
CAS登録番号 482-36-0
PubChem 24835331
ChemSpider 9926320
日化辞番号 J12.400A
特性
化学式 C21H20O12
モル質量 464.38 g/mol
精密質量 464.09548 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヒペロシド (hyperoside) は有機化合物の一つ。クェルセチンの3-O-ガラクトシドである。ヒペロシドは、モウセンゴケ (Drosera rotundifolia)、イヌゴマ属英語版 (Stachys) 植物、ウツボグサ (Prunella vulgaris)、ヒメスイバ (Rumex acetosella)、ハマネナシカズラ (Cuscuta chinensis) 種子、セイヨウオトギリソウカンレンボク (Camptotheca acuminata) から単離される医学的に活性な化合物である[1]

ノビレダイオウ英語版 (Rheum nobile) およびカラダイオウ (Rheum rhaponticum) では、ヒペロシドは苞葉における紫外線を遮断する物質として機能している。

ヒペロシドはPC12細胞英語版において抗酸化活性を示す[2]

脚注[編集]

  1. ^ Shiyou Li, Zhizhen Zhang, Abigail Cain, Bo Wang, Melissa Long, and Josephine Taylor (2005). “Antifungal Activity of Camptothecin, Trifolin, and Hyperoside Isolated from Camptotheca acuminata”. J. Agric. Food Chem. 53 (1): 32–37. doi:10.1021/jf0484780. PMID 15631505. 
  2. ^ Liu Z, Tao X, Zhang C, Lu Y, Wei D (2005). “Protective effects of hyperoside (quercetin-3-o-galactoside) to PC12 cells against cytotoxicity induced by hydrogen peroxide and tert-butyl hydroperoxide”. Biomed. Pharmacother. 59 (9): 481-490. doi:10.1016/j.biopha.2005.06.009. PMID 16271843.